気温が下がり、暖房が欠かせない日も増えてきました。

暖房を使う時になるのが「乾燥」です。

部屋が乾燥していると快適さが損なわれるだけでなく、インフルエンザや風邪などの感染リスクも高まります。

そこで今回は、加湿器なしでも湿度を上げる方法を紹介。

加湿器が自宅にない方でもすぐに実践できますので、参考にしてみてください。

お金をかけずに部屋の湿度を上げる5つの方法

(1) 洗濯物を室内に干す

部屋の湿度を上げる手軽な方法は、「洗濯物を室内干しすること」。

洗濯物が含んでいる水分が蒸発することで、室内がほどよく加湿されます。

リビングや寝室など、加湿したい部屋に洗濯物を干すのもおすすめです。

(2) 濡らしタオルをかけておく

水で濡らしたタオルを室内にかけておくことも、洗濯物と同様の効果が得られます。

タオルの大きさを変えると、湿度の調整も可能です。

広い部屋を加湿したい場合は、大判のバスタオルを干すと湿度が上がりやすくなります。

(3) 水を入れたコップを置いておく

水を入れたコップを置いておくことも、加湿する方法の1つです。

コップに注がれた水が少しずつ蒸発して、湿度が上がります。

水よりは熱湯の方が加湿効果も高いです。

ただし、コップの水は加湿できる範囲が狭いため、室内全体の加湿には向きません

(4) 入浴後、浴室の扉を開けておく

入浴した後に扉を開けっ放しにしておくことで、浴室の熱気を利用し、湿度を上げることができます。

浴室の湿度を放出することは、カビ防止にも効果的です。

サーキュレーターや扇風機を使って、浴室の空気を循環させると、より効果が高まります。

(5) 石油ファンヒーターで暖を取る

「暖房器具=乾燥する」というイメージがあるかと思いますが、実は乾燥しにくい暖房器具もあります。

そのひとつが「石油ファンヒーター」です。

石油ファンヒーターは、灯油を燃やした際に、空気中の酸素を結びついて水を放出します。

灯油を1L燃焼すると、約1Lの水が排出されるため、加湿器を稼働させた時と同じような効果があるのです。

湿度を保って快適な冬を過ごそう

お金をかけずに部屋の湿度を上げる

今回紹介した以外にも、

「鍋ものを食べる」

「ケトルでお湯を沸かす」

「観葉植物を置く」など

加湿器に頼らずに湿度を上げる方法はたくさんあります。

加湿器を使っている方も、併用することで、より乾燥を防ぐことが可能です。

洗濯物を室内干しする、濡れタオルを干すなどは、今日からでも実践できます。

湿度を保つことは、インフルエンザを始めとする風邪対策にも効果的ですので、ぜひ生活の中に取り入れてみてください。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)