春めいてきましたが、まだまだ寒い日もあり、衣服での調節がかかせません。

春は卒業式や入学式など、あらたまった服装でのぞむイベントも多い季節です。

そういったフォーマルな場面で女性を悩ませることが多いのは、足元の寒さではないでしょうか。

フォーマルな場面では基本的にタイツは好まれず、ストッキングがマナーとなっています。

また冠婚葬祭や各種式典といった際には、寒いので室内に入る、といったことも自分のタイミングではできないことがほとんどです。

まだまだ寒い時期にストッキングで長時間外にいる時、足元の冷えは本当に辛いものです。

そんな際に大活躍してくれると話題のアイテムをダイソーで見つけました。

詳細をレビューしてみました。

ダイソー 商品レビュー

ダイソー「フェイクタイツ黒ストッキング風」(税込み550円)

DAISOのフェイクタイツ黒ストッキング風

厚手なのに素肌透け見え設計、とスリーブに書かれています。

はく前は、ややブラウンがかった黒いタイツに見えました。

外側は黒い生地ですが、内側に暖色の生地があります。

はいて外側の網目が広がると暖色の生地がのぞき、まるでストッキングをはいているように見えるのです。

内側に暖色の生地

500デニール相当、との記載があります。

サイズは大人用M-L、ヒップは85~98cm、身長は150~165cmと書かれていました。

500デニール相当

使用時のイメージはこちら。

使用時のイメージ

わかりやすく、四角い空の透明ペットボトルを入れてみました。

透明ペットボトルが入っているにも関わらず、ストッキングの下に肌があるような質感に見えます

これはすごい! これを見た瞬間、筆者も思わず唸ってしまいました。

使用した感想

着圧はやや強めの印象です。

生地に厚みがあり、ウエストもベルト部分がしっかりしています。

外側の手触りはさらさらとしており、ストッキングそのもの。

500デニール相当と記載されていますが、まったく皮膚が見えないわけではなく、指先は指や爪が少し透けて見えます。

残念ながら、暖かさを売りにしているタイツより暖かい、というほどではなかったのですが、もちろんストッキングよりは暖かかったです。

また筆者は現在、足に小さなあざがあるのですが、フェイクタイツをはくと、あざがかなり見えにくくなりました。

もちろん個人差はあると思うのですが、足がキレイに見える効果も期待できそうです。

洗濯のしやすさはどう?

爪で少しこすったりもしてみましたが、伝線もしませんでした。

タイツと同じ感覚ではくことができそうです。

材質はポリエステル56%、ナイロン30%、ポリウレタン14%。

洗濯ネットに入れて洗濯してください、と記載がありました。

洗濯機で洗濯できるのはありがたいですね。

数回洗濯してみたところ、足裏部分など着用時によく摩耗する部分に少し毛羽立ちが見られました。

どちらかと言うと伝線よりは、摩擦による摩耗の方にダメージを受けやすい生地なのかもしれません。

もちろん靴や使用時間などの条件にもよるかと思うので、参考程度に考えてください。

経時劣化が気になるところですので、引き続き愛用してみようと思います。

コスパはどう?

大手ショッピングサイトで「フェイクタイツ 黒」で検索してみたところ、同様のストッキングに見えるタイプの黒フェイクタイツの最安値は880円でした。

また他の衣料系量販店でもフェイクタイツは販売されていますが、ダイソーの税込み550円には及びませんでした。

品薄続出? 見つけたら早めのゲットがおすすめ

ダイソー含め、さまざまな店舗やネットでも、フェイクタイツは売り切れや品薄となっているところが少なくないようです。

筆者の近隣店舗でも、店頭に並んでいなかったり、並んでいても残り点数が少なかったりと、かなり品薄の様子が見られました。

見かけた際には早めにゲ手に入れるのがよさそうです。

試してみる価値あり

寒い時期の服装に大活躍してくれそうなフェイクタイツ。

コスパも優秀で、チェックしてみる価値は大あり! どことも品薄が続いているようですので、店頭でお見掛けになった際は、ぜひチェックしてみくださいね。

情報は調査時のものであり、内容やデザインなどが変更となっている場合があります。

なお店舗により取扱の内容は異なりますので、お求めの際には事前にご確認ください。

また取扱説明をよくご確認いただき、注意してご使用いただけますようお願い申し上げます。(執筆者:新木 みのる)