名鉄百貨店系を中心にした独自のポイントがミュースターポイントです。

交通系ICカードであるmanacaと連携させることで、ポイントが貯まっていくシステムです。

うまく利用すれば毎日の電車利用や買い物をお得にできるかもしれません。

今回は、ミュースターポイントの概要と貯め方、使い方を解説します。

ミュースターポイント

ミュースターポイントとは?

ミュースターポイントとは、愛知県名古屋市に本店を構える名鉄百貨店とその系列店で貯まるポイントのことです。

主なポイントの貯め方は「名鉄ミューズカード」を利用した決済ですが、交通系ICカードであるmanacaと連携させてポイントを貯めることもできます

なお、名鉄ミューズカードには年会費が1,250円かかります

しかし、年間税込5万円以上の利用があれば、年会費は無料です。

manaca定期券購入をしてしまえばペイしやすくなるので、有効活用しましょう。

名鉄ミューズカード

≪画像元:ミュースターポイント

ミュースターポイントの貯め方

ミュースターポイントの貯め方は、以下の2通りあります。

・ 名鉄ミューズカードを利用する

・ manacaで決済する

いずれの場合もミュースターポイントが貯まりますが、連携設定が必要な点には注意が必要です。

名鉄ミューズカードを利用する

ひとつ目は、名鉄ミューズカードを使用して決済する方法です。

利用できる範囲は限定されておらず、カード決済すれば0.5%の還元率でポイント付与が受けられます

それほど高い還元率ではないものの、定期券購入や、manacaへのチャージでポイントが付くのは名鉄ミューズカードだけ。

ミュースターポイントを貯めるなら、ぜひ作っておきたいクレジットカードです。

manacaで決済する

ミュースターポイントを貯めるもうひとつの決済方法が、交通系ICカードであるmanacaで決済することです。

ポイント還元率は名鉄ミューズカードと同じで、決済200円ごとに1ポイントが貯まります。

なお、交通系ICカードですが、電車などの利用ではポイントが貯まりません

提携店舗での決済に限定されるので注意しましょう。

ポイントは合算できる

ミュースターポイントの特徴でもあり注意点でもありますが、もし名鉄ミューズカードとmanacaを併用してポイントを貯めるのであれば、事前に連携しておく必要があります。

連携できていないと貯まったポイントはそれぞれ別々に計算・管理されてしまうようになっています。

連携しておけば、どちらで決済しても同じようにポイントが貯まるシステム。忘れずに連携しておきましょう。

ミュースターポイントの使い方

ミュースターポイントは、以下のような使い方ができます。

・ manacaにチャージする

・ 名鉄百貨店・めいてつオンラインショッピングで利用する

・ ポイントで商品を交換する

・ 提携先の別のポイントに交換する

使い方はさまざまで、自分が必要としたタイミングで利用できます。

1ポイント=1円で利用できるので、日頃の買い物などで活用しましょう。

ミュースターポイントが貯まらない原因と対処法

ミュースターポイントが貯まらないという口コミがありますが、そのほとんどは交通機関の支払いで貯まらないことを指しているようです。

先にもお伝えしたとおり、manacaで決済しても運賃ではポイントが貯まらないようになっています。

別のポイントとして「manacaマイレージポイント」があります

電車やバスで貯まるのはこちらのポイントなので、混同しないように注意しましょう。

日頃の買い物をお得に

ミュースターポイントは、名鉄百貨店系列の店舗をよく利用する人におすすめのポイ活手段です。

電車やバス利用でポイントが貯まらないのは注意ですが、賢く使えば日頃の買い物がお得になるかもしれません。

賢く活用して、ミュースターポイントでポイ活を始めてみませんか。(執筆者:中田 すぐる)