マクドナルドのモバイルオーダーは、スマホで注文してお店ですぐに受け取れるサービスです。

並ばなくても注文できるだけでなく、コロナ禍で密を避けるためにも必要なツールとなっています。

モバイルオーダーは少し前まではクレジットカード決済のみでしたが、今やたくさんの決済方法に対応しています。

今現在、モバイルオーダーに対応している決済方法を徹底的に比較し、どれが一番お得なのか調べてみました。

モバイルオーダーの注意点も合わせて解説します。

モバイルオーダーの対応決済

モバイルオーダーで使える決済方法

今現在マクドナルドで使える決済の種類は以下の6つです。

・ クレジットカード

・ PayPay

・ d払い

・ 楽天ペイ

・ LINE Pay

・ Apple Pay

1つずつ詳しく解説します。

1. クレジットカード

クレジットカード決済は注文時にクレジットカードの番号を入力して支払います。

ネットショッピングの際に、クレジットカード番号を入力するのと同じ感覚だと思って良いでしょう。

クレジットカード決済でモバイルオーダーを利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

対応している銘柄は以下の4つです。

・ VISA

・ MasterCard

・ JCB

・ ダイナースクラブカード

ポイント還元率はクレジットカードによって違うため、どのくらいお得かは人によって異なります。

お使いのクレジットカードでどのくらいポイントが貯まるか確認してみてください。

2. PayPay

PayPayでモバイルオーダー決済をすると、利用した金額に付き0.5%~1.5%のPayPayボーナスが還元されます。

付与されるPayPayボーナスは、前月のPayPayステップの達成率により異なります。

通常なら0.5%ですが、お買い物回数や利用サービスでPayPayステップが上がり、還元率は最大1.5%になります。

PayPayステップを達成している人は、PayPayでの支払いがおすすめです。

モバイルオーダーで使えるのは残高払いのみで、PayPayあと払いや登録したクレジットカードでの決済は対象外なので注意してください。

3. d払い

d払いでモバイルオーダー決済をすると、200円につき1円分のdポイントが付与されます。

PayPayでは残高払のみでしたが、d払いは残高払いに加え、d払いに登録したクレジットカード支払いも使えます。

クレジットカード支払いにすると、d払いに登録したクレジットカードでのポイントも付くため、d払いを使うだけでポイントの2重取りが可能です。

仮にd払いにdカードを登録したとすると、d払いで0.5%、クレジットカード利用で1%の1.5%が還元されます。

ただd払いでは今年6月からポイント還元率が変更され、d払いに紐付けるクレジットカードがdカード以外ならポイントが付かなくなります

d払いをdカード以外で使っている人は、6月以降もらえるポイントが減ることを覚えておきましょう。

4. 楽天ペイ

楽天ペイは2021年12月にモバイルオーダーの決済に仲間入りした、一番新しい支払い方法です。

楽天ペイの還元率は通常1%ですが、楽天カードからチャージした楽天キャッシュで支払うと、還元率が1.5%になるメリットがあります。

楽天キャッシュとは楽天のサービスでのみ使えるオンライン電子マネーで、楽天カードからチャージすれば0.5%のポイントが貯まります。

楽天カードから直接楽天ペイを支払うより、一度楽天キャッシュにチャージしたほうがお得なので、ぜひ活用してください。

また楽天市場や楽天サービスを使って貯めたポイントが使えるのもメリットです。

使い道に困ることが多い期間限定の楽天ポイントも、楽天ペイを利用すればマクドナルドでハンバーガーが食べられます。

5. LINE Pay

LINE Payはクレジットカードの次にモバイルオーダーの決済方法で使えるようになりました。

Visa LINE Payクレジットカード、または三井住友カードが発行するVisaのクレジットカードからチャージする「チャージ&ペイ」を利用すれば、200円利用につき1円分のLINEポイントが貯まります。

