d払いのステップボーナスの期間延長が、発表されました。

ステップボーナスとは、ドコモユーザーがd払いを1回でも使えば最低でも1.7%のポイントが還元され、最大3%が獲得できるというものです。

d払いの基本還元率は0.5%ですから、かなりお得です。ドコモユーザーに限るこの特典と、簡単にお得なポイ活ができるコツをあわせてご紹介します。

d払いを極める

d払いステップボーナスとは

d払いステップボーナス

≪画像元:NTT DOCOMO

ステップボーナスは3月末までの期間限定の特典でしたが、このたび期限の区切りなく延長されました。

終了する場合は、2か月前にアナウンスがありますので、注意しておきましょう。

特典が受けるためには、ドコモ回線と紐づいたdアカウントでd払いをすることが必須ですが、エントリーは必要ありません。

ステップボーナスでの還元率は、前月の利用回数や使用状況によって異なり、以下の通りです。 

⑴基本還元率 0.5%
⑵ステージ還元率 1~4回 0.2%
5~14回 0.3%
15~29回 0.5%
30~49回 0.7%
50回以上 1%
⑶支払い方法をdカードに設定 1%
⑷ギガホプランの契約 0.5%

 

還元率を上げるための注意点

ステップボーナスをアップさせるためにポイントを多く獲得するために、次の3つのことに気を付けましょう。

注意点1:現在のご自身のステージを理解しておく

d払いアプリのトップページの「主な機能」内の「d払いステップボーナス」をタップしてご確認ください。 自分の還元率を確認

≪画像元:NTT DOCOMO

使えば使うほど還元率は上がるとはいうものの、現実的に考えれば、「週1回以上月5回〜14回使って2.3%」が、比較的無理なく利用できるのではないでしょうか。

全額ポイントで支払った場合にはステップボーナスの回数にカウントされません

特にステージが上がる5回目、15回目、30回目、50回目の決済時には、トップページの「ポイント利用」がoffになっているか、確認してからご利用ください。

「ポイント利用」がoffになっている

≪画像元:NTT DOCOMO

また、d払い加盟店でもネットや予約、注文サービス、iDによるd払いは対象外になりますので注意しましょう。

注意点2:dカードは必須アイテム

先に示したポイント付与率を見ても、d払いにdカードは絶対必要なアイテムということが言えるでしょう。

dカードをお持ちでない場合なら、dカード GOLDでは最大1万2,000ポイントが獲得できるキャンペーンが開催されています。

30歳以下の方ならもっとお得、最大2万1,000ポイントが獲得できます。

30歳以下ならもっとお得

≪画像元:NTT DOCOMO

dカード GOLDは年会費税込1万1,000円が必要ですが、ドコモの携帯料金やドコモ光、さらに3月1日からはドコモでんき Greenの3つのカテゴリーで料金の10%還元が見込めます。

携帯電話の購入代金やコンテンツ料金など、一部対象外となる項目がありますので、ご確認のうえご利用ください。

注意点3:ギガホプラン

対象となる契約は、以下の6つです。前月末時点で加入していれば0.5%が還元されます。

・5Gギガホ プレミア

・ギガホ プレミア

・ギガホ プレミア:2年定期

・5Gギガホ

・ギガホ2(2019年10月1日提供開始)

・ギガホ2:2年定期(2019年10月1日提供開始)

d払いにdカードを設定したギガホプラン契約者が月5回使用したら、どのくらいポイントが獲得できるのでしょうか。

8万円 5万円 2万円
(1) 基本還元率0.5% 400ポイント 250ポイント 100ポイント
(2) dカード1% 800ポイント 500ポイント 200ポイント
(3) ステージ還元率0.3%

+ギガホ0.5%

400ポイント 400ポイント 160ポイント
合計獲得ポイント 1,600ポイント 1,150ポイント 460ポイント

8万円を支払ったときの獲得ポイント数をみて、不思議に思われたと思います。

(3) のステージ還元率とギガホの還元率を加えた0.8%に8万円をかけても、400にはなりません

(1)  のd払い基本還元率と(2) のdカード還元率については付与上限がありませんが、(3) については、決済金額5万円に還元率をかけたポイント数までしか加算されず、400ポイントとなります。

つまり効率よく使用するなら、5万円を目途にしたほうがよいと言えるでしょう。

3重取りでお得を上乗せ

モバイルdポイントカードを使いこなそう

≪画像元:NTT DOCOMO

さらにポイントを稼ぐなら、利用しやすいdポイントカードの加盟店を知っておくことが重要です。d払い×dカード×dポイントカードの3重取りができます。

たとえば、コンビニにいくなら、ファミリーマートかローソン、食料品や生活雑貨の購入にはクスリのアオキやサンドラッグ、マツモトキヨシもおすすめです。

他にも、ガストや上島珈琲店、ジュンク堂書店、タワーレコードなど、利用できる店舗は多種多様です。

dポイントカードの提示は、d払いアプリ画面右下の「dポイントカード」ボタンをタップするだけで簡単に提示できます。

d払いをお得に、使いこなしてください。(執筆者:吉田 りょう)