特別急行列車「のぞみ」が、2022年3月に30周年を迎えることを記念し、対象区間での「こども料金が実質無料」キャンペーンを実施しています。

対象となる区間も関東から九州までの地域に点在していますし、最大で大人1名につき子供5名までが無料となる超お得なキャンペーンです。

のぞみの30周年キャンペーン

ただ、エクスプレス予約やスマートEXの会員であることが条件となっているなど複雑な部分もありますので、簡単にわかりやすく紹介したいと思います。

キャンペーン概要

のぞみで子どもが無料
≪画像元:エクスプレス予約

JR東海とJR西日本は現在、「エクスプレス予約」個人会員または「スマートEX」会員が、「のぞみ」で対象区間の予約・乗車をすると、条件を満たす子供の利用分が無料分になるキャンペーンを実施中です。

キャンペーン期間は、2021年11月24日(水)~2021年12月19日(日)です。

席を購入するときには、「おとな」と「こども」の総額をいったん請求されますが、条件を満たしている場合、「こども」の利用代金が後日クレジットカードに返金されます

1予約6名までの予約が可能なため、最大で「大人1名につき子供5名までが無料」となり、大変お得なキャンペーンと言えるでしょう。

割引例

「エクスプレス予約」で、東京~新大阪間「のぞみ」普通車指定席を大人1名と子供1名の計2名で片道のみ利用した場合です。

本来は下記のような計算になりますが、子供の料金の6,800円が全額返金となり実質無料となるため、「6,800円お得」ということになります。

「大人1名1万3620円+子供1名6,800円=2万420円」

キャンペーン対象者

キャンペーンの対象となるのは、「エクスプレス予約の個人会員」もしくは、「スマートEXの会員」のみです。

同じ「エクスプレス予約」でも、法人会員は対象外です。

また、「スマートEX」の訪日旅行者向け会員も対象外となっているのでご注意ください。

キャンペーン対象となるための予約&乗車方法

対象区間の「のぞみ」普通車指定席・グリーン車の「EX予約サービス」もしくは「EX予約サービス(往復割引)」の商品を、「おとな」と同時に「こども」を購入することが必須です。

さらに、対象期間中に全員がICサービス(チケットレス乗車)で乗車することが条件となっています。

簡単な予約までの流れ

ここでは、キャンペーン対象となる予約をするまでの流れを簡単にみていきましょう。

(1) 会員登録

「エクスプレス予約」もしくは「スマートEX」の日本人向け個人会員に登録します。

「エクスプレス予約」会員は年会費が必要となる代わりに、会員価格での乗車ができるという予約サービスで、「スマートEX」は無料で会員登録できる予約サービスです。

会員登録するときには、「本人認証サービス(3D認証)」済のクレジットカードが必要となります。

「本人認証サービス(3Dセキュア)」はネットのみで完了させられるケースもありますので、各カード会社へお問い合わせください。

登録できるクレジットカード

登録できるクレジットカードは、いずれかのうち「利用する本人名義のもの」に限ります。

ただし、登録ができないようなケースもあるため、詳細については「スマートEX」会員登録画面などでご確認ください。

・ Visa
・ Mastercard
・ JCB
・ American Express
・ DinersClub
・ Discover

(2) 交通系ICカードの作成

現在、対象となる交通系ICカードを持っている人はそのままでOKですが、対象となる交通系ICカードの作成が必要になります。

こちらの交通系ICカードは、「タッチ乗車できるJRの駅」であれば購入が可能です。

登録できる交通系ICカード

登録できる交通系ICカードは、下記の10種類です。

・ ICOCA(イコカ)
・ Suica(スイカ)
・ PASMO(パスモ)
・ TOICA(トイカ)
・ Kitaca(キタカ)
・ manaca(マナカ)
・ PiTaPa(ピタパ)
・ nimoca(ニモカ)
・ SUGOCA(スゴカ)
・ はやかけん

