筆者は子どもの頃から業務スーパーに通い続け、約20年以上お世話になっています。

節約に役立つ商品もたくさんありますが、「買って後悔」した商品も少なくありません。

そこで今回は、業務スーパーで買い物の失敗を減らすために実践していることを紹介します。

安いけど1個にしとこ

1. 事前に口コミをチェックする

試してみたい商品があるときは、購入前に口コミをチェックしています。

商品名で検索すれば、良い意見はもちろんマイナスの感想もたくさん出てきます。

人によって味の好みがありますが、食感や味の雰囲気などの情報を事前にすることは大切です。

口コミを参考に、少しでも「微妙だな…」と思ったら、購入は見送るようにしています。

口コミチェック

2. 食べきれないものは買わない

どんなに魅力的な商品でも、食べきるのが難しそうなものは買いません。

業務スーパーの商品はお得ですが、余らせてしまえばかえって食費がかさむ原因となります。

1kg以上入っている大容量の商品は、とくに注意が必要です。

筆者は以前、1kg入りの「牛乳パックスイーツ」を買った際、食べきれずに残してしまいました。

それ以来、大容量の商品は、傷む前に消費できるものだけ購入するようにしています。

冷蔵品の場合は、開封後も長期保存できるよう「冷凍できるもの」を中心に買うと、ロスが減るのでおすすめです。

3. 大容量商品はデメリットもチェックしておく

業務スーパーの失敗で案外多いのが、味ではなく「手間がかかる」という点。

一般家庭サイズよりも大容量商品の方が、断然高コスパです。

しかし、大容量であるがゆえに、使い勝手が悪かったり、保存の手間がかかったりする商品も少なくありません。

例えば、「1kg入りのカレールー」。

普通サイズよりも量が多く割安ですが、ルーが大きなブロックでそのまま入っていました。

購入後は、包丁で割る必要があるため、手間も時間が必要です。

このように、コスパは良くても、かえって家事の負担が増える「買って後悔商品」もあります。

購入する際は、パッケージの裏面や口コミをチェックしておくと良いです。

山盛りポテトフライ

4. 初めて試す商品は1個まで

業務スーパーでも、定期的に新商品が販売されます。

新しい商品を見るとつい試してみたくなるのですが、筆者は

「1回の買い物につき1個まで」

と制限しています。

新商品は口コミが乏しいため、味や食感が未知数なものばかり。

買って後悔する可能性も高いので、まとめ買いはリスクが高いです。

リサーチや事前準備で「買って後悔」は防げる

業務スーパーの商品は、大容量・外国産などの理由から、「買って後悔」する商品もあります。

試したことがない商品を購入する際は、口コミをチェックする、保存方法を考えておくなど工夫して、「買って後悔」を防ぎましょう。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)