4月になり、新生活が始まりました。

Pontaポイントが貯まっている人は、今年からポイントを使った投資を始めてみてはいかがでしょうか。

Pontaポイントが使える投資・運用のサービスは全部5つあり、初心者向けから上級者向けまでそろっています。

最初は簡単なものから始めて、段々とレベルを上げて行くとよいでしょう。

Pontaポイントの投資・運用サービスを、初心者向けから上級者向けにわけて紹介します。

Pontaで投資ができるサービス

【初心者向け】au PAYポイント運用

au PAYポイント運用は、ポイントを追加するだけで始められるポイント運用サービスです。

簡単に始められるためとても人気があり、現在100万人以上が利用しています。

100ポイントから追加できて、約2営業日後から運用がスタートします。

実際に毎日値動きするポイントを見て、投資に慣れていきましょう。

運用したポイントは引き出して、またポイントとして使えます

引き出しに約2営業日かかるため、すぐに使うことはできないので注意してください。

au PAYアプリをダウンロードして、「ポイント運用」のイラストをタップすれば、au PAYポイント運用が始められます。

まずは100ポイントから挑戦してみてください。

【初心者~中級者向け】StockPoint for CONNECT

StockPoint for CONNECTは、ポイントを使って株式購入の体験ができるアプリです。

StockPoint for CONNECT
≪画像元:STOCKPOINT

メルカリやローソンを始めとする100社以上の国内株に、Pontaポイントを使って1ポイントから交換できます。

本物の株を買うわけではありませんが、実際の株と同じ値動きをするため、本番さながらの体験が可能です。

他にも株が当たるガチャを引けるキャンペーンなど、楽しめる要素がたくさんあります。

投資したポイントは引き出して使えますが、Pontaポイントに戻す際に1%の手数料がかかります

1%の手数料により1ポイントよりも少ない端数が残ってしまった場合、引き出せないので注意してください。

ポイントを追加して一株分の価格になったら、実際の株式と交換できます。

株式に交換する際は証券取引ができるアプリ「CONNECT」で口座開設が必要です。

大手上場企業がそろっているため、将来的に国内の株を持ちたい人にも最適です。

【初心者~中級者向け】STOCKPOINT for MUFG

STOCKPOINT for MUFGは、先ほど紹介したStockPoint for CONNECTの姉妹アプリです。

RPGのゲーム要素が追加され、レベルを上げると購入できる銘柄が増える仕組みになっています。

STOCKPOINT for MUFG
≪画像元:STOCKPOINT

投資できる商品は国内株式に加え、米国株や投資信託、ビットコインなどの暗号資産と、幅広く対応しています。

Pontaポイントをビットコインに交換できるサービスは、今のところSTOCKPOINT for MUFG以外にありません。

体験とは言え、ビットコインに対応しているのは大きなメリットです。

StockPoint for CONNECTと同様に、ポイントに戻す際は1%の手数料がかかります。

本物の株に交換も出来ますが交換できるのは国内株式のみで、米国株やビットコインなどは対象外となっています。

【上級者向け】SBI証券

投資に慣れてきたら、証券口座を開設して実際に投資を始めてみましょう。

SBI証券ならPontaポイントを使って投資信託を購入できます。

投資信託とは投資のプロが私達の代わりに、投資商品をまとめて運用するものです。

いくつかの株に分散して投資するので、1つが落ちても他でカバーするリスク軽減の効果もあります。

本物の投資商品を購入するため、ポイントでの引き出しはできません

売却して現金を受け取る形になります。

SBI証券ではPontaポイントが使えるほか、対象の投資信託の保有額に応じて最大年率0.2%のポイントが貯まります。

貯蓄をしながらポイントが貯まるのはとてもお得です。

SBI証券はネット口座開設数ナンバーワンの実績がある会社なので、ぜひ開設をおすすめします。

【上級者向け】auカブコム証券

auカブコム証券でもSBI証券同様に、投資信託の購入でPontaポイントが使えます。

引き出しもSBI証券同様、売却すればポイントではなく現金で戻ってきます。

所有している投資信託の保有額によってポイントが貯まりますが、SBI証券に比べ銘柄が限られ、還元ポイントも少なめです。

auやUQ mobileユーザーを対象にしたキャンペーンが多く、au PAYやauじぶん銀行と紐付けるとお得になるメリットがあります。

au経済圏をよく使う人は、auカブコム証券をもっておくと便利です。

5つの中で1番のおすすめはどれ?

Pontaポイントが使える投資・運用サービスを紹介しましたが、どこが良いか迷ったらau PAYポイント運用がおすすめです。

口座開設や設定は必要なく、1番簡単に始められます。

他社のポイント運用に比べ乱高下があまりないため、始めての人も安心です。

慣れてきたらSBI証券で口座を開設し、実際に投資信託を購入する流れをおすすめします。

Pontaポイントは対応する投資・運用サービスが多いため、はじめの第1歩に最適です。

貯まったポイントで投資を始めるきっかけになり、将来の貯蓄につながります。(執筆者:西本 衣里)