(3) 予約

「エクスプレス予約」もしくは「スマートEX」の会員東特と交通系ICカードの作成が終わったら、いよいよ「エクスプレス予約」もしくは「スマートEX」で予約します。

まずはログインし、「予約のあとに、どの席にどの交通系ICカードを使うか」を設定すればOKです。

これが簡単な予約までの流れになりますが、今回のキャンペーンには多くの注意点がありますので、このあと詳しく紹介します。

予約時の注意事項

乗り継ぎはできません
≪画像元:EX予約(pdf)≫

ここでは、予約時の注意事項やキャンペーン対象外となる商品についても紹介しますが、予約がキャンペーン対象となるかどうかなどは各自で事前に確認してください。

とくに注意したいのが、上記画像のように「新幹線を乗り継ぐ予約は対象外」となり、同じ「のぞみ」を乗り継いでも、「のぞみ」+「さくら」と乗り継いでもNGです。

また、今回は「あとから料金が返ってくるキャンペーン」のため、ちょっとでも気にかかることが事前に尋ね、確実にお金が戻ってくるようにしておきましょう

・ 新幹線を乗り継ぐ予約は対象外

1つの予約で2つ以上の列車を予約すると対象外

・「おとな」と「こども」を含む、2名以上かつ同一行程で予約すること

・「こども」が複数名(5名以下)の場合も、「こども」分についてはすべて返金対象

・「おとな」と「こども」を含め最大6名まで予約可能

・「EX予約サービス(往復割引)」を利用する場合、乗車日がキャンペーン期間に含まれる片道または往復の予約のみ返金の対象

・ 既に対象商品を予約済みの場合も返金対象

・ 対象商品のグリーン特典も返金の対象

※ただし、予約で使用したポイントは返ってこない

・ 乗車日が対象期間中の予約のみ対象

・ 対象期間中に全員がICサービス(チケットレス乗車)で乗車した場合のみ対象

※乗車前に「こども」を含む予約人数全員分のEX-ICカードや交通系ICカードなどのICカードの登録が必須

・ きっぷを受け取って乗車した場合はキャンペーン対象外

必ず「ICカード」で予約した新幹線乗車駅・降車駅の自動改札機を利用すること

□乗車用ICカードの指定方法について

「こども」チケットレス乗車については参照ファイル『「こども」チケットレス乗車の際のお願い』をご確認ください。

・ 6歳~12歳未満のこどもは、小児用交通系ICカードの登録が必要

・ 東海道・山陽新幹線のみを利用する場合には、「こども」の指定席について「おとな」用の交通系ICカード(無記名)を登録することも可能

※ただし、在来線と新幹線を乗り継ぐ場合は利用不可

□キャンペーン対象外となる商品

下記の商品はすべてキャンペーンの対象外となるので注意してください。

・ 早特商品
・ e特急券
・ 「EX予約 S Work席」
・ 普通車自由席用の商品

など

□いちばんお得になる予約

キャンペーン概要でも触れていますが、「1予約6名までとなるため、大人1名と無料となる子供5名での予約」がいちばんお得と言えます。

子供は、同乗する大人の家族や血縁者である必要はありません。

□対象区間
EX予約 対象区間
≪画像元:EX予約(pdf)≫

対象となる区間は、上記画像の黄色いマーカーに「☆」印が記載されている部分で、具体的には下記のようになっています。

★東京発

・ 名古屋
・ 京都
・ 新大阪
・ 新神戸
・ 岡山
・ 広島
・ 小倉
・ 博多

★品川発

・ 名古屋
・ 京都
・ 新大阪
・ 新神戸
・ 岡山
・ 広島
・ 小倉
・ 博多

★新横浜発

・ 名古屋
・ 京都
・ 新大阪
・ 新神戸
・ 岡山
・ 広島
・ 小倉
・ 博多

★名古屋発

・ 岡山
・ 広島
・ 小倉
・ 博多

★京都発

・ 広島
・ 小倉
・ 博多

★新大阪発

・ 広島
・ 小倉
・ 博多

★新神戸発

・ 広島
・ 小倉
・ 博多

★岡山

・ 小倉
・ 博多

この機会に「お得」な旅で節約を

JR東海とJR西日本が実施している今回の「条件を満たすと、こどもは全員、実質無料になるキャンペーン」は、子供連れで特別急行列車「のぞみ」を利用する人にとってお得な内容になっています。

来年2022年に「のぞみ」が30周年を迎えることを記念した今回のキャンペーン、ぜひ上手に利用して、旅行や帰省をするときに旅費の節約につなげてください。

ただし、期間は2021年11月24日(水)~2021年12月19日(日)までとなっていますので、早めの予約がおすすめです。(執筆者:山内 良子)