筆者が愛用しているリクルートカード、特に、電子マネーへのチャージで重宝していました。

ところが、一部変更点があるとのことで、対策と合わせて解説します。

チャージの還元率

リクルートカードは電子マネーへのチャージでも1.2%還元

リクルートカードは電子マネーへのチャージでも1.2%還元
≪画像元:リクルートカード

リクルートカードの還元率は、1.2%です。

多くのクレカでは、電子マネーなどへのチャージ利用分に対しては、還元率を減少させたり還元対象外にしたりしています。

しかし、リクルートカードは電子マネーチャージ利用分に対しても、還元率1.2%です。

貯まったリクルートポイントは、dポイントやPontaポイントに交換でき、利便性も申し分ありません。

2/16より、JCBブランドでの電子マネーチャージ利用分の還元率が「0.75%」に

還元率が下がります
≪画像元:リクルートカード

ところが、電子マネーチャージ利用分に対して、2月16日より変更が加わります。

JCBブランドでの電子マネーチャージ利用分の還元率が「1.2%→0.75%」にダウンするのです。

対象となる電子マネーは、nanacoとモバイルSuicaです。

nanacoクレジットチャージへの新規登録は不可

nanacoクレジットチャージへの新規登録は不可
≪画像元:リクルートカード

2020年3月11日をもって、nanacoクレジットチャージサービスへのリクルートカードの新規登録は、不可となりました。

今からnanacoに新規登録してチャージしようとしても、できません。

JCBブランドで新規登録可能なのは、モバイルSuicaのみです。

月間合計3万円分までがポイント還元の対象

改悪前に、できるだけ電子マネーにチャージしようとする人もいるでしょう。

まず、ポイントの集計期間に注意してください。

リクルートポイントの月間集計期間は、毎月16日~翌月15日です。

直近の月間集計期間は、1月16日~2月15日になります。

そして、全ての電子マネーの合計で、月間3万円までしかポイント還元の対象となりません

家族カードを持っている人も、本カードと家族カードの合算で3万円です。

2月15日の夜中にチャージすると、集計に時間がかかって、カード会社にデータが届くのが翌日以降となる可能性があります。

改悪後の対策を3つ紹介

リクルートカード(JCB)の改悪でどうしようか、頭を抱えている人もいるでしょう。

ここからは、対策を紹介します。

リクルートカード(Visa/Mastercard)

リクルートカード
≪画像元:リクルートカード

まずは、Visa/Mastercardブランドのリクルートカードです。

今回の改悪はJCBブランドのみで、Visa/Mastercardブランドはその限りではありません。

すでにJCBブランドを持っている人も、発行元が異なるVisa/Mastercardブランドのリクルートカードを、1枚発行できます。

JCBとVisa/Mastercardはチャージ上限が別枠ですから、2枚持ちなら合計6万円まで電子マネーチャージでポイントが付きます

Visa/Mastercardブランドは、ETCカードの新規発行手数料が1,000円かかる点がデメリットですが、それ以外はJCBブランドとほぼ変わりありません。

チャージ可能な電子マネーは、JCBブランドより多いです。

モバイルSuicaのヘビーユーザーなら「ビューゴールドプラスカード」も

ビューゴールドプラスカード
≪画像元:JR東日本

モバイルSuicaのヘビーユーザーは、ビューカードも候補に入れるといいでしょう。

特におすすめは、「ビューゴールドプラスカード」です。

オートチャージ機能付きで、オートチャージなら1.5%還元されます。

・モバイルSuicaでの定期券購入:10%還元

・モバイルSuicaでの定期券購入:6%還元

・きっぷ・定期券などの購入(券売機、みどりの窓口など):1%還元

など、ゴールドカードならではのお得がいっぱいです。

Apple Pay経由でnanacoやSuicaを使う

Apple Pay経由でnanacoを使う
≪画像元:nanaco

iPhoneやApple Watchユーザーは、Apple Payを使うという手もあります。

カードタイプでは新規登録不可のnanacoも、Apple Payのnanacoなら新規登録可能です。

チャージでポイントが貯まるクレカも、カードタイプより増えます。

Suicaにも、「Apple PayのSuica」というものがあります。

ただし、Apple PayのSuicaはモバイルSuicaより、利用できる機能に制限がありますので、注意してください。

 

 

2月15日の日中にはチャージを完了させよう

2月16日より、リクルートカード(JCB)における電子マネーチャージの還元率が、0.75%にダウンします。

2月15日の夜中にチャージすると、集計が遅れて翌日以降の取り扱いとなり、還元率が減ってしまうかもしれません。

余裕を持ってチャージしてください。

2月16日以降は、紹介した対策をとってもいいでしょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)