メルカリshopsは、メルカリアプリ内で開設できるショップのことです。

普段使っているメルカリアカウントはそのままに、出店用のアカウントが簡単に作成でき、個人アカウントとの使い分けも可能。

しかし中には、

「メルカリの個人アカウントとメルカリshops、どっちがお小遣い稼ぎしやすいの?」

と疑問に思う人もいるはずです。

今回はメルカリとメルカリshops、どちらがお小遣い稼ぎに向いているか解説します。

メルカリとメルカリShops、どちらがお小遣い稼ぎできるか

メルカリVSメルカリshops、どっちがお小遣い稼ぎしやすい?

先に結論をお伝えすると、メルカリかメルカリshopsかどちらがお小遣い稼ぎしやすいかは、人によって異なります

通常のメルカリは商品を1つずつ出品し、在庫管理は行いません。

コメント欄にて値下げ交渉に応じたり、質問に回答したりする必要があります。

しかし、メルカリshopsは

・ まとめて出品が可能

・ 在庫管理ができる

・ 値下げ交渉なし

など、個人のメルカリアカウントと特徴が異なるのです。

特徴が違えば適した人も違うため、どちらがお小遣い稼ぎに向いているかは人によって異なるということ。

一概にメルカリがいい!メルカリshopsがいい!とは言えないのです。

メルカリShops
≪画像元:ソウゾウ

メルカリ個人アカウントでお小遣い稼ぎしやすい人は?

では次に、メルカリ個人アカウントのほうがお小遣い稼ぎしやすい人の特徴を見ていきます。

【個人アカウントがおすすめの人】

・ 大量に出品する必要がない人

・ 在庫管理が不要な人

・ 値下げ交渉により売却スピードを上げたい人

通常のメルカリでは、まとめての出品と在庫管理ができません

そのため、不要な物が出たときに都度出品する人や、同じものをたくさん出品する必要がない人は、わざわざメルカリshopsを開設する手間をかける必要はありません。

それより、商品を売れやすくするテコ入れのために時間を使ったほうが、お小遣い稼ぎにつながります。

そのほか値下げ交渉に応じることで、売却スピードをアップさせたい人にも通常のメルカリのほうがおすすめです。

メルカリは値下げ交渉に応じると売れやすい傾向にありますが、メルカリshopsでは値下げ交渉する場がありません。

そのため、ユーザーに「この価格なら購入したい」と希望価格があったとしても、それを知る術がないため、徐々に値下げしないと売れない可能性もあります。

出品数が少ない場合、売れやすさで言えば値下げ交渉に応じるほうが早いですから、高値で売れることより売却スピードを上げたい人に通常のメルカリは向いています。

メルカリshopsのほうがお小遣い稼ぎしやすい人は?

メルカリshopsのほうがお小遣い稼ぎしやすい人の特徴は、

・ 1度に大量出品する人

・ 在庫管理が必要な人

です。

たとえばもともと販売業をやっており、販売方法の1つとしてメルカリshopsを選ぶ場合は、1度に大量出品するときがあります。

通常のメルカリでは1つずつ出品するしかないので、手間がかかり、効率の良いお小遣い稼ぎとは言えません。

同じ商品を多数販売する人も、在庫管理できるメルカリshopsのほうが楽です。

1つずつ出品する通常のメルカリより、メルカリshopsで1種類だけ出品し、在庫数設定をしておいたほうが簡単に販売できます。

値下げ交渉機能がないと一見「売れにくいのでは」と思うかもしれませんが、トータルの出品数が多いので、売れやすい価格設定にしておけば、トータルの利益はそこまで少なくはならないでしょう。

むしろ、大量の商品を通常のメルカリで出品し、値下げ交渉に応じていたほうが、手間がかかって1か月の売上が低くなる可能性もあります。

1個ずつ出品してたら大変

メルカリかメルカリshopsかは出品したい商品ごとに使い分けよう

このように、メルカリとメルカリshopsは特徴が異なるので、それぞれどんな人におすすめかも違ってきます。

まずは自分が出品する商品はどちらのほうが出品しやすく、そして売れやすいのかを考えてみてください。

メルカリshopsの月額費用は無料なので、出品するものによって使い分けられるようひとまず開設しておいても良いかもしれません。(執筆者:メルカリ取引700回以上 石神 里恵)