外食店の利用でお得に楽天ポイントが貯まる、グルメマラソンが開催されています。

キャンペーンの概要や注意点、ポイントを獲得する攻略法について解説していきます。

楽天ポイントが貯まる 楽天グルメマラソン

楽天ポイントガード グルメマラソンの概要

グルメマラソンはコロナ禍で需要が減少している外食産業が集い、「#外食はチカラになる」と題し、プロジェクトに参加している飲食店企業の店舗で食事することで、楽天ポイントが貯まるキャンペーンです。

楽天はこの飲食店をサポートする企業のひとつで、グルメマラソンでは対象の利用店舗でのお会計時に楽天カードを見せれば、利用額に応じて期間限定楽天ポイントがもらえます。

行けば行くほどポイントアップ グルメマラソンの特典

グルメマラソンの特典をお伝えします。

お店に行けば行くほど獲得ポイントも増える

このキャンペーンでは訪れる店舗数が多ければ多いほど、獲得できる楽天ポイント倍数が増えていきます。

100円の利用につき、1ポイント獲得が基本ですが、最大10店舗目までのお会計でもらえるポイント倍率が増加していきます。

獲得できるポイントは楽天通常ポイント1倍+期間限定楽天ポイント〇倍となり、〇の部分が店舗数2店舗以上から増えていきます。

3店舗目であれば合計で獲得倍数3倍、4店舗であれば4倍となります。

最大で30倍 楽天Payか楽天Edyを使おう

さらにお得な特典があります。

お会計の支払い方法を楽天Payか楽天Edyにすると、抽選でそれぞれ5,000名に楽天ポイント獲得倍率2倍が当たります。

例えば4店舗目であれば、通常もらえる倍率は楽天通常ポイント1倍+期間限定楽天ポイント3倍の合計4倍です。

楽天Payか楽天Edyのどちらかが獲得倍率2倍が当たると、楽天通常ポイント1倍+期間限定楽天ポイント7倍の合計8倍、どちらも当たった場合は、楽天通常ポイント1倍+期間限定楽天ポイント11倍の合計12倍となります。

楽天Payか楽天Edyを使おう

≪画像元:楽天

楽天Payの支払いだと楽天通常ポイントが1.5倍プラスとなるため、実質、
楽天通常ポイント2.5倍+期間限定楽天ポイント〇倍となるため、楽天Payでのお支払いがおすすめです。

エントリー後はお会計時にカード提示だけ

キャンペーンに参加するにはエントリーが必要ですが、対象の飲食店でのお会計時に楽天カードを提示しておけば、お会計のあとからでも店舗数がカウントされます。

また、エントリーは1度でOKなので、早めにエントリーすることをおすすめします。

キャンペーンの注意点について

注意点もあります。

【注意1】利用する店舗の系列を確認しておく

異なる種類の店舗でも、同じ会社が運営している店舗はたとえ何回訪問しても、「1店舗」としてしかカウントされません

同じ店舗の訪問も同様に1店舗カウントとなります。

HPにわかりやすく記載されていますので、事前に確認するのがよいでしょう。

楽天Payや楽天Edyが使用できない店舗がある

≪画像元:楽天

【注意2】楽天Payや楽天Edyが使用できない店舗がある

店舗によっては支払い方法が限定されていることがあるので注意が必要です。

下記、HPに各店舗のおすすめ商品が記載されていますが、赤枠で囲んだ部分を確認すれば、各支払い方法の有無が分かります。

獲得ポイントには上限がある

≪画像元:楽天

【注意3】獲得ポイントには上限がある

このキャンペーンで獲得できる期間限定楽天ポイントの最大数は1,000ポイントとなります。

個人的には1,000ポイントという上限は少ない印象です。

今後の上限アップに期待です。

おすすめの攻略方法について

店舗数を稼ぐには、お昼にはなまるうどん、ROYAL HOST、鎌倉パスタなどの利用がおすすめです。

今後徐々に利用が増えるかもしれませんが、居酒屋など数名分をまとめ払いできれば、訪問店舗数が少なくてもいっきにポイントを獲得できますね。

獲得通常ポイントが増え、獲得倍率が増えるチャンスもあるため、楽天Pay、楽天Edyで支払いをすることを忘れないでください。(執筆者:永瀬 真人)