家事の中でも料理は材料を用意してカットし、作って食べたら洗い物をして…と工程が多く、少しでも楽をしたいと考える方は多いかと思います。

しかし、毎日のように外食やお惣菜にしたら、健康にもお財布にも優しくありません。

そこで、自動調理家電「ヘルシオ ホットクック」を活用した場合、どのくらい時短・節約になるのか検証してみました。

たくさんの野菜と金属の鍋

「ヘルシオ ホットクック」とは

「ヘルシオ ホットクック」は、家電メーカーのSHARPが出している自動調理家電です。

具材と調味料を入れてスイッチを押すだけで、料理を作ってくれる優れものです。

サイズは3種類あり、

・ 容量2.4L:2~6人分

・ 容量1.6L:2~4人分

・ 容量1.0L:1~2人分

となっています。

新型と旧型の違い

ヘルシオ ホットクックは毎年のように新機種が発売されていますが、今年も9月に新型が発売されました。

今回は家族で使うことを想定し、1番容量の大きい2.4Lサイズで、新型と旧型の違いを比較してみます。

KN-HW24G-W

KN-HW24F-W

Amazonをチェック

大きな違いは、2つ挙げられます。

1.「まぜ技機能」が旧型より2倍のスピードになり、泡立てやつぶしも可能

2. 本体の横幅が5cmコンパクト化

新型はまぜ技機能が進化して、ホイップクリームの泡立てやじゃがいもをつぶす作業なども可能になりました。

また、本体の横幅が5cmコンパクトになったことで、置くスペースが狭い場合でも使いやすくなっています。

それ以外の仕様は、旧型とほとんど変わりません

旧型でも十分活用できる

Amazonで販売価格を比較すると、新型(KN-HW24GW)と旧型(KN-HW24F)の価格差は、約2万円ほどあります。

しっかり検討した上でどちらにするか決めると良いでしょう。

まぜ技機能や本体のサイズにこだわりがない方は、旧型で十分ではないかと感じます。

導入費用を低く抑えれば、その分他のことにお金を使えるので、節約になります。

どのくらい時短&節約になるのか

例えば、家族4人で外食した場合、どんなに安くても3,000円程度はかかるでしょう。

ファミレスのジョナサンでバターチキンカレー 989円(税込)を2人分、おこさまカレー 549円(税込)を2人分注文すると、合計3,076円(税込)となります。

飲み物やデザート、サイドメニューの誘惑を振り切った場合です。

ホットクックで無水カレーにした場合

【材料費4人分】

鶏手羽元400g:400円

玉ねぎ2個:100円

トマト缶:100円

カレールー5皿分:100円

にんにくチューブ:10円

しょうがチューブ:10円

合計:約720円

光熱費はおおよそ50円と計算しても、ホットクックで作る無水カレーにかかる費用は770円まで抑えられます。

外食 3,076円 – ホットクック 770円 = 節約できた金額:2,306円

節約できた金額 2,306円 × 約20.4回 = ホットクックの本体:4万7,000円

上記の場合では、約20.4回外食をホットクックに切り替えると、旧型の本体価格の元がとれる計算になります。

料理を作る気力がない・面倒くさいと感じたときに、外食やお惣菜に頼っていた部分をホットクックで代用して21回以上使えば、そこから先は使うほどお得です。

平日は疲れてほぼお惣菜という方ほど、早く元が取れるとも言えます。

カレー

こんな人におすすめ

ホットクックは、毎日仕事で多忙な方や共働きで子どもを持つ方など、ゆっくり食事の準備をする時間がない方に特におすすめです。

煮込み料理やスープが得意なので、メインはホットクックにセットして、副菜だけ作るといった使い方も効率的で良いでしょう。

また、パスタや焼きそばなども材料と調味料を入れれば、自動調理してくれるので、休日のお昼ごはんなどにも活躍が期待できます。

タイマー機能も付いているので、朝に材料と調味料をセットしておけば、帰宅後にすぐ食べられるようにできて便利です。

上手に活用して、料理を時短&節約をしよう

手間や時間がかかる料理を毎日きっちり作るのは、本当に大変なことです。

だからこそホットクックを活用して、少しでも時短で料理を楽にしながら、お金も時間も節約してみてください。(執筆者:村瀬 華)