JR西日本が発行する交通系ICカード「ICOCA」でポイ活できるのをご存じですか。

普段から公共交通機関を利用している人にはおなじみかもしれませんが、実は運賃支払い以外でもポイントが貯まります。

今回は、ICOCAポイントの貯め方やメリット、使い方について解説します。

交通系ICカードでポイ活を始められるチャンスです。

ICOCAで ポイ活しよか?

ICOCAでポイントを貯める方法は?

ICOCAでポイントを貯めるには、まず利用登録が必要です。

方法は駅の自動券売機で申し込むやり方と、Webサイトを経由するやり方の2種類。

券売機の場合、個人情報の登録は必要ありません

Webサイトの場合は「Club J-WEST会員サポートページ」もしくは「ICOCAポイントサービス利用登録フォーム」で、以下の情報を入力しましょう。

・ ICOCA番号
・ 氏名
・ 電話番号
・ メールアドレス

早くポイ活をしたい場合はWebサイトから申し込みましょう。

ICOCAのサイト

≪画像元:JR西日本

なお、SMART ICOCAは登録不要です。

ポイントは200円=1ポイントとなります。

あとは電車や買い物で利用するだけです。

電車は時間や曜日・区間で付与されるポイントが異なります。

エリア内になる、以下の施設で買ものをすればポイントもゲットできます。

ただし、店舗は限定されているので注意が必要です。

・ ヤマト運輸
・ イトーヨーカドー
・ Ario
・ LOFT
・ デニーズ
・ ポッポ
・ ビックカメラ
・ ソフマップ
・ コジマ
・ curico(自動販売機)
・ コカ・コーラ(自動販売機)

ICOCAでポイントを貯めるメリット

ICOCAでポイントを貯めるメリットは以下の3点です。

・ 移動のメインがJRなら普段の生活で貯めやすい

・ 買い物や電車代に使える

・ キャンペーンでも貯まる

移動のメインがJRなら普段の生活で貯めやすい

提携商業施設の買い物でもポイントが貯まるため、移動の足がJRの場合だと貯めやすいポイントに入ります。

自身は今まで通り、ICOCAを使って電車に乗ったり、決済をしたりすればいいだけなので登録の手間以外はほぼかかりません。

買い物や電車代に使える

貯まったポイントは1ポイント=1円で利用が可能。

買い物や電車代で利用できます。

確認方法は、駅の自動券売機か、Webサイト申し込みで紹介した2サイトいずれ可能方法で確認できます。

キャンペーンでも貯まる

ICOCAポイントは、キャンペーンを実施していることがあります。

この期間で特定の条件を満たすと、ボーナスポイントが付与される仕組みです。

主なものとしてJR西日本が主催する「ポイント還元キャンペーン」があります。

基本的にはおでかけとポイント還元がセットになっています。

対象施設や駅までの運賃が、通常時の20%還元されることもあり、お出かけの強い味方にもなるでしょう。

エントリーが必要な場合もあるので、事前によく確認しておきましょう。

ICOCAポイントの注意点

JR西日本をメインで利用する人にはうれしいポイントですが、1点だけ注意すべきことがあります。

それは、ポイント利用前には、手持ちのICOCAにポイントをチャージしなければならない点です。

貯まったポイントはICOCA内で保管されるわけではなく、ネットワーク上で管理されています。

そのため、券売機などでポイント確認はできてもチャージしなければならないのです。

チャージするには以下の3つの方法を使いましょう。

・ 自動券売機
・ のりこし精算機
・ 入金機・クイックチャージ機(SMART ICOCAの場合)

まとめ

JR西日本をよく利用するなら、ICOCAポイントはぜひとも貯めておきたいポイントです。

日頃のおでかけがちょっとお得になったり、出先の買い物でポイントが使えたりできます。

事前の利用登録は必須ですが、年会費もかからずポイントも無期限。

ぜひこの機会にICOCAポイントに申し込んでみましょう。(執筆者:中田 すぐる)