毎年夏・冬・春休みの時期に発売される「青春18きっぷ」は、全国のJR在来線の普通・快速列車が乗り放題となるきっぷです。

筆者の周囲で話題にしてみたところ、おそらくその名称から

「18歳以上は使えないのでは」
「自分の利用するシチュエーションには合わないのでは」

と思い込み、実際には使ったことのない方が多くいることが分かりました。

この記事では「18きっぷ」のお得な活用法について解説します。

青春18きっぷを使って旅に行く

 

青春18きっぷとは

青春18きっぷは、全国のJRの普通・快速列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに乗り降り自由、乗り放題となるきっぷです。

例年、夏(7/20-9/10)、冬(12/10-1/10)、春(3/1-4/10)が利用期間となります。

料金は5回分1つづりで、大人/子供同額の1万2,050円。

全国のJRの主な駅や旅行センター、主な旅行会社で購入することができます。

販売は、利用期間の概ね10日前に終了となるので、購入のタイミングには注意しましょう。

青春18きっぷJR東日本

≪画像元:東日本旅客鉄道株式会社

青春18きっぷの使い方

1枚のきっぷに5回分のスタンプを押す欄があります。

利用日に初めて駅改札を通るタイミングで、駅員さんにスタンプを1人1つずつ押してもらうと、その日1日、普通列車が乗り放題になります。

5回使う分の利用日は連続する必要はなく、利用期間内であれば日を開けて使えます。

5日間かけて1人で1枚のきっぷを利用するほか、友人3人との日帰り旅行で3回分を使い、残りの2回分は1人での帰省や旅行に使う(行きに1回・帰りに1回)などもできます。

グループでの利用は同一行程が原則ですが、行程の途中に追加でスタンプを押してもらえます。

例えば東京から静岡方面に行くのに、自分は東京駅でスタンプを1つ押してもらい乗車、品川駅で一度降りて改札外で友人と待ち合わせて合流し、品川駅で追加でスタンプを押してもらってグループ旅行、といった使い方もできます。

その場合は、帰り道も一度品川で途中下車し、友人を改札外に送り届ける必要があります。

新幹線や、特急・急行列車の利用はできませんが、「普通列車グリーン券」「ライナー券」などを組み合わせれば、普通列車・快速列車の特別な車両に乗り、移動をより快適にできます。

使い切れなかった場合は、金券ショップなどで買い取ってもらうことも可能です。買った金額よりは安くなるので、損益分岐点を計算してから買い取ってもらうようにしてください。

都内から日帰りできる温泉地

青春18きっぷは1日あたり2,410円なので、日帰り旅行なら片道で1,205円以上の区間に使えば元が取れる計算になります。

都内の駅からJRの普通列車で、片道2〜3時間程度で行ける場所を紹介します。

東京から静岡方面

1,550円お得! 東京〜熱海(片道1,980円)往復 3,960円

2,210円お得! 東京〜伊東(片道 2,310円)往復 4,620円

新宿から山梨方面

2,210円お得! 新宿〜石和温泉(片道 2,310円)往復 4,620円

上野から群馬方面

2,210円お得! 上野〜磯部(片道 2,310円)往復 4,620円

2,870円お得! 上野〜小野上温泉(片道 2,640円) 往復 5,280円

3,750円お得! 上野〜水上(片道 3,080円)往復 6,160円

全て18きっぷを使って在来線のみでアクセスできる温泉地です。

別途私鉄や路線バスなどを組み合わせれば、伊豆熱川温泉(伊東駅より伊豆急行)や伊香保温泉(渋川駅からバス)などにもアクセス可能です。

18きっぷは乗り降りも自由なので、途中駅で観光やグルメを楽しめるのも大きな魅力です。

緊急事態宣言も解除され、やっとお出かけができそうなこの冬。青春18きっぷを上手に活用して、リラックスの旅を楽しんでみてください。(執筆者:星澤 美衣)