TカードPrimeは、日曜に使うとポイントが1.5倍になるお得なカードです。

電子マネーチャージも1.5倍の対象になるため、日曜日にまとめてチャージしていた人も多いのではないでしょうか。

ですが残念ながら2022年8月より、電子マネーチャージはポイント付与の対象外になってしまいます。

対象外になる電子マネーと、8月以降に使うべき代替カードについて詳しく解説します。

TカードPrime電子マネーへの チャージはポイント付与なし

実は以前から対象外だと指摘されていた!?

実は今年の3月辺りから、チャージは対象外ではないかと話題になっていました。

TカードPrimeの会員規約がいつの間にか変更されており、電子マネーチャージは対象外であることが追記されていると言うのです。

規約を確認したところ、確かに電子マネーチャージは対象外と書かれています。

第4条(本ポイント付与の対象外取引)

次の各号に定める代金については、本ポイント付与の対象外とします。

【中略】

(6)Edy、nanaco、Kyash、WebMoney、TOYOTAWa

llet、Tマネー等の電子マネーの各チャージ利用代金。

引用元:Culture Convenience Club Co.,Ltd.

規約には書かれているものの、3月以降も「電子マネーチャージで1.5倍付与された」という声が多く、いつからこの規約が適用されるのか謎とされていました。

ですが5月9日、TカードPrimeを提供するジャックスより以下のようなメールが届き、事態は急変。

TカードPrimeの規約変更
≪執筆者提供≫

規約が適用されるのは8月1日とのお達しが届きました。

直接メールで通知が来たため、今回確定と見て間違いないでしょう。

チャージに最強と言われたTカードPrimeですが、残念ながら8月以降ポイント付与はありません

8月以降の代替カードを今のうちに探しておいたほうが良さそうです。

TカードPrimeが対象外になった後の代替カードはある?

TカードPrimeでは日曜日なら電子マネーチャージでも1.5%還元されていましたが、ここまでお得なカードはなかなかありません。

チャージ対象外となった後、どのカードでチャージすれば良いのか、還元率が1.5に%に近いカードをいくつか紹介します。

高還元率でチャージするためには、カードごとにそれぞれ条件があります。

条件をよく読んで、使えるかどうか考えてみてください。

楽天カード

還元率 1.0%

(キャンペーン利用で2%)

貯まるポイント 楽天ポイント
年会費 永年無料
ブランド VISA/Mastercard/JCB/American Express

楽天カードは年会費1%ですが、キャンペーンを利用すればポイントが2倍に跳ね上がります。

楽天市場の街で2倍キャンペーン
≪画像元:楽天カード

こちらの「街で2倍」キャンペーンにエントリーの上、楽天市場で2万円以上お買い物をすれば、その月の電子マネーチャージが2%還元されます。

楽天市場でよくお買い物をする人は、こちらのキャンペーンの利用をおすすめします。

付与限度額は最大1,000ポイントまでとなっており、5万円までのチャージが対象です。

この街で2倍キャンペーンは今のところ毎月開催されていますが、過去に何度か内容が変わっています。

電子マネーチャージが対象外に変更される可能性もあるので、チャージ前に詳細条件を確認するようにしてください。

三井住友カード ゴールド(NL)

還元率 0.5%

(100万円利用で実質1.5%)

貯まるポイント Vポイント
年会費 5,500円

(100万円以上利用で永年無料)

ブランド VISA/Mastercard

三井住友カード ゴールド(NL)は年会費が5,500円ですが、100万円以上使えば永年無料で使い続けられます。

初年度に100万円利用し、永年無料で持つと良いでしょう。

また利用金額が100万を超えれば、1万ポイントが別途もらえます。

通常の還元率は0.5%と控えめですが、年間に100万円利用すると1万ポイントもらえるため、実質的な還元率は1.5%となります。

1万ポイントの特典は1度だけでなく、毎年100万円使えば何度でも付与されます。

年間100万円以上使う人は、三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめです。

ただし三井住友カード ゴールド(NL)では、付与対象外の電子マネーがあるので注意してください。

チャージでポイント付与対象外の電子マネー

・ モバイルSuica

・ Apple PayのSuica

・ モバイルPASMO

・ Apple PayのPASMO

・ SMART ICOCA

・ 楽天Edy

・ WAON

・ nanaco

対象外の電子マネーがありますが、上記以外のチャージならポイント付与の対象です。

au PAYや楽天ペイなどのチャージならポイントが貯まるので、ぜひ検討してください。

チャージした電子マネーで支払い

7月中にまとめてチャージがおすすめ

TカードPrimeの規約変更は残念ですが、まだ時間はあります。

今のうちにしっかり活用し、まとめてチャージしておくと良いでしょう。

条件によってはチャージで1.5%以上還元されるカードもあるので、8月以降の代替カードを今のうちにご検討ください。(執筆者:西本 衣里)