キャッシュレス手段が多数ある中では、電子マネーのQUICPayはそれほど目立つものではありません。

2005年にさかのぼる、業界では古いツールですが、使ったことのない人も多いと思われます。

ですが今QUICPayは要注目です。

クレジットカードとの組み合わせによっては大きな還元率になるからです。

QUICPayが自分に関係ないと思っている人に向けて、活用のアドバイスをいたします。

QUICPay

QUICPayのおさらい

交通系(Suica等)、nanaco、WAON、楽天Edyなどは、事前チャージの必要なプリペイド式電子マネーです。

これらに比べると、ポストペイ式(チャージ不要で、組み合わせたカードで決済するタイプ)のQUICPayは影が薄いように感じます。

同じポストペイ式のiDほど、加盟店が多くないのも難点です。

そんなわけでなくても困らないものの、あると便利なQUICPayを振り返ってみます。

カードタイプや、nanaco一体型のQUICPayも健在ですが、ここではモバイル利用に限定して取り上げます

Apple Pay、Google Payで使うのが基本だが、おサイフケータイも

現在のQUICPayは、Apple Pay、Google Payで使う人が多いはずです。

ただしすべてのクレジットカードブランドが対応しているわけではありません。

また対応していたとしても、ブランドによりQUICPayかiD、あるいはタッチ決済のいずれかに振り分けられるため、すべてのクレジットカードでQUICPayが使えるわけではありません

Androidスマートフォンでは、おサイフケータイでQUICPayが使えます。

ただし対応カード会社は限られています。

以下は、QUICPayの使える人気のカードの例と、使えるアイテムです。

・ 楽天カード  → Apple Pay、Google Pay

・ セゾンカード → Apple Pay、Google Pay、おサイフケータイ

・ JCBカード(オリジナルシリーズ) → Apple Pay、Google Pay

・ エムアイカード → Apple Pay、Google Pay

・ オリコ → Apple Pay、おサイフケータイ

・ セディナ → Apple Pay、おサイフケータイ

・ PayPayカード → Apple Payのみ

・ エポスカード → Apple Payのみ

・ アメックス(プロパー) → Apple Payのみ

・ Kyash(プリペイドカード) → Apple Pay、Google Pay

QUICPayはチャージ不要

QUICPayのメリットは、チャージが不要な電子マネーであることです。

QUICPayで支払うと、紐づけたクレジットカードの即時決済となります。

チャージ不要なのは便利ですが、デメリットにもなります。

プリペイド式のようにWポイントとならず、クレジットカード決済と還元率が変わらないためです。

ただしQUICPayにも、ポイントを上乗せしてくれる組み合わせがあるので後述します。

QUICPayは使えるシーンで使えばいい

QUICPayは普及にあたって次の通り問題を抱えています。

・ すべてのクレジットカードが対象ではない

・ 加盟店がiDより少ない

・ タッチ決済が追い上げてきている

使えない加盟店がわりと多いのは困ります。

確かにドラッグストアならおおむねOKですが、スーパーになるとイオン、セブン系の大手が目立つのみです。

カフェでもそれほど普及しておらず、スターバックスでは利用不可です。

ですがポストペイ式の決済は、これだけ使い続けるような性質のものではありません。

使える際に使えばそれで十分です。

QUICPayでお得になるクレジットカード

QUICPay、それからiDというポストペイ式の電子マネーは、クレジットカード直接決済と効果が変わらないのが基本です。

クレジットカードのタッチ決済が普及してきた昨今、その価値が今後失われていく可能性も否定できません。

ですが、少ないながらQUICPayを使って上乗せのあるカードも存在するので取り上げます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

QUICPayの可能性を大きく押し上げそうな1枚が、セゾンパール・アメックスです。

バーチャルカードであるセゾンパールDigitalも登場しました。

こちらは申し込んですぐ使えます。

年会費実質無料(年間一度の利用で無料)のこのカードは、QUICPayにセットして使うと、還元率が実に3.0%となります。

ただし残念なお知らせです。

2022年8月からは還元率が2.0%に低下し、さらに11月以降は未定となっています。

それでも、2.0%で止まればなお大きな還元率です。

25歳未満の人限定ですが、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートでQUICPay決済すると5.0%還元となる特典もあります。

Orico Card THE POINT Premium Gold

オリコカードザポイントプレミアムゴールドは、年会費1,986円のゴールドカードです。

格安ゴールドと呼ばれる、実益特化型のゴールドです。

このカードの券面には、QUICPayとiDが付帯しており、どちらの電子マネーで支払ってもポイントが0.5%上乗せされます。

基本還元率1.0%のカードが、1.5%となるわけです。

モバイルについては、オリコの場合Google Pay非対応であるものの、AndroidユーザーはおサイフケータイでQUICPayが使えます。

2022年12月まで開催中! 毎月9の日はQUICPayを

QUICPayでは、毎月3回ある「9の日」、つまり9日、19日、29日に全額キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

対象日ごとに、222名の利用者に対して、1万円を上限とする利用額全額キャッシュバックが当たります。

日ごろは使わないという人でも、9の日だけは抽選に期待してQUICPayを使ってみるのもおすすめです。

メインでなくてもいいからQUICPayを使ってみよう

比較的地味なのですが、時として大きな威力を持つQUICPayについて見てきました。

対応クレジットカードを持っている人なら、特にリスクなく始められますので、ぜひ使ってみてください。

新規にカードを取得するなら、セゾンパール・アメックスがおすすめです。(執筆者:沼島 まさし)