大人も子供も大好きな丸亀製麺。

毎月恒例の「釜揚げうどんの日」、2月1日は中止の発表がありました。

その代わり、アプリクーポンを配布されています。

丸亀製麺のアプリでは「釜揚げうどんの日」以外にもお得なアプリクーポンを配布しており、節約効果を調べたところ、1月度は380円分の節約ができたとわかりました。

スタンプカードもあるため、丸亀製麺によく行く方はアプリを使うとお得に利用できます。

アプリでのメリットをまとめ、節約効果は合計いくらになりそうか計算してみました。

丸亀製麺公式アプリ

丸亀製麺 2月1日の「釜揚げうどんの日」はお休み

丸亀製麺 2月1日の「釜揚げうどんの日」はお休み
≪画像元:丸亀製麺

毎月1日は丸亀製麺の「釜揚げうどんの日」。

釜揚げうどんの日とは、丸亀製麺の看板商品でもある「釜揚げうどん」が半額で楽しめる日です。

毎月1日限定の恒例イベントなのですが、2022年2月1日は開催中止になりました。

実は先月も、2022年1月1日も釜揚げうどんの日はお休みでした。

その代わり、丸亀製麺が実施しているのは「アプリクーポン」です。

アプリクーポンを受け取るには、丸亀製麺の公式アプリインストールが必要です。

そして、2月度もアプリクーポンが配布されています。

アプリで釜揚げうどん150円引きクーポンを配布

丸亀製麺 公式アプリやお得に食べる方法
≪画像元:丸亀製麺

2022年2月の釜揚げうどんの日はお休みになった代わりに、丸亀製麺アプリ内で釜揚げうどん150円引きクーポンを配布します。

配布期間は2022年2月2日~2月28日で、使用期限は2月28日

期間内であれば自分が好きな日に利用できます。

丸亀製麺 公式アプリやお得に食べる方法

丸亀製麺の公式アプリでは、釜揚げうどん150円引きクーポンがもらえるほか、配信クーポンと呼ばれるクーポン、スタンプをためてうどんが1杯無料になるサービスも行っています。

うどんのほか、野菜かき揚げなど天ぷらの割引クーポンが配信されていることがありお得です。

また丸亀製麺では、アプリ以外でお得に食べる方法もあります。

1. 配信クーポン

丸亀製麺アプリではお得なクーポンが配信されています。

丸亀製麺の配信クーポン
≪執筆者撮影≫

丸亀製麺でのクーポンで得できる1か月の節約効果を計算してみました。

※2022年1月度

・ 釜揚げうどんの日半額券:150円相当額

・ お好きなうどん50円引き券

・ お好きな天ぷら30円引き券

・ 野菜かき揚げ無料券・:150円相当額

合計で月380円相当額の節約効果があります。

単純に12か月同じ内容が続くと仮定すると、4,560円の節約です。

注意点

注意点はクーポンには有効期限があることです。

1月度に配信されたクーポンでは、1月31日まで、2月20日までなど種類によって有効期限があるので注意しましょう。

釜揚げうどんの場合、利用できる条件は「店内利用のみ」「持ち帰り不可」。

ほか、1回あたり1人1枚のクーポン利用限定(複数利用はできない)などの条件もあります。

しかし、何度も丸亀製麺に行く人にとっては多くのクーポンが届き、うれしい内容になっているはずです。

2. 10回スタンプを集めると1杯無料券ももらえる

10回スタンプを集めると1杯無料券ももらえる
≪画像元:丸亀製麺

丸亀製麺アプリには、スタンプ機能もあります。

・ アプリでクーポンを利用するか、

・ レシートについている二次元バーコード読み取りで

来店スタンプがたまります。

10個のスタンプが集まると、うどん並、かけ・ぶっかけ・ざるのいずれかと交換してもらえる無料クーポンと交換できます。

1か月のうち、10回行くと340円分、20回行くと680円分が無料になる計算です。

丸亀製麺に行く頻度が高い人は早くスタンプがたまります。

3. 株主優待券があれば支払時に利用もできる

丸亀製麺は、株式会社トリドールが運営する店舗です。

丸亀製麺で利用できる株主優待券があれば利用できます

内容は、100株以上200株未満だと、100円優待券30枚分が年2回もらえます。

100円単位で使えるため、少額のお会計でも利用できます。

株主優待を目的に株投資を行う「優待族」の中には、優待券を上手に使って、食費を上手に節約している方もいます。

参考:トリドールホールディングス 株主優待の内容

4. キャッシュレス支払いができる店舗も

キャッシュレス支払いができる店舗も
≪画像元:丸亀製麺

丸亀製麺では、キャッシュレス支払いができる店舗もあります。

iD、メルペイ、楽天Edy、auPAY、PayPay、d払いなど利用できます。

※一部、キャッシュレス決済が利用できない店舗もあります。

5.(2/3~2/20)お会計時にはdポイントカードを提示

お会計時にはdポイントカードを提示
≪画像元:NTT DOCOMO

食べる日にこだわることで、ポイントも多くなります。

丸亀製麺でお会計時にdポイントカードを提示して、「dポイント15倍進呈」が実施されます。

期間は2月3日~2月20日

丸亀製麺のクーポンは2月2日から28日まで使えますが、dポイントを多くもらいたいのなら2月3日~20日を狙いましょう。

6. うどん札を集めて交換

丸亀製麺に行くと、1杯ごとに1枚の「うどん札」をもらえます

うどん札を集めると、トッピングや天ぷら、うどんが無料になります。

3枚で:トッピングひとつ無料

5枚で:天ぷら100円引き

10枚で:うどん並1杯無料

トッピングは、大根おろしやとろろ、温泉玉子など。

丸亀製麺にひんぱんに行く人は、うどん札を集めて利用することでもお得になります。

丸亀製麺利用する人はアプリやお得な制度をチェック

2月度の丸亀製麺、残念ながら釜揚げうどんの日はなくなってしまいましたが、かわりにアプリ内に割引クーポンがあるためチェックしてみてください。

使えるのは2月2日~28日なので、ご都合のいい好きな1日を自由に選べるのも便利です。

アプリでは利用するごとにスタンプがたまります。

うどん札やキャッシュレス払いにするなどで、よりお得に利用しましょう。

丸亀製麺によく行く人はアプリをインストールすることをおすすめします。(執筆者:お得への情熱は誰にも負けない 谷口 久美子)