新年向けのアイテムは、スーパー、デパート、ホームセンターなどで数百~数千円支払って購入するのが一般的でした。

しかし、ここ数年、ダイソーの新年向けアイテムの品揃えが急激に増え、ダイソーだけで新年アイテムが揃うようになりました。

デザインも毎年オシャレに進化し、そのまま使ったり、自分なりに自由にアレンジしたりできます。

今回は、売り切れ必至の新年向けアイテムをご紹介します。

※価格は税込みで表示しています。

正月の集まりも賢く節約

干支の置物

干支の置物売り場

店頭に並べた途端、すぐ売れ始める人気商品が「干支の置物」です。

筆者も、見かけたら迷わずその日のうちに購入することにしています。

ダイソーで購入するまでは市販の置物を購入していましたが、価格は1個550円~3,000程度と、それなりの金額が掛かります。

ダイソーでは1個110~330円で購入できるので、金額的にはかなりのお得です。

その年の干支だけでなく、十二支がセットになった商品は660円で販売しています。

高いクオリティ

ダイソーの干支の置物は110円という金額にしてはかなりクオリティが高いです。

良く見ると、1つ1つ表情が違います。

店頭に並んですぐの状態なら「どの子にしようかな?」と表情を見ながら比較することができます。

基本的にはゆるい愛嬌のある顔が多いですが、美人な子もいるの自分のすきな子を選んでください。

筆者購入の干支の置物色は1色もあれば、赤、白、金3パターンの物もあります。

キレイなインテリアに合わせる場合は、シンプルなガラスデザインがあります。

飾る場所、金運上昇などの願い事に合わせて、色を選んでみましょう。

サイズ:縦5×横7~8×高さ6~7㎝、2個セットの場合は縦5×横12×高さ6~7㎝
材質:ドロマイト、ガラス、ストーンウェアなど(種類によって異なります)
価格:110~330円

ポチ袋(お年玉袋)

ポチ袋売り場

12月に入ると「ポチ袋」が店頭に並びます。

ノーマルな普通サイズだけでなく、お札が折らずに入る大きめサイズもあります。

ディズニー(ミッキー、ミニー、プリンセス、くまのプーさん、トイストーリーなど)キャラクター、恐竜、干支の動物、招き猫、立体加工で浮き出たように見えるデザインもあります。

ディズニーも豊富

筆者が見に行った際は80種類以上並んでいました。

毎年新しい絵柄が入荷しているので、毎年楽しく選べます。

かわいいポチ袋
紙質もしっかりしており、デザインもオシャレなので、とても気に入っています。

市販品は3枚で220~550円程度ですが、ダイソーは2~8枚入りで110円です。

枚数は商品によって異なります

ノーマルは普通サイズは3~8枚、大きめサイズは7~8枚、型取りタイプは2~3枚と商品によって入数が異なります

普通サイズと型取りタイプは凝ったデザインが多いので、枚数が少ない場合があります。

配布予定人数をしっかり確認して、枚数が足りなくならないよう気をつけましょう。

物によってシール付きとシール無しがあります。必要な方は裏面を見て確認してください。

筆者は親戚に子どもが多いので、購入したポチ袋を親や祖父母と分け合って使っています。

子どもたちは袋のデザインよりも中身に夢中。ポチ袋はダイソーでお得に入手してください。

正月飾り

正月飾り

我が家では、毎年しめ飾りをダイソーで購入しています。

毎年デザインが進化し、年々オシャレになっていることを実感しています。

しめ飾りは、一般的に12月13(~28)日~1月7(~15)日の一定期間しか飾りません。

市販品を購入すると、550~2,200円程度します。

対して、ダイソーのしめ飾りは110~550円で購入できます。

ハンドメイド・副業の材料として

ハンドメイドが好きな方なら、ダイソーのしめ縄をベースにアレンジを加えて、オシャレなしめ飾りに作り変えることで、こだわりを形にする方もいます。

デザイン性をUPさせたしめ飾り(千代紙、水引、ドライフラワー、造花、マスコットなど)をバランス良く組み合わせをフリマアプリで販売し、副業にしている方もいます。

「玉飾り」と「輪飾り」

玉飾りは25㎝220円、30㎝330円、40㎝550円程です。

玉飾り

輪飾りは直径15~18㎝110円、25㎝220円程です。

輪飾り

サイズ表記はありませんでした。

サイズは同じでも、飾りが豪華になると値段が上がります。

車に設置できる小サイズから、玄関に飾る存在感抜群な大サイズまで、幅広い品揃えがあります。

季節限定の正月用品は追加発注しないので、人気のあるデザインから売り切れていきます。

店頭に並んでいるのを見かけたら、早めにお気に入りを吟味し、入手しておきましょう。

正月の造花

お正月が近くなると、松、南天、梅など、お正月用の造花がたくさん入荷します。

大きいサイズから、手のひらサイズのブッシュまで、様々なサイズから選べます。

玄関先のインテリアとして飾ると季節感が出ますし、しめ縄のアレンジに使う方もいます。

生花よりも数百円安いですし、庭木を傷めずに済みます。

衛生面でも安心なので、家の中のインテリアに使いやすいと思います。

市販品だと正月用の造花は1本550円以上しますが、ダイソーは110円で購入できます。

プラスチック部品や発泡スチロールは簡単に外れたり欠けたりします。

購入前にしっかりと全体をチェックしてから購入するようにしましょう。

1,000~2,000円の節約が見込める

ダイソーのお正月飾りはとてもオシャレになり、人気も高まってきています。

今回紹介した4品を市販品ではなくダイソーで揃えると、1,000~2,000円節約ができます。

ダイソー商品をベースに自分のアレンジを加えることで、人との被りは避けられます。

費用を抑えながら、新年を迎える準備をしてください。

お正月料理グッズ

おせち料理を食卓に並べる際は、正月仕様のお皿に入れ替える人が多いのではないでしょうか。

ダイソーには役立つ商品が数多くそろっています。

お重やピック、おかずカップを利用して、お正月の食卓を華やかにしましょう。

※価格は税込み価格で表示しています。

お重

110円ミニ重箱

ダイソーでは「ミニ重箱」(黒)(13㎝)が110円(1段)、山中塗り(朱)の「ミニ重箱」(13㎝)が165円、山中塗り(朱)の「丸重箱」(12.5㎝)が165円、山中塗り(黒)の「庵・お重三段」(18×18×16㎝)が550円です。

