飲食店の値上げが続く中、ついに松屋の牛めしも価格が引き上げられました。

しかし中には、価格を据え置いた商品もあります。

今回は、5月2日(月)より実施となった、松屋の価格改定と値上げ分をカバーするお得術を紹介します。

※記事内の表記価格はすべて税込です

一部メニュー値上げ

5/2~松屋で一部メニューを値上げ

松屋の「牛めし」が、5月2日(月)より値上げされました。

さらに、看板メニューの牛めしだけでなく、他商品も一部価格を改定。

これにより、70円の値上げが実施されることとなりました。

松屋で一部メニューを値上げ

≪画像元:松屋

価格改定の時間は店舗によって異なりますが、5月2日(月)中、順次価格が改定されます。

松屋の値上げは、原材料の価格高騰や人件費・物流費のコスト増によるもの。

価格引き上げがやむを得ないことは、想像するまでもありません。

値上げ・価格据え置きメニュー

松屋の価格改定は、値上げだけでなく、価格を据え置いたメニューもあります。

【値上げ商品】

・ 牛めし

小盛:530円 → 350円(+20円)

あたま大盛:480円 → 500円(+20円)

特盛:650円 → 680円(+30円)

・カレー

大盛:580円 → 540円(+40円)

・定食

牛焼肉定食:650円 → 690円(+40円)

カルビ焼肉定食:660円 → 730円(+70円)

ブラウンソースハンバーグ定食:690円 → 730円(+40円)

【価格据え置き商品】

・ 牛めし 並盛:380円

・ 牛めし 大盛:530円

・ オリジナルカレー:480円

【新グランドメニュー】

・ ごろごろ煮込みチキンカレー 並盛:630円

・ たっぷりシャリアピンソースのポークソテー定食:730円

・ たっぷりシャリアピンソースのチキンソテー定食:730円

・ ネギ塩チキングリル定食:730円

今回の価格改定は、昨年9月から数えて2度目。

昨年320円から380円へ値上げとなった牛めしは、今回“価格据え置き”となりましたが、定食メニューは最大70円も価格引き上げです。

価格改定はマイナスばかりではない

値上げというとデメリットの印象がありますが、今回の価格改定により、新たに始まるサービスもあります。

〈新サービス〉

定食・ライスセット・朝定食注文で「ライス大盛」または「ライス特盛」無料

定食は40~70円値上げとなりましたが、その代わりライスを何杯食べても追加料金がかかりません。

大盛ライスで食べたい方やお腹いっぱい食べたい方にとっては、今回の改定はメリットの方が大きいかもしれません。

値上げ分をカバーする節約術

新サービスや価格据え置きのメニューもあるとはいえ、値上げによる出費増は避けられません。

そこで筆者は、松屋の値上げ分をカバーする節約術を考えました。

・ 松屋公式アプリのクーポン

・ LINEクーポン

・ ニュースサイトのクーポン

・ Twitterの雨の日クーポン

・ スマホ決済のキャンペーンやクーポン

・ 松弁ネットのキャンペーン

松屋で使えるクーポンは、「公式アプリ」「LINE」「ニュースサイト」など種類豊富です。

とくに注目したいのが、松屋公式Twitterアカウントが配信する「雨の日クーポン

≪画像元:Twitter

気象庁が発表する降水確率が70%を超えると、配信されます

そのため、雨の日を狙って松屋を利用するのもお得術のひとつです。

≪画像元:PayPay

また、PayPayでも、5月29日(日)まで使える「5%OFF」のPayPayクーポンも配信中です。

1円以上の支払いで使えますので、利用すれば必ず得します。

さらに松屋では「松弁ネット」で実施するポイントアップキャンペーンも定期的に開催しています。

PayPayやd払いなどのスマホ決済にも対応しているため、各キャッシュレスが配布するクーポン・キャンペーンを活用するのもおすすめです。

値上げ後も松屋をお得に利用しよう

松屋の値上げは家計に負担がかかりますが、松屋は使える割引が多いことも魅力。

使えるお得術はとことん活用して、値上げ後も松屋をお得に利用していきましょう。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)