拾い物と言えば少しイメージが悪いものの、実際は需要があればいくらでも拾って販売することが可能です。

少し手をかければ、さらに価値のあるものとして利益を追求することもできます。

「拾い物で副業が行えるってホント?」

「実際どのくらい稼げるのか知りたい」

なるべく元手なしで稼ぎたいと考えると、上記のような疑問にたどりつきます。

そこでこの記事では拾い物で稼ぐ副業について、具体的に価値がある拾い物を4つまとめました。

拾い物で稼ぐ

需要のある拾い物1:流木

流木は浜辺に行くとよく落ちているため、見慣れている方はただの風景と化しているかもしれません。

しかし意外と根強い需要があり、正しくお手入れを行えば販売可能です。

例えば水槽の観賞用やバードジムの作成、インテリアとして需要があります。

メルカリ内を流木で検索すれば、多数の商品がヒットするのでぜひ見てみてください。

価格としては800~1,500円ほどで取引されています。元手は0円なので、利益率が100%です。

ただし流木はそのまま売れないので、アク抜き作業を行わなくてはなりません。

需要のある拾い物2:シーグラス

シーグラスは海に流されたガラスの破片が削られて、丸みを帯びた形状になったものです。

非常にきれいな風合いを見せるものもあるため、アクセサリーやハンドメイド用に根強い需要があります。

メルカリでもシーグラスと検索すれば、加工したものから加工前のものまで多数ヒットするはずです。

加工前のものなら、セットで700~900円ほど。加工したもので1,500~3,000円と幅が広くなっています。

人によってはシーグラスの販売を仕組み化し、月収100万円を稼ぐ方もいるようです。

需要のある拾い物3:木の実や葉っぱ

意外と木の実も需要があり、高値で取引されることが多いです。

料理の飾りに使われる葉っぱを販売する方もいて、中には年商億単位の企業もあるほど。

木の実は種類によって人気が分かれており、どんぐりや松ぼっくりといったメジャーなものがよく取引されています。

単価も人気や販売方法によって大きく変わるため、どんなものが売れるのかひたすら出品してみると良いでしょう。

メルカリ内でもどんぐりの帽子が600円ほどで売られていたり、木の実のセットで1,600円というのも見かけたりします。

需要のある拾い物4:薪

薪は非常に需要があり、企業から個人まで幅広く取引がされています。

個人用途ならキャンプから薪ストーブ、企業なら窯焼きピザの専門店と幅が広いです。

ただし薪を拾ったとしても、加工して乾燥させる手間があります。

そのためある程度扱いに慣れている方や、保管場所の確保と輸送する車といった問題をクリアできなければなりません。

もし燃焼に問題があればクレームにつながるため、拾い物としては難易度が高いでしょう。

薪は相場がおおよそ1kg50円となっているので、軽トラック1台分でも350kg=1万7,500円になります。

安定して供給できるのであれば、顧客を見つけて直接営業をしたほうが稼げるかもしれません。

拾い物で副業を行う際の注意点

拾い物で副業を行う際、注意すべき点は「土地に不法侵入しない」ことです。

誰でも入れるからといって、実は私有地だった…ということがないようにしましょう。

とくに木の実や薪を探す場合、取り過ぎれば問題になってしまうことも考えられます。

最初は小さく始めてみて、収益になりそうなら土地の所有者に交渉や許可を取ることも考えてみましょう。

低リスク、利益が出やすく、ハンドメイドとも相性よし

拾い物は元手がかからないため、すぐに始めて収益が出やすいです。

何か副業を始めてみたいけど…と悩んでいる方は、ぜひ気軽に始めてみても良いでしょう。

さらに今回ご紹介したものは、ハンドメイドとも相性が良いです。

組み合わせてさらなる収益アップにもつながる可能性があります。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)