新しい生活様式も定着してきた2021年の年末、そろそろ受験本番が近づき、学費のことや奨学金のことを調べている人も多いと思います。

「奨学金が返せないときはどうすればいい?」「奨学金を利用するデメリット」こうした見出しを見ると、心配も増えてきます。

「奨学金を利用して、返していけるのかな?」

「返せなくなったときはどうすればいいの?」

「そもそも奨学金ってよくわからない」

奨学金に関する情報や記事も多いので、かえってわかりにくいかもしれません。

そこで今回は、奨学金に関する素朴な疑問を銀行員が解説します。

私自身、大学進学のため奨学金を利用し、返済を終えた経験がありますので、生の声としてぜひ参考にしてください。

奨学金利用を 考えている人へ

奨学金の基本を解説

奨学金とは、経済的な理由で進学が困難な人に対し、進学するための資金を貸与(たいよ)する制度の総称です。

なお奨学金には返還不要なタイプもありますが、多くの人が利用するのは貸与型、つまり「奨学金を借りて、卒業し就職してから返していく」形式です。

そこでこの記事では貸与型奨学金について解説していきます。

奨学金とは? 日本学生支援機構の貸与型奨学金の場合

奨学金として代表的なのは、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)です。

以前は「日本育英会」という名称で、こちらのほうがなじみのある人もいると思います。

国の制度である日本学生支援機構の奨学金は、国内の大学、短大や専修学校への進学を目指す人を対象とした奨学金です。

まずポイントを並べてみました。

<日本学生支援機構の奨学金とは?>

●  日本学生支援機構の奨学金は、国の制度

●  奨学金には返付済不要の「支給型」と、返済が必要な「貸与型」がある

●  貸与型には無利息の「第一種奨学金」と、利息が付く「第二種奨学金」がある

●  進学先が「国公立と私立」「自宅通学と自宅外(下宿)」で金額が異なる

●  在学中の4年(または6年間)のあいだ、毎月指定口座に振り込まれる形式

●  4年生大学と短大、専修学校などで、それぞれ貸与月額が違う

●  利息は低利(参考・平成19年4月以降の例0.268%/年)

●  利用額により決まる返済期間は10年~20年程度

参照:日本学生支援機構

日本学生支援機構以外で進学費用を準備する方法

次に、日本学生支援機構以外で進学費用を準備する方法を2つ紹介します。

国の教育ローン

国が行う教育ローンが日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン」です。

特徴は以下のとおりです。

● 借りる人は親・保護者(学生本人の両親以外に、扶養している保護者が利用できる場合もあります)

● 利用限度額は子供一人につき最高450万円まで(自宅外通学まで、など条件あり)

● 金利は年1.65%(固定金利・保証料別・令和3年11月1日現在 家族構成や個別事情で最大▲0.4%の金利優遇あり)

● 融資期間は15年まで(在学中は利息払のみで、卒業後残額を期限までに分割返済)

参照:JFC日本政策金融公庫

教育ローン(民間銀行)

こちらは銀行、信用金庫、JAやろうきんなどの民間金融機関が取り扱う教育ローンです。

在学中は「借りて返して」反復利用できるカードローンとして使い、卒業時に残った金額を分割返済(証書貸付に自動変更)していく形式が主流になっています。

また民間の教育ローンでは、団体信用生命保険(※)が付帯される商品があるところが、大きな特徴です。

(※ ローンを借りる人が生命保険に加入し、死亡や高度障害になると保険金で借入残高を完済する仕組み。保険料は金利に含まれる)

参照:りそな銀行

その他の特徴は以下のとおりです。

民間の教育ローン

● 借りる人は親・保護者(注1)

● 利用限度額は500万円までが主流

● 金利は低く、カードローンと比較しても低利(注2)

<例>教育ローン:年4.475

カードローン:年10.600%~年13.600%

● 融資期間は10年以内(在学中は利息払のみで、卒業後残額を期限までに分割返済)

【注1】こちらも借りるのは親・保護者です。

進学する子供本人が借りることも可能(三菱UFJ銀行の場合)ですが、本人年収が200万円以上・勤続1年以上などの条件があり、かなり限定的なケースになっています。

そのため一般的には、教育ローンは親(保護者)が借りるものと言えます。

参照:三菱UFJ銀行

【注2】金利は三菱UFJ銀行のケースです。

教育ローンは特別金キャンペーンなど、銀行により金利が異なります。

参照:三菱UFJ銀行(2021年12月1日現在)
*教育ローンは「教育ローン(窓口受付専用商品)」、カードローンは「バンクイック」(利用限度額200万円以下100万円超の場合)

きちんと考えましょう

奨学金の返済を解説

「奨学金が返せなかったら?」と心配する前に、

返済はいくらくらいになるのか? といった点から見てみましょう。

【モデルケース】

大学4年間だといくら利用し、いくら返済しなければいけないのか?

では、一つモデルケースで見ていくことにしましょう。

私立大学・4年生・文系・第二種奨学金(貸与型)で毎月4万円を4年間利用した場合です。

返済のモデルケース

●  大学4年間の利用総額は? → 貸与額毎月4万円×12か月×4年=総額192万円

●  返済は? → 総額192万円・金利は0.268%/年・返済期間は13年間

毎月返済1万2,533円(ボーナス返済なし)・返済回数156回・返済総額195万5,214円

*返済額はあくまで一例です。

利用額(貸与額)と返済額は申し込む人の家計、その他個別事情で変わっていきますので、かならずご自身で確認してください。

参照:日本学生支援機構

毎回の返済額と他の支払いを比べるなら

この毎月返済額は、どのくらいの重さがあるでしょう。

いくつか比較してみます。

<毎月の支払、奨学金と比較>

● 奨学金の返済例:毎月約1万2,000円

● 携帯電話料金の平均:毎月約1万円(参照:総務省

● マイカーローン返済例:毎月約2万円(参照:三井住友銀行借入額200万円、10年返済、年利4.475%として)

● インターネット料金:毎月約5,000円(筆者調べ)

もちろんここで並べた料金が無駄とは言いません。

生活に必要な、誰でも払っているお金だと思います。

そして奨学金返済は特別に高額ではなく、負担感も大きくないと私は感じています。

私の返済経験~それなりに苦労はしました

ここで私が奨学金を返済した経験談を時系列でお話しします。

50代のおじさんが30年前に奨学金を返し終えた足跡

●  毎月返済12,000円も入社した頃は重かったけれど、頑張って返していった

●  マイカーローンを組んだ時も、奨学金返済とダブルで少し苦労した

●  結婚資金を貯めていたときは、奨学金がイヤだなあと感じていた

●  でも35歳で完済できたとき、自分で自分を褒めてあげた

恥ずかしながら、何度か返済が遅れたときもあります。

しかし、その後住宅ローンを借りることもできましたので、奨学金の遅れが影響しなくてよかったと、胸をなでおろした記憶があります。

誰の奨学金か? 誰が返すのか?

奨学金は「本人が返す、いや親が返す」と決めつけるのではなく「わが家で返す」ものだと私は思います。

そして大事なのは、奨学金を利用している事実をしっかり受け止めることです。

もし、お子さんと奨学金について話し合う機会があったら、こう伝えていただきたいです。

「目の前の現実からは目を背けないでください。」

奨学金を借金とは言いたくないですが、進学費用を借りることは間違いない事実です。

でも奨学金は悪いこと、恥ずかしいことではありません。それなりに大変でしたけど、なんとか返せましたよ。

と、経験者のおじさんがそう言っています。(執筆者:銀行員一筋30年 加藤 隆二)