メルカリで狙っていた商品が、値下げ交渉をしたりコメント欄のやり取りで他のユーザーに購入されそうと判明した際、あなたならどうしますか。

「出遅れた自分が悪いから…」と諦めるのでしょうか。

それとも、他の人に買われる前に即購入するでしょうか。

他のユーザーがやり取りをしている途中に購入すると、ある意味「横取り」のような形になりますが、このような買い方でも問題はないのか、デメリットになる点はないのか見ていきます。

メルカリ横取りOKとNGの境界線

メルカリでは基本的に「早い者勝ち」

メルカリでは自分が「いいね」をつけた商品にコメントがつくと、メルカリ内の通知機能でお知らせが届きます。

そのため、コメント欄で値下げ交渉が行われていたり、「購入してもいいですか?」などのやり取りがされていたりすることに気が付くこともあるでしょう。

その際、他の人がやり取りしている途中だけれど購入をしても良いのか、迷った経験がある方は決して少なくないはずです。

たとえば値下げ交渉にて商品が値下げされたり、「購入してよいか」という質問に対して出品者が「OK」と回答したあとに購入すると、やり取りをしていた本人から見れば「横取り」のような形になります。

横取りをすると何らかのデメリットがあるのではと心配する方もいるでしょうが、例外を除いて、基本的にメルカリは早い者勝ちなので、デメリットは発生しないでしょう。

こんなときは横取りを避けたほうが良い

では一体どんなときが「例外」となり、横取りを控えるべきなのでしょうか。

たとえば、

  • 商品名が「〇〇さま専用」となっている商品の購入
  • 「即購入OK」「早い者勝ち」と書かれていない商品の購入
  • 「購入前にコメントして欲しい」と書かれている商品の購入

この3つのパターンに当てはまる場合は、横取りは避けたほうが無難です。

仮に即購入をしてしまうと、

  • 出品者の気分を害して「残念だった評価」をつけられる。
  • 購入前にコメントをしなかったことを理由にキャンセルもしくは「残念だった評価」をつけられる

などのデメリットが発生する可能性があります。

ただし、メルカリの規定の中には専用品や購入前にコメントをつけるなどの決まりはありませんので、必ずしも上記のデメリットが発生するわけではありません。

※訂正(5月14日21:33):専用品を理由にキャンセル申請されても購入者側がペナルティを受けてしまうことはありません。

こんなときは横取りしてもOK

では反対に横取りをしてもデメリットが発生しにくいのはどんなときなのでしょうか。

たとえば、

  • 即購入OK
  • 早い者勝ち
  • 購入前のコメントは不要
  • 値下げ交渉の途中でも先に購入された方が優先
  • やりとりの途中でも購入して構わない

などの説明が出品者のプロフィールや商品説明欄に書かれていれば、横取りのような形で購入してもトラブルは起こらないでしょう。

上記の説明を記載している出品者は、少しでも高く、そして早く売りたいと考えています。

そのため、値下げ交渉の途中であっても、値下げ前の価格で売れればうれしいですし、やりとりが終了する前に売れたほうがラッキーと感じるのです。

ただし、あなたと同じように、他の人に買われる前に購入しようと考えている方がいる可能性もあるので、横取りしようと思った瞬間に売れてしまったという失敗も起こり得ます。

そう考えると、どうしても欲しい商品なら、「いいね」をつけて様子見するのではなく、見つけたときにすぐ購入しておくのが最も損をしない方法と言えるでしょう。

気に入ったら即購入

欲しいものは見つけたときにすぐに購入しておこう

メルカリのルール上では、他の人が買おうとしている最中の商品でも即購入して問題ありません。

ただし例外もあり、場合によっては自分にとってデメリットが発生しますし、横取り前に売れてしまう可能性もあります。

確実に手に入れたい商品なら、様子見せず見つけたときに即購入しておくのが得策です。(執筆者:メルカリ取引700回以上 石神 里恵)