還元率は0.5%と、楽天ペイやd払いに比べ良くありません。

またVisa LINE Payクレジットカードは還元率が2%(4月30日まで)なので、LINE Payを使わずにクレジットカード払いにした方がお得になります。

使う理由が特にないなら、他の決済方法を選んだ方が良いでしょう。

6. Apple Pay

Apple Payは対応するiPhoneで利用できるタッチ決済サービスです。

Apple Payにクレジットカードを登録しておくと、登録したクレジットカードで支払えます。

「Apple Payに登録するのが手間だから、直接クレジットカード決済したほうが楽じゃない?」と思われるかもしれませんが、Apple Payには大きな強みがあります。

Apple Payの強みとは、QUICPayが使える点です。

QUICPayとはApple Payで利用できる電子マネーの1つで、多くのクレジットカードが対応しています。

QUICPayでは現在キャンペーンをたくさん行っており、普通にクレジットカード決済にするより、QUICPayで支払ったほうがお得になる場合があります。

中でもセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、QUICPay利用で3%という破格の還元率です。

マクドナルドがいつも3%オフで食べられるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは初年度年会費、翌年以降も年に1回でも利用していたら無料なので、ぜひ使ってみてください。

セゾンアメックス

≪画像元:クレディセゾン

どの決済方法が一番お得?

モバイルオーダーの6種類の決済方法を紹介しましたが、どの支払い方法が一番お得かは、今どんなサービスを使っているかによって違ってきます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとiPhoneを持っている人は、Apple Payが一番お得です。

次にポイントの2重取りができるd払いや楽天ペイなど、自分のよく使う決済方法を使うと良いでしょう。

一番お得度が低いのはLINE Payです。

特に理由がないのなら、LINE Pay以外の決済方法がおすすめします。

モバイルオーダーの注意点

モバイルオーダーは便利でお得なメリットが多いですが、注意点もいくつかあります。

事前に知っておき、いざ注文時に慌てないようにしましょう。

モバイルオーダーはポイントカード提示でポイントは貯まらない

マクドナルドは楽天ポイントとdポイントに対応していますが、店内でポイントカードを提示した場合のみ、ポイントを貯めたり使ったりできます。

モバイルオーダーではポイントは貯まらないので注意してください。

ポイントを貯めたい人は、モバイルオーダーを使わずに店内のカウンターで注文する必要があります。

ポイントを使いたい場合、楽天ポイントなら楽天ペイ、dポイントならd払いからポイントを利用した支払いが可能です。

モバイルオーダーに対応している決済でも店内で使えない物もある

モバイルオーダーで使える決済方法と、店内のカウンターで使える決済方法は全くの別物と考えてください。

マクドナルドの店内カウンターで使える決済方法を、公式サイトで調べてみました。

【電子マネー】

iD・楽天Edy・WAON・nanaco・QUICPay

【交通系電子マネー】

Kitaca・Suica・PASMO・TOICA・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん

【クレジットカード】

Visa・Mastercard・JCB・JCB PREMO・アメリカンエキスプレス・ダイナースクラブカード・ディスカバー

【その他】

商品券

マクドナルドの店内カウンターで使える決済はとても多く、モバイルオーダー同様にクレジットカードやApple Payに対応しています。

ですがPayPayなどのQRコード決済に対応していません

QRコード決済を使う人は、「モバイルオーダーで使えたから使えるだろう」と思って店内で注文しても、支払いはできないので気をつけましょう。

モバイルオーダー対応の決済は今後さらに増える可能性も

モバイルオーダーに対応する決済は短期間で急速に増えました。

今後さらにたくさんの決済方法に対応していくと考えられます。

また新たな決済がモバイルオーダーに対応した際、お得なキャンペーンを開催する場合があります。

キャンペーンを利用すれば、普段より安くマクドナルドを利用できます。

今後もモバイルオーダーの進展が楽しみです。(執筆者:西本 衣里)