サラリーマンの方でしたら、日ごろ作成しているパワポでの資料作成が副業に役立つかもしれません。

しかし具体的にどのような形で役立つのか、少し分かりづらいですよね。

  • 資料作成の技術を使った副業があるってホント?
  • 具体的な収入例や始め方は?

パワーポイントでの資料作成で稼ぎたいと思った際、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、「パワーポイントを使った資料作成の副業」についてまとめました。

パワポ作成スキルで稼ぐ

パワーポイントを使った副業はかなり多くの方が求めていて需要が高い

実はパワーポイントを使った資料作成、大きな需要があるのです。

日ごろ作成している方にとっては日常的なものなので、あまり特別に感じないかもしれません。

しかし多くの方がプレゼン資料の作成で悩んでおり、

「先人から教えてもらいたい…!」

「手伝ってほしい!」

と思う方はたくさんいらっしゃいます。

パワーポイントを使った副業ってどの程度のスキルが求められる?

実際にパワーポイントを使った副業に興味を持っても、どのくらいのレベルが求められるか気になる方は多いはずです。

求められるレベルとしては手間がかかる部分のお手伝いから、取引先へプレゼンを行うための資料まで幅広くあります。

  • 適切な情報を収集してわかりやすくまとめる
  • 画像やグラフ、表を作成して挿入する
  • PDFやWebサイトから情報をまとめて転記する

上記のような技術があれば、ひとまず案件をこなすことは可能です。

中には難易度の高いプレゼン資料づくりの案件もあります。

  • すでに作成したプレゼンテーション資料のブラッシュアップ
  • テンプレートの作成
  • 実際に取引先へプレゼンする際の資料を合同で作成

単価が高ければ難易度も高まるため、まずは単純な作業からこなし、ステップアップして行くと良いでしょう。

資料作成の副業を始めるには?

資料作成の副業を始めるには、クラウドソーシングサービスやスキルシェアサービスを使うと良いです。

例えばクラウドワークスの場合、デザイン不要でわかりやすく打ち替える案件もあります。

ある程度クライアントの指示に従って資料を作成するため、初心者でも始めやすいでしょう。

ココナラですと自分の得意分野を打ち出し、そこに依頼したいと思った方から発注をいただく仕組みです。

自身の作成した資料もサンプルとして提示できるので、相場をしっかり見れば初心者でも取り組みやすくなっています。

実際どのくらい稼げるの?

例えばココナラの場合、わかりやすく資料を作る(ジャンル不問)で2,000円~5,000円のものがありました。

クラウドワークスもほぼ同じような相場となっています。

例えば休日や仕事帰りの隙間時間を使い、週に5本・合計20本ほど作成したとしましょう。

そうするとおよそ4万円~10万円は、十分に狙える範囲です。

パワーポイントを使った資料作成は現状なくならず、毎日使われ続けるもの。

大きな需要と市場があるため、個人でも十分に稼げる可能性があります。

人によってはこの資料作成のみで独立を果たし、総合的に企業をバックアップする事業にまで発展させた方もいらっしゃるほどです。

パワポ副業を行う上での注意点

多くの方がつまずくポイントは、

「自分には稼げるだけのスキルがない」

「単価が低くて稼ぎづらい」

と思う部分です。

結果を出す方は1度受託した案件を全力でやりきり、徐々に信頼とスキルアップを積み重ねています。

最初から稼ごうと思うのではなく、自身の仕事にもつながると思いながら続けると良いでしょう。

基本的に信用が大きければ継続の案件ももらえますし、新規の方からご相談も増えます。

少しずつ積み重ねていけるように取り組んでみてください。

パワーポイントでの資料作成

パワーポイントを使った副業は需要が大きく無くならない!

ビジネスでプレゼンを行う際、ほぼ確実に多くの企業がパワーポイントを使っています。

この資料作りは多くの方々が行っており、なくなる仕事ではありません。

同時に手伝ってほしいと思う方も多く、需要はさらに上がっていくでしょう。

副業として取り組む際は、少しずつ信頼を重ねて単価とスキルアップを続けてみてください。

ある程度の結果が出るようになれば、本業でも分かりやすい資料作りがスムーズに行えているはずです。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)