2021年9月28日より、FamiPayがJCBのクレジットカードからチャージ可能になり話題になっています。

一方でチャージの限度額はこっそりと改悪され、最初設定されていた金額より大幅に下げられてしまいました

FamiPayのJCBチャージの詳細と限度額の変更点、チャージでポイントが付くかについても解説します。

FamiPayが JCBから チャージ可能

FamiPayがJCBからチャージ可能でさらに使いやすくなった

FamiPayはファミリーマートを始めとする対応店舗で使える電子マネーサービスです。

以前はチャージ可能なクレジットカードは「ファミマTカード」のみでしたが、9月28日よりJCBのクレジットカードでもチャージできるようになりました。

ファミマTカードを作る必要がなくなり、Tポイント以外を貯めたい人にもうれしいメリットです。

JCBカードの中でも、JCBブランドのプリペイドカードなど、本人認証サービス(3Dセキュア)がないカードは対象外となっています。

JCBのカードでチャージが可能だがポイントが付くとは限らない

FamiPayにJCBのカードでチャージできますが、チャージしてクレジットカードのポイントが付くかどうかは別問題です。

通常利用でポイントが付くカードでも、電子マネーのチャージはポイント対象外のカードもあるため注意してください。

ポイントが付くがどうかはJCBカードの種類に依存します。

今現在、調べる方法はJCBカードのコールセンターに問い合わせるか、実際にチャージして確認するしかありません。

JCBのクレジットカードでFamiPayチャージを考えている方は、事前にポイントが付くが確認しておくと良いでしょう。

FamiPayチャージでポイントが付かないクレジットカード

現時点で確認できているポイント付与対象外のカードは、以下の2種類があります。

  • Oki Dokiポイントが貯まるJCBカード
  • JCBのリクルートカード

Oki Dokiポイントが貯まるJCBカード

Oki Dokiポイントが貯まるJCBカードは、残念ながらFamiPayチャージのポイント付与対象外です。

公式サイトによると、「Oki Dokiポイント付与・JCB STAR MEMBERSの集計の対象とならない場合」の中に、「FamiPayチャージご利用分」と記載されています。

ポイントは付かないものの、チャージに使うことは可能です。

ポイントをつけたい人は、ファミマTカードか他のJCBカードを使う必要があります。

JCBのリクルートカード

年会費無料で1.2%の高還元率が特徴のリクルートカードですが、残念ながらこちらも付与対象外となります。

公式サイトによると電子マネーチャージは、合算で月間30,000円までのnanacoとモバイルSuicaのみ対象であることが書かれています。

JCBのリクルートカードでチャージを考えていた人も、ファミマTカードか他のJCBカードを使いましょう。

JCBチャージ限度額はこっそりと改悪されていた

JCBカードからのチャージ限度額は、当初と現在では違います。

最初はとても優遇された限度額でしたが、10月12日にこっそりと改悪、10月27日にさらに減額され以下のようになっています。

  変更前 変更後
1回あたり 30,000 5,000
1日あたり 50,000 15,000
1ヶ月あたり 300,000 20,000

参照:Famima Digital One Co., Ltd. 

一回あたりと一日あたりの限度額が大幅に下げられ、1か月で最大2万円しかチャージできなくなりました。

  JCBのカード ファミマTカード
1回あたり 5,000 30,000
1日あたり 15,000 100,000
1ヶ月あたり 20,000 1,000,000

参照:Famima Digital One Co., Ltd. 

JCBのカードはファミマTカードに比べ限度額がかなり少ないのに加え、1日3回までというチャージの上限回数が決まっています。

なぜいきなり変更したのかは不明ですが、メインのファミマTカードをよく見せるための変更にも思えます。

1回5,000円の限度額は、通常の買い物には問題ありません。

ただし1か月の限度額が20,000円であるため、金券を買いたい人や税金を支払いたい人は厳しいと言えます。

限度額は厳しいもののJCBでチャージができるメリットは大きい

FamiPayでJCBカードからチャージできるようになり、今まで以上に気軽に使えるようになりました。

ですがクレジットカードのポイントが貯まるかは、カードによって違います。

ポイントが貯まるか確認してからチャージすることをおすすめします。

限度額は少ないものの、ポイントが貯まるメリットはとても大きいです。

Tポイント以外を貯めたい人も、今回の変更によりFamiPayを始める良いきっかけになるでしょう。(執筆者:西本 衣里)