キャッシュレスが進化した令和の現在、ひとり5枚から10枚のクレジットカードを持っていても、まったく問題ありません。

「クレジットカードの枚数は絞った方がいい」などと書かれたコラムを読むと、時代錯誤に感じます。

カードの多数持ちで得をする方法をご案内します。

クレカ多数持ちで 得をする方法

「クレジットカードは絞り込んだほうがいい」というウソ

クレジットカードは積極的に枚数を持ちましょう。

一見、数を絞る理由がありそうに思える次の方にも、むしろ枚数を持つことをおすすめします。

・ メインカードのポイントボーナスが高く、年間100万円以上使う必要がある

・ メインカードのポイント還元率が他より高い

・ メインカードがプラチナ以上またはマイル系

厚めに使う1枚があっても、数を持たない理由にはなりません。

利用頻度はバラバラでいいですし、まったく使わないカードなら解約して構いません。

持っているカードはすべて働かせましょう。

もちろん、ムダな買い物などしなくていいのです。

快適なキャッシュレスはクレジットカードの枚数から

本格キャッシュレス時代においては、クレジットカードの数が多ければ、メリットも比例して多くなります。

最近は銀行口座から即引落しになるデビットカードもメリットの大きいものが増えましたので、併せて使うのもおすすめです。

カード枚数が多くてもデメリットはない

「カード枚数が多いと心配ごとが多いのでは」

そう思う方は、懸念材料を次の通り先取りして解決しているので、ご覧ください。

・ 持ち歩くのは2~3枚にする(自宅に置いておけば紛失しない)

・ 持ち歩かないカードも、スマホ決済で利用する

・ 年会費も無料(または実質無料)のカードが多く、維持費は掛からない・ ポイントも有効期限が伸び、使い道も増えたため、「利用を分散した結果ポイント失効」という可能性は少ない

・ 支払日は10日、27日前後のカードが多いので、どちらかの日に寄せたカードを増やせば、支払い漏れの危険も少ない

・ キャッシング枠は付けなくていい

・ 1枚ごとの限度額を下げれば、新たなカードの審査にも通りやすい

・ 多数のカードを管理できるかどうかはユーザーの才覚次第。「管理できないだろう」と先んじて言われ、従う筋合いはない。

「クレジットカードの枚数を絞れ」という記事を読むと、解消容易な懸念材料を広げ過ぎている印象を受けます。

スマートフォンにアプリが何でも入る昨今、どんな店舗に行ってもなにかしら恩恵を受けられると、非常に気分のいいものです。

カードを選ぶ・その1(共通ポイント等)

次の8種類の「ポイント」「QRコード決済」「電子マネー」に対応するクレジットカードのうち、半分以上持って損はありません。

カッコ内はおすすめカードです。

系列外に優秀なカードがあれば、そちらを優先して記載しました。

・ 楽天ポイント(楽天カード)

・ dポイント(リクルートカード)

・ Ponta(Ponta Premiuma Plus)

・ Tポイント(TカードPrime)

・ au PAY(エポスゴールドカード)

・ モバイルSuica(エポスゴールドカード)

・ Vポイント(三井住友VISAカード)

キャッシュレスアイテムと組み合わせた際、Wポイントになるものを選ぶカードが肝心です。

共通ポイントも、複数使って損になることはありません。

いずれもスマホアプリで使えますし、貯め続けている限り失効しません(dポイントは有効期限4年)。

「貯めるポイントも絞らないと損をする」という考え方もありますが、負担がないのにそうするのはいい考え方ではありません。

最も人気のあるPayPayを記載しませんでしたが、これについては系列のPayPayカード(Wポイントにならない)でなく、次の方法でもいいでしょう。

・ 通常時はVISA、Mastercardブランドのカード払い

・ 大型キャンペーン時は、銀行口座または現金からチャージ

カードを選ぶ・その2(特定商業施設)

特定商業施設で割引、ポイント還元のあるカードは、生活に合わせ何枚かあっていいものです。

一例です。

・ イオンカード
・ ビックカメラSuicaカード
・ 三井ショッピングパークカード《セゾン》
・ タカシマヤカード
・ ルミネカード

特定商業施設で、系列のカードを使って得られる「割引」(ポイント大幅還元も含む)は、一般のクレジットカードのポイント還元率より大きい場合が多いです。

よく行く商業施設やスーパーに合わせたカードは、持っていて損はしません。

カードを選ぶ・その3(入会キャンペーン)

入会キャンペーンが1万円近くと、多額のカードは常におすすめです。

平常時に絶対に使わないことが明らかなカードを、キャンペーン狙いで申し込むとなると、さすがに空しく感じるかもしれません。

ですが多くのカードに、意外と使い道があるものです。

私はめったに使わない百貨店系のカードで、公共料金を1種類だけ引き落としています。

ポイント還元率には見るべきものはありませんが、楽天銀行の引落し実績が増え、手数料無料となるため結果的に得をしています。

クレジットカードは多いほうがいい

審査に通る限り、クレジットカードは枚数の多いほうが、今の時代は絶対に得になります。

古い考え方を捨て、積極的にキャッシュレスの恩恵を味わってください。(執筆者:沼島 まさし)