サステナブルな社会を目指す取り組みが世界的に進められています。

家庭を支える主婦がこの取り組みを行う場合、すぐに取り掛かれることの1つは環境を重視したグッズや食材を使うことです。

しかし、そのような商品はお財布には優しくないこともしばしばです。

取り組みたい気持ちはあっても、経済的に難しければ積極的にはなれません

そこでこの記事では地球にも財布にも優しいサステナブル商品をご紹介します。

サステナブル商品7選

※サステナブルとは

サステナブル(Sustainable)とは、「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」を意味します。サステナブルな社会は自然保護、人権や動物の権利など、地球上の人や動物、すべての生き物がすべての地域で豊かになることを目標に行動する社会のことを指します。

1. ダイソー・シリコンラップ 100円(税別)

シリコンラップ

≪画像元:ダイソーネットストア

ラップフィルムは生活に欠かせません。

しかし、その利便性から結構な量のゴミになってしまいます。

そこでご紹介したいのが、何度も使えるシリコンラップです。

シリコンラップが出回り始めた頃は数百円くらいはして、ややお高めでしたが、今はダイソーで100円(税別)で買えてしまいます。

筆者はいつもクレラップお得用ミニ約300円を利用しているので、その3分の1のお値段で何度も使えるなんて実に経済的です。

何度も使えて経済的なのはもちろん、固くて開かないビンの蓋を開ける時や鍋などの下に敷いて滑り止めとしてなど、使い道はいろいろあります。

ラップフィルム同様、電子レンジでも使えますし、食洗機もできるので言うことなしです。

2. ダイソー・アルミストロー 100円(税別)

アルミストロー

≪画像元:ダイソーネットストア

脱プラスチックの動きから、紙ストローを使うレストランやカフェが増えています。

紙ストローは一般消費者でも購入は可能ですが、時間が経つとベチョベチョしてきたり、口当たりが悪かったりして、日常使いをしたくない方は多いのではないでしょうか。

そこでお勧めしたいのがアルミストローです。

洗って繰り返し使えるので経済的です。

キラキラしていてカラフルなものが多いので子供ウケもいいです。

冷たい飲物がより冷たく感じる効果もあるのでこれからの季節にぴったりではないでしょうか。

3. ダイソー・豆苗プランター 100円(税別)

豆苗プランター

≪画像元:ダイソーネットストア

豆苗を育てて2回食べている方は多いと思います。

食べ物を無駄にしない、これも立派なサステナブルな取り組みです。

ただ、豆苗を育てるには、収穫までの10日前後の間、毎日お水を換える必要があり、これが結構面倒だったりしませんか。

このプランターはザルとボールの2層構造になっていて、ザル部分をサッと外せるので、水換えが素早くできます

全面白のインテリアに馴染みやすいシンプルなデザインなので、豆苗がもはや観葉植物のようにかわいらしく見えるのも嬉しいポイントです。

100円が相場の豆苗、ちゃんと育てれば50円になります。俄然やる気が出ます。

4. ダイソー・シリコンストックバッグ 200円(税別)

シリコンストックバッグ

≪画像元:ダイソーネットストア

シリコンストックバックは環境問題への意識が高いアメリカのセレブを中心に火がつき、数年前から人気となりました。

当時は千円以上が当たり前でしたが、今はダイソーで200円、スリコで300円などセレブでなくても手に入るお値段になっています。

シリコンストックバッグの良さは何と言っても強度ではないでしょうか。

ビニール袋やジップロックなどのビニール製密閉袋だと、破けたり、冷凍は可能でも熱に弱いものが多いです。

しかしシリコンバッグは耐冷耐熱温度の幅が広いので、冷凍庫から取り出してそのまま電子レンジで加熱できます。

厚さもあるので多少尖ったものなどを入れても破けません。食洗機でも洗えます

冷凍も電子レンジ加熱もOKなビニール製密閉袋は1枚10円以上はしますから、10回使えば元が取れます

5. 無印・落ちワタ混ふきん12枚組 499円(税込)

落ち綿ふきん

≪画像元:無印良品

使えるものは余さず使う、これも重要なサステナブルな取り組みの一つです。

無印良品の落ち綿フキンは捨てられるはずの紡績工場で出た落ちワタを織り上げています

価格は1枚40円ちょっとなので百均以下です。

大きさは約40x 40cmと十分なサイズ、綿の質が良いのか、吸水性・乾きもとてもよく、台拭きや掃除などに幅広く使えます。

安くて使いやすいフキンをただ使っているだけなのに、エコにつながることはうれしいです。

6. 無印・不揃いバウム 150円(税込)

不揃いバウム

≪画像元:無印良品

味はいいのに、見た目が悪いだけで捨てられてしまう食材ももったいないです。

無印のおやつの不揃いバウムは焼きムラや凸凹、変形などを理由にはじかれていた部分も活かしたバウムクーヘンです。

わが家ではバナナバウム150円(税込)が人気です。

バナナの甘みも手伝ってボリューム感があり、子供2人のおやつに半分こで十分足りています。

スーパーでおやつを買うと、ひとり1個ずつで200円以上かかることを考えると、味もボリュームも満足で75円で済むのはうれしいです。

7. IKEA・HUVUDROLL フヴドロル 500g/699円(税別)

フヴドロル

≪画像元:IKEA

アニマルウェルフェアという言葉をご存知でしょうか。

家畜にとってストレスや苦痛の少ない飼育方法を目指す畜産の在り方のことです。

日本ではまだ馴染みの薄い考えではありますが、世界的にはかなり浸透しています。

SDGsにもこれに関する内容が含まれています。

主婦の行動でこれに直結する1つが代替肉を使うことです。

しかし代替肉は高価であまりおいしくないイメージが強く、実際そんな商品が多いです。

ただIKEAのプラントボールは違います。

完全に「肉」とまではいきませんが、すでについている味付けがとてもおいしいです。

しかもお値段はなんと500g/699円(税別)です。

100g139円ですから、豚挽肉などと同じようなお値段で買えます。

冷凍なので日持ちするのもうれしいです。

レンジで少し温めてサッと炒めて食べられるので調理も簡単です。

味がしっかりついているので、それだけで立派なおかずになります。

気になる商品はあったでしょうか。

お財布に優しいサステナブルな生活にお役立ていただければうれしいです。(執筆者:田丸 可奈)