この記事では、粉末系のインスタントスープを使って、ほぼ混ぜるだけで作れる節約簡単冬メニューを3つ紹介します。

どのレシピも簡単ですし、メインを張れるものばかりなので、お財布が寂しい時の節約ごはんとして活用できます。

じゃがいものポタージュスープ リゾット風(1食/約90円)

じゃがいものポタージュスープ リゾット風

とろ~りチーズが、寒い朝やランチ時にピッタリの1品です。

リゾットを作るのは手間だけれど、カップスープの素を使えば、手間はほぼなく3分以下で作れます。

パセルやバジルがあれば、最後にを振りかけることで見栄えが断然よくなりますので、ぜひ試してみてください。

材料

・ じゃがいものポタージュスープ → 1袋

・ 水 → 150ml

・ とろけるチーズ → 1枚

・ ごはん → 150g

※あれば、パセリもしくはバジルを最後に振る

クノールの「ポタージュとろとろクリーミー」

今回のレシピで使用したカップスープは、クノールの「ポタージュとろとろクリーミー」で、税込321円で購入しました。

作り方

1.  グラタン皿に、150mlの熱湯でカップスープの粉末を溶く

2.  1に、ごはんを150g入れ、とろけるチーズを乗せて180度のトースターで5分ほど焼く

3.  チーズに焦げ目がついたらでき上がり

ふんわりたまごスープ雑炊風(1食/約70円)

ふんわりたまごスープ雑炊風

「ごはんぐらいしかない!」という朝に、ぜひ作ってほしい1品です。

朝から鍋に火を入れたりするのは大変ですが、お湯を沸かしてトースターで焼けば、簡単にご飯に味を沁み込ませることができます。

材料

・ ふんわりたまごスープ → 1袋

・ 水 → 150ml

・ ごはん → 150g

カンピーの「ふんわりたまごスープ」

今回のレシピで使用したカップスープは、カンピーの「ふんわりたまごスープ」で、税込213円で購入しました。

作り方

1.  グラタン皿に、150mlの熱湯でカップスープの粉末を溶く

2.  1に、ごはんを150g入れ、180度のトースターで5分ほど焼いたらでき上がり

オニオンコンソメパングラタン(1食/約90円)

オニオンコンソメパングラタン

食パンとカップスープの素さえあれば、食べ応えのあるパングラタンが作れます。

最後にパセルやバジルを振ることで、グンと見栄えもよくなりますので、ぜひ試してみてください。

材料

・ オニオンコンソメ → 1袋

・ 水 → 150ml

・ とろけるチーズ → 1枚

・ 食パン → 1枚(6枚切り)

※あれば、パセリもしくはバジルを最後に振る

クノール「オニオンコンソメ」

今回のレシピで使用したカップスープは、クノール「オニオンコンソメ」で、税込321円で購入しました。

作り方

1. グラタン皿に、150mlの熱湯でカップスープの粉末を溶く

2. 6枚切りの食パンを6等分し、1.にしみ込ませながら入れていく

3. 2に、とろけるチーズを乗せて180度のトースターで5分ほど焼く

4. チーズに焦げ目がついたらでき上がり

手間をかけずに簡単節約

今回紹介したように、カップスープなど市販のものを利用することで、調理の手間を抑えながら簡単に節約することもできます。

粉末スープなどは売り出しで安く買えて長期保存もできるので、ぜひ安いときに買い溜めしておいて、忙しい朝やピンチのときに活用してみてください。(執筆者:山内 良子)