趣味で始めた楽天ROOMですが、月によっては売上につながるようになった筆者。

とは言え、1,000円程度とまだまだすずめの涙程度です。

それでも軌道に乗る日を夢見て、楽天ROOMを続けています。

9月は残念ながら売上0円だったのですが、10月は果たしてどんな結果だったのでしょうか。

2021年10月楽天ROOM売上実績報告

10月の楽天ROOMの売上実績報告

10月も売上なしです

こちらが2021年10月の楽天ROOMの売上です。

残念ながら9月に引き続き、10月も売上金を獲得できませんでした

楽天ROOMの売上が出ないの原因2つ

「今月もダメだった・・・」と嘆いていても何も変わりませんから、なぜ10月は売上が出なかったのか理由を考えてみます。

総フォロワー数は1万人を目指してコツコツと継続中

10月は毎日とはいかなかったものの、9月よりも楽天ROOMの作業を行う時間は増やせました。

その結果、9月末には2,300人だったフォロワーが約2,800人までアップしました。

増えた人数は約500人です。

しかし、楽天ROOMのユーザーの総フォロワー数は全体的に多い傾向なので、2,800人はまだ少ないほうでしょう。

フォロワー数が増えれば紹介した商品を見てもらえる確率が上がるため、自ずと売上を獲得できる可能性も上がります。

楽天ROOMのユーザーを見ていると、1万人を超えている方がコンスタントに「経由購入ありがとうございます」とROOMユーザー名に入れているとわかりました。

総フォロワー数が1万人を超すまでは、「売上が出たらラッキー!」ぐらいのモチベーションで続けていくのが、売上金獲得までの近道ではないでしょうか。

毎月ガックリしていては、軌道に乗るまでに心が折れてしまいますから。

商品紹介は最低でも1日1つ、1か月に30個

ほかの楽天ROOMユーザーのアカウントや、実際にROOMで稼いでいる方のSNSをチェックすると、1日に紹介する商品の数が多いとわかりました。

・ 最低でも1日1つ

・ 1か月で30個

・ 多い方は1日に10個以上も紹介する

というのを毎日続けています

それに対して筆者は1か月に20個程度でしたから、最低ラインである30個すら達成していません。

10月は1日5商品紹介を目標としていましたが、何を紹介しようか迷ってしまい、結局20個程度にとどまってしまったのです。

もちろん「みんなに紹介したい」と思うものを紹介するのが基本ですが、

「これは人気ないかも」「シーズン的に微妙?」

あれこれ考えすぎると、結局ほとんど商品紹介ができないと判明しました。

考えすぎるとほとんど紹介できない

あまり深く考えず「いい!」と思ったものはとりあえず紹介してみる、というスタンスで作業していくのが、商品紹介数を増やすコツではと感じています。

11月に楽天ROOMで売上を達成するためには「あせらない心」が大事

もうすぐ楽天ROOMの利用を始めて1年が経ちますが、売上を獲得するには「継続」と「あせらない心」が大事だと改めて感じています。

作業の手を止めてしまうと古い商品ばかりになり、フォロワー数も伸びていきません。

あせって「たくさんフォローして紹介しなきゃ!」と思うと、うまくいかなかったときに心が折れてやる気をなくしてしまうでしょう。

そう考えると、売上が獲得できなくても作業の手を止めず、自分のやりやすいペースで作業を進めていくのが軌道に乗るために大事なことだと筆者は考えています。

そのため、今月も引き続き、

(1) 1日30人フォロー

(2) 1日5商品以上紹介

(3) 毎日5〜10分で作業する

この3つを行い、来月は売上が獲得できることを願いながら徹底していきます。(執筆者:メルカリ取引600回以上 石神 里恵)