節分は「豆をまくことで鬼を追い払い、新しい歳を迎えるための行事」です。

立春の前日、一般的に2月3日(まれに2月2日、4日)に行われます。

今後は2022年・2023年・2024年・2026年は2月3日、2025年は2月2日になる予定です。

ダイソーでは毎年節分グッズが販売されており、リーズナブルに鬼退治グッズを入手できます。

子どもたちと一緒に気合いを入れて、楽しみながら鬼を滅してしまいましょう!

※商品はすべて税込み価格です。

ダイソーの節分グッズ

豆まきの由来

・「魔を滅する」「魔目を射る」など語呂にかけたもの

・ 豆を与えることで、鬼に静まってもらう

・ 霊力のある五穀をまくことで、お清めになる

など、豆まきの由来は複数存在します。

鬼は夜に訪れると考えられているので、夜に豆まきできればベストですね。

難しければ日中でも問題ありません。

恵方巻

「恵方を向いて無言で食べ切ることができれば、願いが叶う」

とされている恵方巻。

江戸時代末期頃、商売繁盛祈願として始まったと言われています。

「縁を切らない」縁起物として、ここ20年ほどで急速に広まりました。

現在では、豆まきをするよりも恵方巻を食べる家庭の方が多いと言われるほどになっています。

太巻きを1本食べ切るのは、子どもやご老人には難しいかもしれません。

手頃なサイズを家庭で手作りするのも良いでしょう。

近年はロールケーキやトルティーヤも登場し、もはや巻物ならば何でもアリな状態です。

楽しみながら縁起を担ぎましょう!

ダイソーの節分グッズ

ここからは、ダイソーの節分グッズ6品をご紹介します。

1. お面(赤鬼、青鬼)

ポリ塩化ビニル製のお面です。

赤鬼と青鬼から選べます。

赤鬼の方がたくさん売れるので、青鬼は少なめに発注されることが多いです。

青鬼狙いの方は売り切れる前に、早めにゲットしておきましょう。

後ろにゴムが付いているので、開けてすぐに使えます。

対象年齢が6歳以上となっており、もともとは子ども向けのお面です。

大人も被ることができますが、大人の男性は特に、ゴムがキツく感じるかもしれません。

使う前に確認し、必要であればゆるいゴムに交換しておくと良いでしょう。

お金をかけずにお面を用意するのであれば、ネットのフリー素材を活用するのも1つです。

好きな絵柄の素材を選んで印刷すれば、紙とインク代だけで済ませることが可能です。

市販品は700~1500円程度しますが、ダイソーは110円で購入できます。

イベントで年1度しか使わないのであれば、ダイソー商品でも十分使えると思います!

2. 豆(大豆、落花生、節分豆、豆菓子)

ソフト煎り大豆

ダイソーの店頭に並ぶ豆としては、「ソフト煎り大豆」「ポリッピー」「五色豆」「節分豆」などがあります。

節分で使われる豆は、大豆や殻付きの落花生など、地域によって異なります。

もともとは大豆でしたが、衛生面や拾いやすい大きさから、殻付き落花生が全国に広まりました。

大豆がそのまま入った商品の方が、たくさん量が入っているので安いです。

しかし、近年は衛生面の点からも、個包装の商品の人気が高くなっています。

個包装だと内容量は少ないですが、撒いてもホコリが付かず、探しやすいので安心ですね。

中身もバラエティが増え、大豆だけでなく柿ピー、甘納豆なども多く並んでいます。

ご家族の好み、後片付けの手軽さ、衛生面など、各家庭に合わせて選んでみてください。

市販の豆は国産か海外産によって、大きく価格が変わります。

ダイソーのソフト煎り大豆は、74g入り108円です。

イオンの素煎り大豆(国産)は120g213円で、ダイソーと同じ74gに換算すると132円です。

同じ商品でも220g入りは321円で販売されており、74gあたり108円とダイソーと同価格です。

人によって産地、価格など、こだわる部分は異なります。

少量で良いならダイソー、大量に必要なら市販品を価格によって検討してみましょう。

ダイソーには、豆のみの商品と、紙製のお面が付属している商品があります。

お面が必要な方はお面付き、豆だけ必要ならお面なしを選んでください。

紙製のお面は、耳のゴムは付いていないので注意しましょう。

耳の部分に穴は開いているので、自分でゴムを取り付けて使ってください。

3. 升(木製、プラスチック製)

升

プラスチック製の升は、黒と赤のカラーリングから選ぶことができ、艶があります。

お酒や豆を入れて使うことで、節分の雰囲気作りにひと役買ってくれることでしょう。

プラスチック製一合升

材質:ABS樹脂

容量:190ml(満水量)

耐熱:80℃

耐冷:‐20℃

煮沸、食洗・乾燥器、電子レンジは使用できません

木製の升は、優しい木の感触を楽しむことができます。

コーティング等はされていないので、お子さまに持たせる際は注意が必要です。

ケガをしないよう、断面にささくれなどがないか購入前に確認し、必要であればやすり掛けを行ってから使用してください。

木製の升に自分でペイントや書き込みをして、オリジナル升を作っても楽しいですね。

ダイソーは110円で販売しています。

市販品は1つ300~800円ですが、1個単位ではなく、購入ロットが大きいことが多いです。

ダイソーは1個から購入できるので、手間もかからず価格も安いのでお得に入手できます。

4. 巻き寿司セット

巻き寿司セット

しゃもじ、巻きす、巻き寿司用の枠、デコ寿司(押し寿司)用の枠などがあります。

市販品はそれぞれ300~1,000円程度しますが、ダイソーはどれも110円です。

家族みんなで手巻き寿司を作るための、食卓用の容器は660円です。

材料を買ってきて、恵方巻を作るところから家族みんなで始めても楽しそうですね!

巻きすは使う頻度が少ないグッズなので、ダイソー製品でそろえて節約しましょう。

巻きす

5. かつら

赤いアフロかつらは、ダイソーなら220円で手に入ります。

お面だけだと変装としては物足りないと感じる方は、髪型を近づけてみましょう。

市販のかつらは1,500円程度するので、220円で手に入るのは、とても安くてお得です。

アフロかつらは使うイベントが限られるので、安い値段で入手できるとありがたいですね!

番外編:おもちゃの刀

おもちゃの刀

去年&今年は鬼を滅するアニメが大人気でした!

こんな刀を用意しておけば、小さな鬼狩りの子どもたちが、鬼に勇敢に立ち向かっていこうとするかもしれません。

素材は発泡ポリエチレンでできており、当たってもあまり痛くない素材でできています。

ダイソーは1本110円で販売しています。

ダイソーは1本110円

6歳以上であれば、プラスチック(ポリエチレン・ポリプロピレン製)の「武士の刀」110円、光るプラスチック(ABS樹脂、ポリエチレン製)の「忍者刀」220円(単3乾電池が3個必要)という商品もあります。

市販品のおもちゃの刀は1,000~数千円と、ディテールが凝っている分、価格はかなり高めです。

簡易的な刀で良ければ、ダイソーのおもちゃの刀でも十分楽しめるでしょう。

雰囲気だけでも子どもたちはその気になれるので、小道具として活用してみてください。

ダイソー節分グッズで招福祈願

ダイソーを有効活用することで、お金を掛けなくても、節約しながら節分を楽しむことができます。

家族が健康で毎日過ごせることに感謝しながら、鬼退治と招福祈願をしましょう!(執筆者:山城 奈々)