セゾンカードはクレジットカード業界のパイオニア的存在で、

「年会費無料が当然」

「ポイントが失効しない」

というシステムを先駆けて構築してきました。

ポイント還元率が低めなのは難点でしたが、現在ではセゾンパール・アメックスとQUICPayとの組み合わせによる、常時3.0%還元が登場しています。

あいにく2022年8月から2.0%への低下が発表されました。

さらに202211月以降は未定ですが、それでも高い還元率です

注目度の高まるセゾンの永久不滅ポイントですが、交換方法に気を付けないと損をします

たまったポイントの最終的な利用方法を見ていきます。

等価のアイテムに交換しよう

セゾンパールとQUICPayで3.0%還元

LINEクレカの数字が2.0%から1.0%に低下した2022年、最も注目すべき還元率がこの組み合わせです。

こちらも還元率低下が発表されていますが、少なくとも2022年10月までは2.0%です。

対象カードは次のいずれかです。

いずれも、年間一度の利用で年会費無料となるカードです。

・ セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

・ セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードDigital

ポストペイ式電子マネーのQUICPayにセットすると、還元率がポイント6倍の3.0%となります。

QUICPayで使うのが前提である以上、バーチャルカードであるDigitalもおすすめです。

この場合申し込んで審査に通ると、すぐ使えるようになります。

なお25歳未満限定で、QUICPayで3大コンビニでの支払いが還元率5.0%(ポイント10倍)となるサービスも実施しています。

セゾンアメックスカード

«画像元:クレディセゾン»

永久不滅ポイントのおすすめ交換アイテム

クレジットカード各社のポイントプログラムの中には、交換率の低いものが紛れているので気を付けてください。

セゾンカードの永久不滅ポイントも同様です。

セゾンパール×QUICPayの3.0%という高い還元率も、最終的なポイント交換が等価前提の数字です。

仮にポイントからの交換率が1:0.8であるなら、還元率は3.0%でなく実質2.4%になってしまいます。

等価交換できるもの(共通ポイント、金券等)を見ていきます。

永久不滅ポイントは1ポイント5円相当のため、数字が5倍となる交換先が等価となります。

永久不滅ポイントから等価で交換可能な共通ポイント等

永久不滅ポイントの交換アイテムで、次の共通ポイント等は等価です。

・ dポイント(100ポイント ⇒ 500円)

・ Ponta(100ポイント ⇒ 500円 ※au IDのある場合のみ等価)

・ Amazonギフト券(100ポイント ⇒ 500円)

・ PARCOポイント(100ポイント ⇒ 500ポイント)

・ ベルメゾンポイント(200ポイント ⇒ 1000ポイント)

・ プリンスチケット(200ポイント ⇒ 1000円)

・ apollostationキャッシュプリカ(1000ポイント ⇒ 5000円)

・ すかいらーくご優待券(200ポイント ⇒ 1000円)

・ モスカード(400ポイント ⇒ 2000円)

共通ポイントのdポイント、Pontaは使い勝手もいいのでおすすめです。

マイル交換はANAが有利

永久不滅ポイントから、JALおよびANAマイルへの交換ができます。

交換レートは次の通りです。

・ JAL … 200ポイント → 500マイル

・ ANA … 200ポイント → 600マイル

JALの場合、「1,000円相当 → 500マイル」であり、このレートはごく普通です。

ANAの場合、「1,000円相当 → 600マイル」で、なかなか有利なレートです。

セゾンカードの還元率を通常通り0.5%と考えるなら、マイル還元率0.3%ということで、特筆すべき数字にはなりません。

ですがセゾンパールのユーザーで、QUICPayを主として使っている人の場合、還元率3.0%、マイル還元率1.8%という大きな数字と考えられます。

還元率が2.0%に低下しても、マイル還元率1.2%です。

ANAマイラーならメインの航空系カードに加え、セゾンパールを活用するのはいい方法です。

ポイント有効期限がない点も、マイル獲得に向いています。

ふるさと納税は等価だが、カード払いのほうが得

セゾンのふるさと納税に永久不滅ポイントが使えます(カード払い併用可)。

レートは、100ポイントにつき500円なので、等価です。

ただしふるさと納税の場合、セゾンカード払いでポイントが3倍になる特典があるため、ポイント充当するよりカード払いが得です。

カード請求額充当は等価ではない

セゾンカードのショッピング請求金額に永久不滅ポイントを充当できるサービスがあります。

こちらは200ポイントにつき900円の換算で、1ポイント4.5円相当のため、若干目減りします。

還元率が高くなる永久不滅ポイントも、交換には注意しよう

永久不滅ポイントは、1ポイント=5円ということにはなっているのですが、目減りする交換も多くなっています。

損したくないのならPontaかdポイントが安心でしょう。ただし交換レートも「永久不滅」とは限らないので、交換の際には必ず確認してください。

ANAマイルに関しては、現状他のポイントよりいいレートで、おすすめです。

永久不滅ポイントも、最終の使い道を把握してからためましょう。(執筆者:沼島 まさし)