Play to Earn(プレイトゥーアーン)は、一言でいうと「ゲームで稼ぐ」ことです。

 

「ゲームで稼ぐってどういうこと?」

「いくらくらい稼げるの?」

「リスクはないの?」

 

筆者も最初はゲームで稼ぐなんて無理と思っていましたが、調査していくと本当にゲームで稼げそうだったので、2021年の11月にゲームで稼ぐ世界へ参入してみました。

本記事は2021年11月から2022年3月の4か月に渡る筆者のPlay to Earn体験記です。

Play to Earnで稼げるのか

ゲームで稼ぐとは

お金を稼ぐことができるゲームをBCG(ブロックチェーンゲーム)と言います。

本記事では用語の解説は省きます。そういう名前なんだ、という認識で大丈夫です。

BCGで代表的なタイトルが「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」です。

3体のポケモンのようなキャラクターを用意し、他のプレイヤーと戦って勝利することでお金を稼ぐことができます。

ただしゲームキャラはマーケットプレイスと呼ばれるゲームキャラの取引所で購入する必要があり、初期費用がかかります。

それでは具体的なお金を稼ぐ方法を紹介します。

1. ゲームに勝利して稼ぐ

ゲームに勝利して稼ぐ

≪筆者提供≫

もっとも王道な方法です。

アクシーはカードゲームであり、相手の戦略を読む技術や駆け引きが勝利に必要で最初は勝つこと難しいかもしれません。

ゲームに勝利するとSLPと呼ばれる仮想通貨が手に入ります。

SLPは取引所などで他の仮想通貨と交換することができ、最終的に法定通貨に変えることができます。

筆者は4か月間で約9万円を、ゲーム勝利で獲得したSLPで稼げました。

2. ゲームキャラを貸し出して稼ぐ

4か月間で約9万円を稼ぎましたが、これは私一人で獲得したわけではありません。

アクシーではスカラーシップ制度というゲームキャラをレンタルできる制度があります。

マネージャーと呼ばれるゲームキャラ保有者が、スカラーと呼ばれる

ゲームをやりたいけどキャラを持っていない人へレンタルしゲーム報酬を分け合う

という制度です。

アクシーは現在こそ3体揃えるのに1万円もかかりませんが、ピーク時は1体10万円かかることも。

アクシーは2021年世界で流行しましたが、ゲームをやりたくてもお金がなくてできない国の方が多くいました。

そこでマネージャーが代わりにゲームキャラを購入し、スカラーが実際にゲームをして稼ぐ、という方法が生まれたのです。主にフィリピン人がスカラーとして採用されました。

フィリピンではアクシーのピーク時には普通に働くよりも多額の報酬を得ることができたため、大量にスカラーシップへの応募があったのです。

筆者がスカラーシップ制度を知った時、自分1人よりも何倍ものお金を稼ぐことができる可能性があることに気づき、段階を踏んで100万円をアクシーへ投資しました。

そして自分とスカラーで合計約9万円を稼ぐことができましたが、実は大きな落とし穴があったのです。

それはリスクの話でさせていただきます。

3. ゲームキャラを生み出し売買で稼ぐ

ブリーダーと呼ばれるゲームキャラを配合して生み出す人、トレーダーと呼ばれる安値でゲームキャラを仕入れ、人気が出たころに高値で売る人の稼ぎ方です。

ブリーダー、トレーダーともに初期費用がかなり必要でゲーム内の市場を頻繁にチェックする必要があることから筆者はやっていません。

アクシーのピーク時には大儲けした方が大勢いたようです。うまく立ち回れば数百万の利益を狙うことができたと思います。

以上、主な稼ぎ方は3通りです。

BCGのリスク1:ゲーム内通貨の値動きが激しい

アクシーのゲーム内通貨であるSLPの1年の動きです。

アクシーのゲーム内通貨であるSLPの1年の動き

≪画像元:CoinMarketCap

2021年4月に7円だった値が一時40円まで値上がりし、現在では2円と約20分の1まで値下がりしています。

筆者はSLPが8円の時に参入したので、SLPの値下がりによって大きく計画が狂いました。

スカラー1人当たりの1ヶ月の稼ぎを計算し、だいたい2ヵ月もあれば投資金額を回収できると思っていたのですが、SLP価格が下げたため当初の4倍の期間が必要になったのです。

BCGのリスク2:ゲーム内キャラの値下がりがきつい

2021年のピーク時にはゲームをやりたい人が殺到したため、アクシーの値段はどんどん値上がりしていきました。

しかし、ピークが冷めSLPの価格が下がり始めると、いち早く気付いたトレーダーが売り、稼ぎが悪くなったマネージャーやスカラーもアクシーから離れ始めました。

するとアクシーの値段は暴落し、筆者も数万円で購入したアクシーは現在では数千円ほどの価値になってしまったのです。

さきほどゲームで9万円稼いだと書きましたが、実際は数十万の評価損を抱えた資産マイナスの状態と言えます。

以上のようにアクシーではゲーム内通貨、キャラともに数が増え続けたため価値が暴落し、筆者ももろに損失を被る結果となりました。

ただ筆者はアクシーというゲームを非常に気に入っており、今後もゲームを続けていきます。楽しいゲームをしながら月に数万円の収入があるので、今年中に投資金額を回収できればいいなと気楽に行きたいと思っています。

BCGで稼ぐには?

最も重要なことは余裕資金で始めることです。

BCGは仮想通貨に投資することと同じで値動きが激しいので、数分の1になって精神的に耐えられる金額にしておきましょう。

次に参入タイミングを見極めることが大事です。

ゲームがピークを打ってから参入するとかなり痛い目を見やすいので、話題になってきたタイミングで参入することが理想と言えます。ツイッターやDiscordで情報を入手することがオススメです。

最後にBCGで儲かっていない筆者が言うのもなんですが、ゲームで稼ぐ時代が来つつあることをBCGで感じることができました。副業と言ってもよい収入は期待できるのは魅力です。

ただゲームというよりは投資の側面が強いことは否めないですね。

まだまだ参加者全員が稼ぐことは難しいですが、BCGは始まったばかりの業界なので気になる方は調査してみてください。(執筆者:株式ディーラー歴10年 勝越 晴)