おうち時間の料理が面倒くさい、いつも同じようなメニューのローテーションになる、レシピ通りに上手にできない…といった調理ストレス。

誰でも少なからず感じてしまうものですよね。

手間のかかる下ごしらえ、お店でしか食べられなかったあのメニュー、収納がごちゃごちゃしがちなキッチングッズ、そういった悩みを解消するアイテムが続々登場しています。

今回は料理のストレスを吹き飛ばす時短や省エネ、ストレスフリーを実現する便利なキッチンアイテムを紹介します。

キッチングッズで料理を楽しむ

家事問屋

家事問屋

≪画像元:下村企販株式会社

「暮らしに寄り沿う(サイズ・機能)」「素材を活かす(こわれにくい・永く使える)」「技術で応える(産地新潟の集積技術)」の3つをコンセプトに、使い心地の良い商品を作り続けている「家事問屋」。

使う人の気持ちを考え、プラスアルファの配慮がなされたアイテムを販売しています。

見た目はシンプルですが、幅広い世代が使いやすい飽きの来ないデザイン。

ここではそんな「家事問屋」の「絶対手に入れたくなる便利グッズ」をご紹介します。

「ベーコンプレス」:3,960円

ベーコンやお肉の上に置いてプレスしながら焼くことで、表面はカリカリに、中身はジューシーに仕上がります。

プレス面を上にして鍋などに入れると蒸し器としても使えます。

シンプルな作りなのでお手入れも簡単。直径16cm以上のフライパンに使用できます。

「かき揚げリング」:1,430円

かき揚げリング

≪画像元:下村企販株式会社

横に広がってしまいがちなかき揚げですが、これを使うと少ない量のタネでもコンパクトに厚みのある丸いかき揚げを作れます。

20~24cmの家庭用の天ぷらであれば、一度に2~3個を揚げられます。

「茹で分けザル9」:1,320円

1つの鍋で2種類の茹で調理ができる小さめのザル。茹で上がり時間が異なる食材を、一緒の鍋で茹でられる優れものです。

鍋の縁に引っ掛けられるフックが付いているので、手を離しても大丈夫。

洗い物も調理時間も短縮できる嬉しいアイテムです。直径14cm以上の鍋で使用可能です。

「筒形茶こし」:1,650円&「深型茶こし」1,100円

筒形茶こしの高さは10cm近くあるので、水筒やタンブラーなどの縦長の容器でも茶葉がしっかり浸かります。

深型茶こしはマグカップにぴったりのサイズ。急須なしでも手軽にお茶を淹れられます。二重アミになっているため、しっかり茶葉を濾せます。

どちらも底が平らなので、自立して置いておくことができます。

「小分け調味ボール6」:550円

調味料の下準備に便利な小分け調味ボールの小サイズ版です。

ほかにも中サイズと大サイズがあり、スタッキング収納が可能なのでコンパクトに収納できます。

それぞれに目盛りや注ぎ口があるので使いやすく、マヨネーズやケチャップ、サラダのドレッシングのディップ皿としても活躍してくれます。

燕三条じばさんショップ

燕三条じばさん

≪画像元:燕三条じばさんショップ

道の駅「燕三条地場産センター」がセレクトしたバラエティに富んだ商品が販売されている「燕三条じばさんショップ」。

アイデア満載、ユニークで見ているだけでも楽しめるアイテムが揃っています。

使い方もシンプルな物が中心。幅広い世代が手軽に扱える便利グッズが用意されています。

「とびだせ!おすし」:1,220円

お寿司好きにオススメの握りずしづくりが簡単にできる嬉しいアイテム。

型枠に酢飯を詰め軽く押し、ネタを乗せた型枠を押し型に押し付けるとお寿司がせり上がってきて完成します。

一度に十貫できる優れもの。お寿司パーティーにも活躍してくれるアイテムとなっています。

「モチワリ」:650円

切餅を包丁を使うことなく小粒サイズにカットできるアイテム。

小さなお子さんや高齢の方でも安心してお餅を食べられます。お餅を使ったレシピも広がりますし、おかきも手軽に作ることができます。

「キャットオープナー」:1,750円

缶詰を開けるプルタブオープナー、レトルトの中身をしっかり絞り出すレトルトパウチ絞り、手で切りにくいテープも楽にカットするビニールテープカッター、さらにペットボトルキャップオープナー、インナーキャップオープナー、栓抜きの6つの機能が付いたマルチオープナーです。

