自宅にお客様を招いて、忘年会もしくは新年会を行う予定の方もいることでしょう。

おもてなしをすると、お酒代等も含め、結構な出費がかかってしまいます。

今回は節約中の方も気軽に作りやすい、お財布に優しいおもてなしレシピを3種類を紹介します。

節約しつつおもてなし

1. パリパリ触感がたまらない「餃子の皮deフラワーピザ」

餃子の皮deフラワーピザ

生地作りなしで簡単な、餃子の皮を使った花のかたちをした「フラワーピザ」のレシピです。

トッピング用の具材はお好みで自由にアレンジしてみてください。

材料 3人前(1人分の材料費:77円)

・ 餃子の皮 10枚
・ 魚肉ソーセージ 1/2本
・ ブロッコリー 2房
・ ミニトマト 1個
・ 玉ねぎ 1/3個
・ ピザ用チーズ 30g
・ ケチャップ、マヨネーズ 各大さじ1
・ オリーブオイル 大さじ2

作り方

(1) 魚肉ソーセージは薄切りに、ミニトマトは6等分にします。

(2) ブロッコリーは細かくカットし、さっとゆでておきます。

(3) 玉ねぎは薄切りにし、耐熱容器に移したらふんわりとラップをかけて約2分程度電子レンジで加熱します。

(4) ケチャップとマヨネーズは小皿に混ぜ合わせておきます。

(5) フライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、餃子の皮を円形状に並べ入れます。

(6) 餃子の皮の表面に4のソースを中央部分に塗り、縁側(ソースを塗っていない部分)に残りのオリーブオイルをスプーンやはけを使って塗っていきます。

(7) 餃子の皮の上に1~3の具材をバランス良くトッピングし、ピザ用チーズを振りかけます。

(8) 7にふたをし、餃子の皮(底側)に焼き色がつくまで加熱していきましょう。

(9) 8をオーブントースターに移し、チーズと餃子の皮(表側)に焼き色がつくまで加熱したら完成です。

ポイント

こちらのレシピの最大のポイントは、6の工程で餃子の皮の縁側にオリーブオイルを塗ることです。

そうすることでオーブントースターで加熱した際、パイ生地のような触感ときれいな焼き色をつけることができます。

2. ふっくらジューシー「鶏もも肉の北京ダック風」

鶏もも肉の北京ダック風

自宅ではなかなか食べることができない高級な中華料理、北京ダックを鶏もも肉と身近な調味料を使って再現してみました。

香ばしく焼いた餃子の皮で、お肉と野菜を巻きながらお召し上がりください。

材料 4人前(1人分の材料費:264円)

・ 鶏もも肉 2枚
・ オイスターソース、醤油、料理酒、砂糖 各大さじ2
・ みりん 大さじ4
・ レタス 4枚
・ 人参 1/2本
・ 大根 5~6cm
・ 餃子の皮 お好みの枚数(10~12枚程度)
・ ごま油 大さじ2

作り方

(1) ポリ袋に鶏もも肉とオイスターソース・醤油・料理酒・砂糖・みりんを加え、外側からよくもみ込みます。

(2) 1のポリ袋の口をしばり、冷蔵庫に入れて15~20分程度ねかせて味をなじませます。

(3) レタスは食べやすい大きさに手でちぎり、人参と大根は千切りにします。

(4) 餃子の皮を油をひいていないフライパンに乗せ、両面こんがりと焼き色がつくまで加熱します。

(5) フライパンにごま油を熱し、2の鶏もも肉を皮目を下にして焼いてきます。

(6) 皮に焼き色がついたら裏返し、ふたをして蒸し焼きにします。

(7) 中まで火が通ったら食べやすい大きさに切り分け、3の野菜と4の餃子の皮と一緒にお皿に盛り付けたら完成です。

ポイント

鶏もも肉の両面に焼き色を付ける際、火が強すぎるとすぐに焦げつきやすいのでできるだけ弱めの中火でじっくり火を通していくようにしましょう。

3. 目で見て美味しい「豆腐とたっぷり野菜のテリーヌ」

豆腐とたっぷり野菜のテリーヌ

高たんぱく質&低脂質なヘルシー食材、豆腐と野菜をたっぷり使ったテリーヌのレシピです。

材料 5人前(1人分の材料費:60円)

・ 絹ごし豆腐 1丁
・ 牛乳 180ml
・ 冷凍オクラ ふたつかみ
・ ミニトマト 2個
・ 人参 1/3本
・ 鶏がらスープの素、白だし 各小さじ2
・ 塩 適量
・ 粉ゼラチン 15g

作り方

(1) ボウルに絹ごし豆腐と牛乳を加え、泡だて器で滑らかになるまで混ぜ合わせます。

(2) 1をザルなどを使って裏ごしします。

(3) ミニトマトは縦に6等分に切り、人参はさいの目切りにして柔らかくなるまでゆでます。

(4) 2を鍋に移し、強火にかけます。

(5) ふつふつとしてきたら弱火に切り替え、鶏がらスープの素・白だし・塩を加えて味を整えます。

(6) 5にぬるま湯(大さじ1強)でふやかした粉ゼラチン・解凍済みの冷凍オクラ・3を加えてよく混ぜ合わせます。

(7) テリーヌ型に6を流し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で2~3時間以上冷やし固めます。

(8) しっかり固まったらお好みの厚さに切り分け、器に盛り付けたら完成です。

ポイント

もしテリーヌ型がご自宅にない場合、テリーヌ型に工作した牛乳パックを代用するのもおすすめです。

どのレシピも低予算で簡単に作れるので、おうち忘年会や新年会の予定がある方は試してみてください。(執筆者:栄養士、おうちご飯研究家 池田 莉久)