年末年始は大掃除のついでに断捨離を行う方は多いのではないでしょうか。

そのときに出た不用品の中には捨てるか売るか、どちらが良いのか迷うものもあるはずです。

もし少しでも不用品をお金に換えたいとの気持ちがあるなら、不用品を売るか捨てるかの判断がサッとできるようになっておくのがおすすめです。

今回は年末年始の断捨離で出た不要なものは売るのが良いのか、捨てるのが良いのかを見ていきます。

あわせておすすめしたい売る方法もご紹介するので、不用品が手元にあり、処理方法に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

不用品を売るか捨てるか

断捨離で出た不要なもの、売るか捨てるかは物次第

断捨離で出た不要なものを捨てるか売るかは、実は「物次第」です。

たとえば、まだ使える新品同様のバッグを捨てるのはもったいないので売ったほうが良いでしょう。

反対に使い古してボロボロのブランドバックは、ブランド品とは言え使いたい方があまりいないので捨てたほうが良いです。

では一体何を基準にして、売るか捨てるかを判断すれば良いのでしょうか

断捨離で出た不要なもので売ったほうがいいのはどれ?

断捨離で出た不用品が以下の特徴に当てはまる場合、売れる可能性が高いので捨てるのはもったいないと言えます。

・ ほとんど使っていなくて新品同様の物

・ 中古でも値がつく物

・ 現在流行している物

・ 多くの人に人気がある物

たとえば値札が付いたままで一度も来ていない洋服は、ブランド品でなくても売れる可能性があります。

中古であっても、今は入手困難なゲームなどはプレミア価格で売れる場合も。

そのほか、現在流行している物も、新品中古問わず売れやすい傾向にあります

話題沸騰中の漫画やトレカは、強化買取を行っている中古店がたくさんあるはずです。

旬ではなくても、昔から根強い人気があるキャラクターやアイドル、芸能人のグッズなんかは、まとめ売りするといい値段で売れたりします

反対に捨てたほうが良い不用品は?

では次に、捨てたほうが良い不用品にはどんな特徴があるのか見ていきます。

・ 使うのが難しいほどボロボロの物

・ 壊れている物

・ 流行が去り、ファンもいなさそうな物

・ ハンドメイドの物

破れている服や壊れたおもちゃは、格安であっても売れにくいので捨てるのをおすすめします。

キレイな状態でも数年前に流行ったデザインの服や、今ではファンが少なそうなキャラクターグッズも売れにくいので捨てたほうが良いです。

ハンドメイドの商品はフリマアプリなら売れる可能性がありますが、買取店では売れない場合が多いので、フリマアプリを利用しないなら捨てたほうが良いでしょう。

保管場所があるなら「メルカリ」で売るのがおすすめ

売れそうな物がたくさんあっても、置き場に困るなら捨てたほうが空いたスペースを有効活用できます。

もし保管場所に困らず、処分するまでに少し時間をかけても良いなら「メルカリ」で売るのがおすすめです。

今ではラクマやPayPayモールなどフリマアプリの種類が増えましたが、メルカリがもっとも会員数が多いため売れやすい傾向にあります。

買取店は持ち込めば当日に買取してくれますが、自分で不用品を持ち込まないといけません。

さらにメルカリより買取金額が安い場合が多いので、1円でも高く売りたいならメルカリを利用することをおすすめします。

ただし、メルカリは出品から発送まで自分で行わないといけないので、出品する際は「どのように梱包して発送するか」まで考えてからにしたほうが良いです。

断捨離後に出た不用品は売れるならメルカリで

年末年始に行う断捨離は、いつもより気合を入れる方が多いので、ある程度まとまった数の不用品が出るのではないでしょうか。

もちろん全ての不用品が売れるわけではないので、まず売れる売れないの判断をし、保管場所に余裕があればぜひメルカリに出品してお小遣いを稼いでください。(執筆者:メルカリ取引600回以上 石神 里恵)