ネコ型デザインがユニークなアイテム。

「ミラくるザル・ボウル」:1,220円

ミラくるザル・ボウル

≪画像元:燕三条じばさんショップ

ボウルとザルが合体し、水切りが楽にできるアイテム。水切りの時、ボウルにザルをセットして使うと、片手で傾けても中の具材がこぼれないミラクルな商品です。

回転させるとボウルが蓋にもなるので、いろいろな使い方ができる便利グッズです。

「鉄の健康鯛」:790円

茄子・きゅうりなどの浅漬けの色付け、黒豆の色付け、またアサリやシジミといった貝類の砂出し、さらに鍋ややかんに入れて鉄分補給もできる調理&健康アイテム。

取り出しやすい紐つきで、繰り返し使うことができます。

サンコー

便利でユニークなアイテムを販売する「サンコー」。

オンラインショップの商品を見ていると、そのアイデアに笑いがこぼれる物や、思わず「なるほど~」と感心してしまう物がたくさんあります。

ここでは調理時間の短縮や手間が省け、おうちメニューが広がる便利なアイテムをご紹介します。

「ラクラク電動ホイッパー」:2,980円

スイッチを押すだけで泡立ててくれる電動ホイッパー。

ハンドミキサーのように手を添える必要もなく、ほったらかしで手軽に泡立て作業が完了します。

作動時間は90秒で自動的にストップするため安心。ほかの作業に気を取られていても大丈夫です。

USB充電式でコードレス、丸洗いもOKでお手入れも簡単。飛び散る心配もなく、まさにストレスフリーの泡立て器となっています。

「卓上ひとりフードスチーマー」:4,054円

卓上ひとりフードスチーマー

≪画像元:サンコー通販オンラインショップ

肉まんやシューマイ、温野菜などを卓上でアツアツのまま食べられるフードスチーマーです。

商品名に「ひとり」と書かれているものの、2~3人でも楽しめる大きめの容量となっています。

電子レンジで温めてもすぐに冷えてしまい、鍋で作った温野菜料理もなかなかアツアツはキープできません。

タンクに水を入れて、タイマーを回すだけのシンプルな作業、本体は分解可能なのでお手入れも簡単。手軽に温かい蒸し料理が楽しめる便利家電といっていいでしょう。

「自家製おかずパイメーカー」:4,280円

ミートソースやシチューなどのレトルト、自宅で作ったカレーやハンバーグなどが余ってしまったときもポットパイとして食べられるアイテム。

スーパーで販売されている冷凍パイシートを型抜きし、好きな具材と一緒にセットするだけ。

20~30分ほどで美味しいポットパイを食べられます。

何となくハードルが高く、手間がかかりそうなパイ作りですが、特別な道具も必要なく手軽に調理できる人気商品となっています。

ベルメゾン

ベルメゾン

今年の1月にサイトがリニューアルされた通信販売の「ベルメゾン」。

その中でも注目したいのが「料理はかどるキッチンツール」というコーナーです。

素材を生かす道具たち、下ごしらえが得意な道具たち、保存が得意な道具たち、あったら便利な調理家電、新発想なキッチン道具、以上の5つのカテゴリに分類された様々なアイテムが紹介されています。

価格帯は幅広くなっていますが、お手頃価格の便利な商品も数多く掲載。プラスアルファのアイデアを駆使したユニークな物も販売されています。

ここでは最近注目されている人気商品を紹介していきます。

「卵ひとつでたまご焼きフライパン」:3,278円~4,378円

同時に3種類のおかずが作れるトリプルフライパン。

3つに区切られた真ん中の部分では、卵1個で玉子焼きが作れるサイズとなっています。

お弁当作りはもちろん、時短や省エネ、洗い物の手間も少なくて済む今人気のアイテムです。

卵ひとつでたまご焼きフライパン

「簡単みじん切り器 ぶんぶんチョッパー」:1,518円

持ち手を手前に引っ張ると、中にある刃が回転して簡単にみじん切りができる手動式のみじん切り器です。

持ち手を引っ張る回数によって、切りたい大きさの調整も行えます。食材が散らばらないので、片付けもラク。

苦痛だった玉ねぎのみじん切りも快適です。カットだけでなく混ぜることもできるので、タルタルソースなどを作る時にもオススメです。

大きめサイズのスーパーデラックス版(2,420円)も販売されています。

「電子レンジでらくちん!ゆでたまご(2個用/3個用/4個用)」:1,980円~2,750円

ゆでたまごが電子レンジで手軽に作れる嬉しいアイテム。受け容器に水を入れ、受け皿にたまごをセットするだけの簡単作業。

加熱時間によって、半熟から固ゆでまでを調整できるようになっています。

ガス火での調理より短時間で均一にゆでることができ、たまごをモチーフにした楕円形のフォルムもおしゃれな商品となっています。

料理が楽しい=節約

ちょっとした工夫やアイデアで料理の手間がグッとラクになる便利なキッチンアイテム。

手間が省けて、時短や省エネにも繋がれば一石二鳥と言わず、一石三鳥にもなります。

手を抜けるところは手を抜いて、毎日の料理がストレスにならずに楽しめる商品を探してみましょう。

「あったらいいのに」は、必ずほかの人も感じていること。

少し高めの便利グッズは「買わないでもいい」と我慢してしまいますが、料理を作ることが楽しくなれば外食が減ります。

外食1回分だと思えば、壊れるまで使える便利グッズは贅沢ではありません

自分のための商品を見つけて「時短+省エネ=お得」を実現してください。(執筆者:藤 なつき)