スマートフォンはもはや、身体の一部です。

使えない時間が一瞬でもあると大変なストレスですが、そのわりに脆弱な環境下で使っているのではないでしょうか。

楽天モバイルで2台持ちにして、スマートフォンのリスクを軽減する方法をご案内します。

費用はほとんど掛からず、むしろメイン端末を含めて安くなる可能性もあります。

楽天モバイル 2台持ちはお得

2台目を持つメリットとは

2台目のスマートフォンを持つことで、次のメリットがあります。

  • 非常時の対策
  • 通話を安くする。

楽天モバイルなら、これが安く実現できます。

使えないリスクを回避

スマートフォンが一時的に、または永久に使えなくなるリスクは多々あります。

  • 通信障害
  • 端末を壊す
  • バッテリー交換や修理により、数日手元にない

NTTドコモの通信障害もあった2021年、私の家族は上記3種類のすべてを経験しました。

2台持ちなら、不安は解消します。

固定電話への通話料金の問題も解消したい

非常時の対策のためだけに2台目を持つのは、出費がかさむように感じるので実現にしくいです。

楽天モバイルなら、もうひとつ解消できるテーマがあります。音声通話の料金です。

LINE通話だけで足りればいいのですが、固定電話に掛ける機会も確実にあります。

各社ともかけ放題オプションが用意されていますが、月千円以上と微妙に高いものです。

最初から通話料金ゼロ(専用アプリからの発信)の楽天モバイルの出番です。

デュアルSIMもあるが

最近は、SIMカードが2枚入るデュアルSIM対応の機種があります。

端末1台で、大手キャリアと格安SIMとが同時に使えます

使い方としてはスマートですが、通信障害時には対応できても、端末の故障・バッテリー劣化の場合はどうにもなりません。

2台持つメリットがあります。

楽天モバイルを2台目にするには

通信障害が過去に多く発生している楽天モバイルですが、非常用の回線としてなら、それほど不安はないでしょう。

できる限り安く楽天モバイルを使う方法を見てみます。

楽天モバイルは月額料金0円で使える

2021年12月現在、楽天モバイルの料金プランは、Rakuten UN-LIMIT VIのみです。

このプランは次のとおり非常に安価になっています。

  • 月1GBまで … 無料
  • 月3GBまで … 1,078円
  • 月20GBまで … 2,178円
  • 無制限 … 3,278円

Rakuten Linkアプリから発信すれば、「0180」「0570」など特殊な番号を除いて完全無料なので、通話メインで使うなら月額無料の可能性が大です。

容量を使った程度に応じて請求される仕組みなので、プラン変更の手間など、面倒はありません。

なお契約当初の3か月間は、データ通信を含めどれだけ使っても無料なので、触れる機会の少ない2台目端末であっても、徹底して使い、慣れておけます。

端末も無料で持てる

楽天モバイルは初期費用0円です。ちなみに解約手数料も0円なのでいつでもやめられます。

掛かる費用は、2台目の端末代金のみです。

非常用・通話用なら安価なAndroidがおすすめです。メインがiPhoneの人でも、3か月無料期間中に慣れればいいでしょう。

2021年12月現在、楽天モバイルでは新規端末購入キャンペーンを実施中です。

  • Rakuten Hand(本体価格2万円)購入 … 2万ポイント還元
  • OPPO A73(本体価格15,001円)購入 … 1万5,000ポイント還元

楽天ポイント(期間限定)での還元があるので、実質無料(または1円)で端末が手に入るわけです。

Android端末の場合最大2万5,000ポイント還元のキャンペーンもあり、もっと高額機種も実質2万5,000円引きで使えます。

メインの端末プランも安くできる

2台目を楽天モバイルにすると、メイン端末のプランにも、次の通り安心が生まれます。

  • 大手キャリアから、格安SIMに替えやすくなる
  • 無料通話が不要になる
  • 音声SIMからデータSIMに替えられる
  • 月の容量を少なめに設定できる(上限に達しても容量を追加購入せず、サブの楽天モバイルを使う選択肢がある)

例として、メイン端末を「OCNモバイルONE」にしていた場合、月額を下げられる点を見てみます。

月10GBの音声SIM … 1,760円

月6GBのデータSIM … 1,188円

無料通話オプション(935円~1,430円)を付けていたとしても、やめられます。

楽天モバイルなら、格安で2台目を持てる

楽天モバイルで2台目のスマートフォンを持つ方法を見てきました。

これで非常時にも、無料通話にも対応できます。

改めて、2台持ちの利便性と安心を確かめ、お得に2台持ちをしてください。(執筆者:沼島 まさし)