市販品は安くても770~数千円します。

ダイソー商品で代用することで、数百円~数千円を節約できます。

1~3人の友人・家族でお正月を楽しむなら、ダイソーお重でも雰囲気作りは十分できます。

110円のお重は塗りではないので光沢や重厚感はありませんが、軽くて安いのが特徴です。

どうしても簡易的な印象にはなりますが、塗りの重箱も165~550円で販売しています。

お皿で提供するのに比べて雰囲気がでて、食卓を豪華に見せることができるでしょう。

現代はお正月しか使わない家庭が多く、保管場所もある程度確保する必要があります。

年代問わず使えるシンプルなデザインなので、使う期間だけダイソーを利用する検討の余地はあると思います。

お弁当ピック&おかずカップ

正月用おかずカップ

お正月に合うデザインのピックやおかずカップ、バランなどを使用すると、お重が華やかになります。

桜、梅、もみじ、お団子などの和ピックは、おせち料理にもピッタリ合います。

去年は、市松模様の和柄ピックがよく売れて、子どもに大人気でした。

子どもたち向けのアニマルやキャラクターは定番人気で、大人でも使えるシンプルなピックも複数揃っているので、お正月以外でも年中使えます。

正月用ピック、バラン
単色になりがちな料理にポイント使いすることで、見た目が楽しくなりますね。

お重を開けたときのワクワク感演出に、一役買ってくれることでしょう。

市販品は10~12本入り300~900円程度ですが、ダイソーは6~12本入りで110円です。

洗って繰り返し使えます。

おかずカップもピックと同様、様々な種類があります。

お正月向けのアルミカップとしては、金色のカップ(12枚入り110円)や光沢のあるキラキラなオーロラカップ(16枚入り110円)があります。

入れるだけで、おかずが豪華に見えそうです。

アルミ製のカップはレンジやオーブンが使えないので、加熱不要のおかずに使うと良いでしょう。

市販品は200~500枚入りの業務用が多く、10~20枚入りだと300~500円程度と割高です。

ダイソーは季節限定商品であっても、必要な分だけ小分け購入ができるのが便利ですね。

新春箸

祝い箸
お正月用の割り箸(祝い箸)は、縁起の良い水引が付いたり、袋に寿の箔押しやプリントがされています。

とても華やかな見た目なので、手に取るだけで食事前から気分が上がります。

お正月に誰かを家に招待する予定の方は、食事の箸にこだわるのも良いでしょう。

市販の水引や箔押しの箸は、5膳入り600~1,000円程度します。

ダイソーは水引付きが3膳入り、箔押しやプリント袋の祝い箸が5~10膳入り110円です。

市販品よりもかなりリーズナブルに購入することができます。

箸売り場

普通の箸も、新春が1番種類がそろっています。

箸は買い替え時期が分かりづらいですが、黒ずみ、先端の剥げ、柄が薄くなったら交換を検討しましょう。

100均の箸でも気にならないという方は、買い替えは新春をオススメします。

ダイソーは、年末年始に新商品の箸が入荷することが多いです。

普段は季節ごと数種類の入荷ですが、年末年始は20~40種類入荷することがあります。

1年で最も選択肢の多い時期に選ぶことで、自分が最も気に入る箸が見つかるはず。

お正月から新しい箸を使い始めることで、買い替え時期が覚えやすくなるメリットもあります。

定期的に買い替えることで衛生面は安心ですし、お正月から使い始める箸は縁起も良さそうです。

市販の箸は1膳400~数千円するのに対し、ダイソーは1膳110円からで購入できます。

中には3~5膳セットで110円の商品もありますよ。

店用、家族ごとに色分けする必要がないなど、デザインより価格重視の方にオススメです。

箸5膳セット

素材も木製、プラスチック製、金属製など、家族分をそろえることで1,000円以上節約できます。

たくさんの種類の中から、自分の条件に合うお気に入りの箸を探してみてください!

箸置き

箸置き

箸置きも、季節やイベントに合わせることで、テーブルコーディネートが楽しくなります。

新春であれば富士山、ダルマ、招き猫、ナスなど、おめでたい柄がピッタリです。

その他野菜、和菓子、金魚、花、動物、調理器具まで、さまざまなデザインがあります。

素材も陶器、ガラス、木製の箸置きなどから選べます。

人によって箸置きを変えることで話題作りにもなり、家族みんなで楽しめます。

市販の箸置き(形や模様が付いたデザイン性のあるタイプ)は1個350~1,000円程度します。

ダイソーは1個110円で購入できるので、リーズナブルです。

100均でも高見え

お正月は、家族や親族で集まる機会が増える季節です。

飾りつけ、器、箸を使って、新年らしい季節感を食事風景でも出して迎えてください。

高い金額を掛けなくても、100均グッズだけで見た目を華やかにできます。

安く手に入る素材をうまく活用し、新年からお金の貯まる家計にしてください。(執筆者:山城 奈々)