2021年は後半から楽天ROOMにて売上を獲得できるようになった筆者ですが、2022年1月は果たしてどうだったのでしょうか?

1月の売上実績報告と、継続して売上を獲得するための対策について改めて考えてみましたのでご紹介していきます。

今月の売上は

1月の楽天ROOMの売上実績報告!

楽天ROOMの売上実績報告

 

 

2022年1月の累計売上金額 … 0円

残念ながら、2022年一発目に売上獲得!とはなりませんでした。2021年後半は順調でしたが、まだ軌道に乗ったとは言えないようです。

フォロワーについては4,000人から約4,500人になり、1か月で約500人増えました。紹介した商品は15品に対して1月は14品だったのでほぼ同じです。

「いいね」については160を超えているものもあるので、ページを見られている回数は以前よりも増えていると考えられます。

このようにROOMの充実度はアップしていますが、すぐに売上につながらない点が楽天ROOMの面白い点であり、反対に難しい点でもあるでしょう。

2月に楽天ROOMで売上を獲得するための対策

2月に楽天ROOMで売上を獲得するための対策を見ていきます。

フォロワー増やし・いいね返しは継続

フォロワー数は多ければ多いほど、ROOMを見てくれる人が増え、購入される確率もアップします。

「いいね」も他人の紹介した商品につけていけば、お返しついでに自分のROOMを見てもらえるので継続すべきです。

今までいろいろな方法でやってきましたが、やはり「1日30人フォロー&10いいね返し」が最も続けやすいと感じています。

週に1回まとめてやるより、毎日コツコツと続けたほうが面倒に感じにくいため、引き続きこの方法で行うことに決めました。

紹介商品はリーズナブルな価格のものを多めにする

今まで売れた商品はほぼ「1,000円ポッキリ」商品でしたが、最近はあまり1,000円商品を紹介できておらず、高めの商品や自分が実際に買った商品に偏っていました。

高い商品を買われたほうが売上は伸びますが、購入者目線だと安い商品のほうが買いやすいはずです。

そのため、2月は高い商品だけでなく、リーズナブルな価格の商品を多めに紹介してみます。

SNSでの拡散に力を入れる

1月はInstagramでしか楽天ROOMを紹介できませんでした。

タイミングはお買い物マラソン中を狙っていたので良かったとは思いますが、やはり拡散場所は一つでも多いほうが購入確率はアップします。

筆者はInstagram以外にTwitterも利用しているので、2月はTwitterでも定期的に拡散する予定です。

ROOMそのものを紹介するだけでなく、商品のおすすめポイントやレビューをそえて、ROOM内の商品URLも紹介すると売上獲得につながるかもしれません。

ほかのユーザーにコメントしてみる

筆者の紹介した商品にも、定期的にほかのユーザーからコメントがつくようになりました。

多くが「フォローありがとうございます」というものですが、コメントをくださる人が一定数いるということは、何か意味があるのではと感じています。

今まではいただいたコメントに返信するだけで精一杯だったため、2月は自分からもコメントしていく予定です。

コツコツ続ければ自分に返ってくると信じる

1月は残念ながら売上は0円でしたが、やはりここで諦めず、コツコツ続けていくのが売上金獲得のために重要なことだと感じています。

昨年は一気に10万円オーバーの売上を獲得できた月もあったので、諦めず2月もできることを続けていくつもりです。

継続していけば、いつかその分自分に返ってくるでしょう。(執筆者:メルカリ取引700回以上 石神 里恵)