筆者宅には就学前の子どもがいるのですが、お風呂の時間がとても長いのが近頃の悩みの種です。

お風呂の時間は遊びの時間だと思っているようで、放っておくといつまでも遊んでいます。

せっかくなのでこの時間を何か有効に使えないかと考えていたところ、ダイソーにてお風呂で学習ができるポスターを発見。

さっそく詳細をチェックしてみました。

ダイソー「おふろポスター」税込み110円

材質は水に強い性質を持つ、ストーンペーパーです。

裏面に水をつけて、風呂の平らな面に貼りつけて楽しみます

タイルのように隙間があっても平らな面積がある程度大きければ問題ありません。

もちろん何度でも貼り直し可能です。

サイズは420mm × 285mmです。

特殊なインクで文字などを黒く隠している部分があります。

黒く隠している部分

お湯をかけると黒いインクが薄くなり、下の絵や文字が読める仕組みです。

お湯をかけると見えてくる

筆者が近隣の店舗でゲットしたのは、以下の4種でした。

ひらがな

ひらがな

五十音と、各五十音から始まる単語のイラストが書かれており、単語が黒インクで隠されています。

一番人気

ひらがなは何度か欠品しているのを見かけました。一番人気のようです。

購入を考えていらっしゃる方は、見つけた際には早めゲットがおすすめです。

カタカナ

カタカナ

同じく五十音と、各五十音から始まる単語のイラストが書かれており、単語が黒インクで隠されています。

単語が黒インクで隠されています

数字

数字

1から10までの数字と、それぞれの数分描かれたイラスト(たとえば8であれば、鳥の絵が8羽)と、助数詞の文章(とりが8わ)が書かれています。

また1から100までの数字、1~12時の時計の読みが描かれています。

黒インクで隠されているのは、イラストの一部と時計の読みです。

時計の読み

アルファベット

アルファベット

アルファベットと、各音から始まる単語のイラスト、1から10の数字が描かれており、アルファベットと数字の読み(カタカナ表記)が黒インクで隠されています。

数字と単語

実際に使用してみました

お湯の必要温度について特に記載はありませんでした。

風呂のお湯をかけると色が変わることから、40度前後といったところのようです。

試してみたところ、手で押さえてみても色は変わりませんでしたので、36~37度程度では変わらないようにできているようです。

筆者宅はタイル張りの昔ながらの浴室なのですが、タイルに貼ると、タイルの冷たさのせいか、お湯をかけ続けていないと文字はすぐ黒塗りに戻ってしまいました。

浴槽の内側に貼ると、比較的黒塗りが戻るのが遅く感じられました。

冷えない加工を施した壁面などではこの通りではないかもしれません。

上記の内容は、<黒インクが消える機能について>と、パッケージに記載がありました。

「地域や住宅環境によって機能に差が出る場合があります」とのことです。

寒い場合と同じように、夏場温度の上がる浴室では、何もしなくとも黒インクが消えている、という可能性もあるようですね。

またコンクリート・木・塩化ビニール・土などの壁には使用できない場合があります、と記載がありました。

購入されるまえに、貼り付ける予定の場所を良くご確認ください。

コスパ

筆者宅の近隣量販店の知育玩具コーナーに、同様の機能の製品が販売されていたのですが、4枚セットで約1,000円でした。

ひらがな、カタカナ、数字、アルファベット、などが販売されていました。

それぞれ、ひらがなであれば、五十音などが分割して書かれたポスターが4枚ずつ入ったセットになっています。

たとえばひらがなを見てみると、量販店で販売されていた製品は、濁音や半濁音に加えて、ちゃ・ちゅ・ちょ、といった拗音なども記載されていました。

ダイソー製品はシンプルな内容ですので、スタートにおすすめ

ひらがななどになじむのが目的、といった場合には、ダイソー品で少しずつ多種を購入できるのは大きなメリットと言えそうです。

4種買っても、一般品1種より低コストということになります。

ぜひ店頭でチェック

遊びながら興味を引き出せるお風呂学習。

特に小さなお子様が、新しい知識に楽しく親しめる点が良いですね。

寒い季節はお風呂の時間も長くなりますので、お風呂時間の活用に、ぜひ店頭でチェックしてみてはいかがでしょうか。

情報は調査時のものであり、内容等が変更となっている場合があります。

なお店舗により取扱の内容は異なりますので、お求めの際には事前にご確認ください。

また取扱説明をよくご確認いただき、注意してご使用いただけますようお願い申し上げます。(執筆者:新木 みのる)