自宅に空きスペースがある方は、物置シェアを活用して稼ぐ方法があります。

とはいえどういった仕組みなのか、少しわかりづらい部分があります。

・ 自宅の空きスペースを活用できる方法はないだろうか

・ 物置シェアは実際どれくらい稼げる?

物置シェアについて気になった方は、上記のような疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

そこで当記事では、「自宅の有効スペースを貸し出す物置シェアビジネス」についてまとめました。

物置シェア

物置シェアとはどういうものなの?

物置シェアは、自宅の空きスペースを物置として貸し出すサービスです。

とくに都心部では収納スペースに困り、トランクルームを借りる方がいらっしゃいます。

しかし中には自宅で1部屋余っている、使っていないクローゼットがある、という方もいらっしゃいます。

そういう方が一時的に物置として利用できるスペースを提供する、という仕組みです。

物置シェアの始め方

まずは自宅スペースを確保し、シェアリングサービスに登録しましょう。

物置シェアは、いくつかサービスがあります。

参照:モノオクエクボクロークLIFULLトランクルーム

とくに有名なのはモノオクで、個人も多く参入しています。

モノオク

≪画像元:モノオク

登録後は必要事項を掲載し、実際に貸し出すところから始めてみましょう。

特別難しい手順や労力は要りません。

基本情報とエリアに沿った相場を入力し、出品するだけです。

実際どれくらい稼げるの?

非常に参入しやすく、初期投資もいらず、かんたんにサービスを開始できる注目の副業です。

しかし稼ぎやすいかといえばそうでもなく、エリアや貸し出すスペースによって単価が変わってきます。

例えば1畳分であれば、平均的な相場は1か月5,000円です。

もし1部屋6畳を貸し出した場合、1か月で3万円ほどの収益となります。

ただしほとんどの場合は手数料が引かれるため、モノオクの20%を適用すると利益は2万4,000円となるでしょう。

また立地が好アクセスだと需要も高まる傾向です。

高めに設定し、徐々に値段を落としてみると良いかもしれません。

物置シェアはメリットが非常に多い

実際のところ、大きな収益にはならないと思ったかもしれません。

しかし空いているスペースを持っている方なら、初期投資も要らないし登録してサービスを提供するだけです。

とくに大きな稼働もないですし、一度預かってしまえば長期的な収入になる可能性もあります。

ただ眠らせておくだけのスペースが、何も労力を使わず収入に変わるのは大きなチャンスです。

借りる側からしてもトランクルームより安く借りられるため、需要があります

物置シェアを始める際の注意点

物置シェアは、地域によって単価が変わります

例えば都心ですと需要が高いため、平均相場は1畳当たり5,000~6,000円です。

地方になると一気に下がり、3,000円近くなることも。

そのため地方で空きスペースを持つ方は、出品してもなかなか借り手が見つからない可能性もあります。

ただしモノオクを利用した場合は、配送業者を利用して預けることも可能です。

料金設定で旨味があれば、需要が伸びる余地はあるでしょう。

空いているスペースがあるならぜひ活用してみよう

物置シェアは、最近話題になっているシェアリングエコノミーの中でも、かなり参入しやすいものです。

空いているスペースをただそのままにしておくだけではなく、収入に変わるきっかけになるかもしれません。

ぜひスペースを余らせている方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)