毎月どこかで当たる!ペイペイジャンボ12月キャンペーンでは期間中に対象の店舗やオンラインストアでPayPay決済を利用し、一等が当たるとPayPayボーナスで買い物した金額全額が戻ってくるキャンペーンです。

この記事ではキャンペーンの注意点や付与上限である10万円を獲得を目指すコツについて解説していきます。

ペイペイジャンボ 12月キャンペーン

キャンペーン概要

2021年12月、2022年1月のPayPayジャンボでは、PayPayを利用して2回に1回の確率で1等100%、2等10%、3等1%のいずれかがあたる抽選を実施しています。

PayPayモールやYahoo!ショッピング、ビックカメラ.comなどのオンラインストアかHARD OFF、名鉄百貨店などの実店舗での買い物が対象です。

抽選に参加しよう
≪画像元:PayPay

注意点1:決済方法を確認する

店舗・オンラインストアで決済する際、それぞれに対象外となる決済方法があるので注意が必要です。

店舗でのPayPay決済条件

店舗でのPayPay決済条件

≪画像元:PayPay

実店舗での決済方法ではPayPayの決済がヤフーカード以外のクレジットカードであるとキャンペーン対象外となります。

オンラインストアでのPayPay決済条件

オンラインストアでのPayPay決済条件

≪画像元:PayPay

オンラインストアではPayPay残高以外の決済方法はキャンペーンの対象外となります。

店舗、オンラインストアともに、PayPay残高からの支払が対象となる、とおぼえておけば問題ありません。

また、ヤフーカードを持っていればカードから残高チャージして使用することが可能です。

注意2:対象店舗を確認する

本キャンペーンでは実店舗とオンラインストアでそれぞれ対象となる店舗があります。

実店舗はHARD OFF、名鉄百貨店などです。

キャンペーン対象の実店舗は店頭のポスターを確認するか、スマホのPayPayのアプリから「近くのお店」、「おトク」、「毎月ジャンボ」をタップしていくとキャンペーンを開催している実店舗が表示されます。

店頭ポスター

≪画像元:PayPay

オンラインストアはYahoo!ショッピング、PayPayモールなどのヤフーが提供しているサービス、マツキヨ、ビックカメラなどがあります。

当選を確認しよう

当選を確認

≪画像元:PayPay

対象のお店と決済方法について説明をしましたが、最後に利用したサービスが、PayPayボーナスの対象であったか、しっかり確認をしましょう。

PayPayアプリを利用して決済した場合は上記のように表示されます。

キャンペーン10万円上限を獲得するコツ

・ PayPayモールなどでのお買い物のコツ

Yahoo!ショッピングやPayPayモールであれば食料品や日用品の購入でキャンペーンに参加することができるため、ムダがありません。

また、余分な買い物をしないことは前提に、ジャンルごとに購入するショップをいくつか利用することなどで、当選回数を稼ぐことができます。

・ PayPayグルメで残高を利用して予約する

PayPayグルメは2021年10月27日から始まったサービスで、外食店をあらかじめスマホのアプリから予約し来店することで、来店人数やオーダーしたコースによってPayPayボーナスがもらえるサービスです。

今回のペイペイジャンボキャンペーンでもPayPayグルメでのPayPay残高を利用した忘年会や新年会、家族・友人とのランチなどでも対象となります。

あらかじめコース料理などが予約できるお店であれば、PayPay残高の利用を行うと、キャンペーンの抽選対象となります

利用方法を解説

PayPayグルメのサイトからで事前に予約したいお店を選び、「コース料理」の「事前支払い設定」で「PayPay残高の利用」から利用する、を選択すると下記の画面のように保有残高が表示されるので、利用するPayPay残高を入力します。

利用するPayPay残高を入力
≪執筆者撮影≫

最後に入力したPayPay残高に間違いがないかを確認画面で確認し、「予約を完了する」をタップします。

HPでも勧められていますが、PayPayグルメを利用する際はスマホからの利用がベターです。

予約を完了
≪執筆者撮影≫

参照:PayPay

筆者が利用した方法は、飲み放題や食べ放題などを事前に残高払いし、当日のオーダーに追加があった場合は現地清算するパターンです。

PayPayグルメの利用は友人との飲み会などで利用すると、利用金額が大きくなるため、当選すれば一気にPayPayボーナスを獲得できます。

ママ友でのランチができるお店などもあるため、ぜひ残高を利用して予約をしてください。(執筆者:永瀬 真人)