リンガーハット・餃子の王将・松屋など、飲食チェーン店の「価格改定」が続く中、ついに「ケンタッキーフライドチキン」でも価格の引き上げが実施されます。

一部商品の価格改定となりますが、実際にはどのメニューがどれほどの値上げとなるのでしょうか。

今回は、「価格改定」の詳細と、値上げ分をカバーする方法について紹介します。

※記事内の表記価格はすべて税込です

一部メニューの 価格引き上げ

6/1~ケンタッキーで「価格改定」を実施

ケンタッキーフライドチキンでは、一部メニューの価格引き上げを行います。

「価格改定」は、6月1日(水)と7月6日(水)、2回に分けて実施。

メニューごとに日程を分けて、単品・セット・パック・ボックスを含む、全38商品を値上げします。

一部メニューとはいえ、対象商品はなかなかの数ですね。

価格改定のメニュー

それでは、ケンタッキーの「価格改定」の主なメニューを、旧価格・新価格と合わせて見ていきましょう。

【6月1日(水)から値上げ】

・ チキンフィレサンドセット:700円 → 740円(+40円)

・ 和風チキンカツサンドセット:700円 → 740円(+40円)

・ ペッパーマヨツイスターセット:660円 → 690円(+30円)

・ てりやきツイスターセット:660円 → 690円(+30円)

・ オリジナルチキンセット:800円 → 840円(+40円)

・ チキンフィレサンドボックス:900円 → 940円(+40円)

・ 和風チキンカツサンドボックス:860円 → 890円(+30円)

・ ペッパーマヨツイスターボックス:860円 → 890円(+30円)

・ てりやきツイスターボックス:860円 → 890円(+30円)

・ ランチA(ペッパーマヨツイスターセット):550円 → 590円(+40円)

・ ランチB(チキンフィレサンドセット):600円 → 640円(+40円)

・ ランチC(和風チキンカツサンドセット):600円 → 640円(+40円)

・ ランチW(オリジナルチキンセット):700円 → 740円(+40円)

【7月6日(水)から値上げ】

・ オリジナルチキン:250円 → 260円(+10円)

・ 骨なしケンタッキー:250円 → 270円(+20円)

・ オリジナルチキン4ピースパック:1,290円 → 1,390円(+100円)

・ クリスピーセット:760円 → 790円(+30円)

・ キッズナゲットセット:500円 → 540円(+40円)

・ キッズクリスピーセット:500円 → 540円(+40円)

・ ポテトS:230円 → 240円(+10円)

・ ポテトL:330円 → 340円(+10円)

・ ポテトBOX:650円 → 690円(+40円)

・ カーネルクリスピー:230円 → 240円(+10円)

・ ビスケット:230円 → 240円(+10円)

・ ナゲット3ピース:250円 → 270円(+20円)

・ ナゲット5ピース:400円 → 420円(+20円)

・ コールスローS:230円 → 240円(+10円)

・ コールスローM:260円 → 290円(+30円)

・ コーンサラダ:260円 → 290円(+30円)

・ チョコパイ:230円 → 240円(+10円)

・ ドリンクS:200円 → 220円(+20円)

・ ドリンクL:280円 → 290円(+10円)

・ ホットティー:220円 → 240円(+20円)

・ オレンジ100%パック:140円 → 150円(+10円)

・ KFC富士山の天然水:120円 → 130円(+10円)

・ ディップソース(バーベキュー):70円 → 80円(+10円)

・ ディップソース(マスタード):70円 → 80円(+10円)

6月1日(水)より値上げする商品は、「サンドセット・ボックス」「チキンセット」「ツイスターセット・ボックス」「ランチ各種」が主です。

税込550円から楽しめることが魅力のランチも、価格改定後は590円からとなります。

7月6日(水)の値上げは、「オリジナルチキン」「各種サイドメニュー」「ドリンク」が対象です。

オリジナルチキン単品は、10円の値上げ

お得な4ピースパックも、20円の価格引き上げとなります。

いずれも単品価格の値上げがほとんどですが、今回の「価格改定」は、全体で10~100円の価格引き上げ。

ケンタッキーは、ファストフード店の中も値段が高めということもあり、数十円の値上げでも家計への負担は増えそうです。

値上げ分をカバーするお得な買い方

価格改定後もケンタッキーを変わらず楽しみたい筆者は、値上げ分をカバーできるお得な方法について考えてみました。

・ 公式アプリクーポン

・ カーネルクラブのクーポン

・ LINEクーポン

・ Yahooクーポン

・ ニュースアプリのクーポン(スマートニュースなど)

・ レシートのアンケートクーポン

・ PayPayクーポン

・ スマホ決済各社のキャンペーン(ポイント還元など)

・ 期間限定のお得なパック(シェアBOX・1,000円パックなど)

・ 毎月28日限定の「とりの日パック」

値上げ分をカバーするのなら、定価で買ってはいけません。

クーポンや割引をとことん使用し、値引き価格で購入することが基本です。

ケンタッキーでは、公式アプリ・カーネルクラブの他、LINEやニュースサイトでもクーポンを配信しています。

それぞれクーポンの内容が異なるうえに、併用も可能ですので、確認しておきましょう。

また、PayPayやメルペイなど、スマホ決済各社のクーポン・キャンペーンを利用するのもおすすめ。

«画像元:PayPay»

PayPayクーポンでは現在、5月29日(水)まで使える「5%付与クーポン」を配信中です。

価格改定後もクーポンを配信する可能性がありますので、定期的にチェックしておきましょう。

productName

«画像元:ケンタッキーフライドチキン»

クーポン以上に得する気分を味わうには、毎月28日限定の「とりの日パック」や、期間限定のパック・ボックスの購入をおすすめします。

価格改定後も、「とりの日パック」は価格据え置き

税込1,000円のお手頃価格は変わりません。

また、期間限定のパックは、積み上げ価格との差額が大きく、コスパの高い商品が多め。

期間限定のパックが販売されたときだけ、ケンタッキーを楽しむというのも良いですね。

ケンタッキーの価格改定は、6月1日(水)と7月6日(水)に実施します。

値上げ後は使えるクーポン・キャンペーンを活用して、変わらずお得に利用しましょう。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)