3月~4月はさまざまなことが変更されますが、ソフトバンクにもこの春、大きな変更があります。

サービス利用で貯まるポイントが変更されるのです。

変更内容などについて、詳しく解説します。

ことわりのない限り、記事中の価格は税込みです。

ソフトバンク 331でTポイントの付与終了

【ソフトバンクの携帯電話】(3/31まで)Tポイントが貯まる

【ソフトバンクの携帯電話】(3/31まで)Tポイントが貯まる
≪画像元:ソフトバンク

2022年3月13日現在、ソフトバンクの携帯電話を1,000円(税別)利用するごとに、Tポイントが5ポイント貯まります。

ゲームやアンケートなどで貯めることもできます。

貯まったTポイントはソフトバンクのサービスでも利用可能

貯まったTポイントは、以下の商品・サービスで「1ポイント = 1円」として利用できます。

・ ソフトバンクの毎月の携帯電話料金

・ ソフトバンクの機種代金

・ 携帯電話の修理代金

もちろん、Tポイント加盟店でも利用可能です。

【ソフトバンクの携帯電話】(4/1より)貯まるポイントが「ソフトバンクポイント」に変更

【ソフトバンクの携帯電話】(4/1より)貯まるポイントが「ソフトバンクポイント」に変更
≪画像元:ソフトバンク

2022年4月1日より、

ソフトバンクのサービス利用で貯まるポイントが「ソフトバンクポイント」に変更

されます。

ソフトバンクの携帯電話を1,100円利用するごとに、ソフトバンクポイントが5ポイント貯まります。

ゲームやアンケートなどで貯めることも、引き続き可能です。

締め日によってポイント変更のタイミングが異なる

ただし利用者の請求締め日によって、ポイント変更のタイミングが以下のように異なりますので、確認してください。

・ 毎月10日締め:2022/3/11~2022/4/10の利用分から変更

・ 毎月20日締め:2022/3/21~2022/4/20の利用分から変更

・ 毎月末日締め:2022/3/1~2022/3/31の利用分から変更

貯まったソフトバンクポイントの使い道

貯まったソフトバンクポイントは、以下の商品・サービスで「1ポイント = 1円」として利用できます。

・ソフトバンクの毎月の携帯電話料金

・ソフトバンクの機種代金

・携帯電話の修理代金

Tポイント加盟店では、ソフトバンクポイントの利用ができません

1ポイント=1円としてPayPayポイントへのチャージも可能
≪画像元:ソフトバンク

また、「1ポイント = 1円」としてPayPayポイントへのチャージも可能です。

使い道が広がりますね。

(2023年3月まで)Tポイント → ソフトバンクポイントへの交換が可能

Tポイントをソフトバンクのサービスで主に利用してきた方は、ポイント変更によってTポイントの使い道がなくなってしまいます。

そんな不便さを解消するため、2022年4月1日~2023年3月31日の期間中、1回限り、Tポイント → ソフトバンクポイントへの交換が可能です。

ただしTポイントから交換したソフトバンクポイントは、PayPayポイントへの交換、ソフトバンクカードへのチャージには利用できません

Tポイントのまま利用するのであれば、有効期限までTポイント加盟店で利用できます。

携帯電話以外のソフトバンクサービスにも変更あり

ソフトバンクは、通信事業以外にも多くの事業を展開しています。

他のサービスがどのように変更されるのか、まとめて紹介しましょう。

【ソフトバンクカード】(3/31まで)Tポイントが貯まる

【ソフトバンクカード】(3/31まで)Tポイントが貯まる
≪画像元:ソフトバンク

プリペイドカード「ソフトバンクカード」は、Visa・iDのマークがあるお店で利用可能です。

200円利用ごとに、Tポイントが1ポイント貯まります。

貯まったTポイントを、ソフトバンクカードに100ポイント → 85円のレートでチャージ可能です。

(4/1より)【ソフトバンクカード】貯まるポイントが「ソフトバンクポイント」に変更

【ソフトバンクカード】貯まるポイントが「ソフトバンクポイント」に変更
≪画像元:ソフトバンク

4月1日から、ソフトバンクカードを200円利用ごとに、ソフトバンクポイントが1ポイント貯まります。

ただし、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOのいずれとも紐づいていないソフトバンクカードは、200円につき「プリペイドバリュー」1ポイントが貯まるようになります。

4月1日以降も、Tポイントカードとしての利用は引き続き可能です。

また、4月1日以降はバーチャルカードの利用でも、ソフトバンクポイントが貯まるのでお得です。

貯まったソフトバンクポイントは、100ポイント→100円のレートで、ソフトバンクカードへのチャージにチャージ
≪画像元:ソフトバンク

貯まったソフトバンクポイントは、100ポイント → 100円のレートで、ソフトバンクカードへのチャージにチャージできます。

Tポイント時代は、基本的に100ポイント → 85円のレートでしたので、レートが改善しました。

「プリペイドバリュー」については、「1ポイント = 1円」として買物に使え、現金としての引き出しはできませんが、チャージも必要ありません。

【とく放題】3/31でTポイント付与を終了

【とく放題】3/31でTポイント付与を終了

「とく放題」とは、ソフトバンク携帯電話のオプションサービスです。

以下の月額料金を支払うことで、ソフトバンクとベネフィット・ステーションが提供する、さまざまな特典を利用可能です。

・ とく放題(M):抽選でさまざまなプレゼントがもらえる(月額649円)

・ とく放題(B):さまざまな商品・サービスを割引価格で購入できる(月額550円)

とく放題(M)では、抽選でTポイント100ポイントが当たります。

とく放題(B)では、べネポ → Tポイントに等価交換できます。

3月31日で、とく放題(M)ではTポイントの抽選プレゼントを、とく放題(B)ではべネポ → Tポイントへの交換が終了です。

代わりにPayPayポイントになる、といったこともありません。

【とくするアンケート】もらえるポイントが「PayPayポイント」に変更

【とくするアンケート】もらえるポイントが「PayPayポイント」に変更
≪画像元:ソフトバンク

「とくするアンケート」とは、ソフトバンクユーザーが利用できるアンケートサービスです。

アンケートに回答するだけで、Tポイントがもらえます。

こちらは、4月1日よりもらえるポイントが「Tポイント → PayPayポイント」に変更されます。

【くらしでんき】「Tポイント付与 → 値引き」に変更

【くらしでんき】「Tポイント付与 → 値引き」に変更
≪画像元:ソフトバンク

「くらしでんき」は、ソフトバンクでんきが提供する電気料金プランです。

電気料金1,100円につき、Tポイントが5ポイント貯まります。

4月1日からは、電気料金1,100円につき5円値引きとなります。

PayPayをまだ利用していない人は、この機に新規登録がおすすめ

ソフトバンクのサービスでは、これまでTポイントが付与されていました。

4月1日から、携帯電話ではソフトバンクポイントが付与されます。

貯まったソフトバンクポイントは、PayPayポイントへ交換可能です。

また、とくするアンケートでも貯まるポイントがPayPayポイントに変更されます。

まだPayPayを利用していない人は、これを機にPayPayに新規登録するといいでしょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)