YouTubeショートは非常に再生回数が付きやすく、うまく活用すれば広告収入UPにもつながります。

とはいえ具体的にどうすればいいのか、分からない方もいらっしゃるでしょう。

「YouTubeの再生回数が伸びない…」

「伸ばし方や広告収入を増やす方法は?」

YouTubeの副業を行っている方で、広告収入が増えない方は上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、「YouTubeショートを活用した広告収入の稼ぎ方」についてまとめました。

YouTubeショートで稼ぐ方法

再生回数が付きやすいので、活用すれば広告収入につながる

スマホで見るのに最適な「YouTubeショート」をご存じでしょうか。

よくYouTubeを見ていると、縦型の動画で1分以内のものを見かけるときがあります。

実はこのYouTubeショート、サクサク見られるので非常に再生回数がつきやすいです。

筆者もYouTubeチャンネルを運営している際、YouTubeショートを活用してうまくメイン動画へ誘導しています。

具体的な収入例も合わせて照会しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

YouTubeショート自体は収益になりにくい

そもそもYouTubeショートは、どのくらいの再生回数でどの程度の収益になるのでしょうか。

筆者の場合、33万回再生されたショートの収益を見てみると、なんと「276」円です。

あまりにも少ないですよね。

YouTubeショート単体で見てみると、33万回再生されていても300円すら稼げません

ちなみにメイン動画で20万回再生された動画を見たところ、なんと5万6,358円でした。

あまりにも違いすぎますね。

YouTubeショート単体では、収益になりにくいのが分かるかと思います。

YouTubeショートは数が付くけどメイン動画を見てくれない

ショート動画を更新すると、下記のメリットがあります。

・ 視聴回数が非常に付きやすい

・ 編集時間が短いので負担が少ない

・ 登録者数が増えやすい

編集がラクなのでどんどん更新しやすく、視聴回数も増えて登録者数も大きく増やせるメリットがあります。

しかし致命的な弱点として、

「ショート経由の視聴者はメイン動画をほぼ見てくれない」

のです。

筆者のデータでも確信を持って言えますし、筆者の周りでも「ショートは伸びるけど収益にならない」と口をそろえて言っています。

いくら再生回数が回っても、収益にならないのでは見かけ倒しの数字でしかありません。

YouTubeのメイン動画

YouTubeショートからメイン動画を見てもらうには

筆者が発見した手法は、全く難しいものではありません。

ただ

コメント欄に、メイン動画のおすすめを載せておくだけ

です。

思わずクリックしたくなるような、多少のキャッチコピーは必要かもしれません。

あまりにカンタンすぎるかもしれませんが、意外とやっている方は少ない印象を受けました。

つまりたくさん見られるショートを広告等にして、メイン動画へ流入させるやり方です。

YouTubeショートを活用した流入はどれくらい稼げる?

筆者のデータですと、おおよそ10~15%くらいはショート経由でメイン動画へ流せています。

具体的には3.3万回再生されているショートに、流入がない限定公開のメイン動画をリンクさせました。

3.3万回に対し、限定公開の動画は5,000回ほど。

収益は筆者のチャンネルがおおよそ1再生3.5円なので、収益は約1万7,500円になります。

正直言ってしっかり狙えば、3万回再生のショートはすぐ作成可能です。

あとは同じスキームを複数作ってしまえば良いでしょう。

メイン動画はなかなか見てもらえない構造になりつつあるので、ショートで流入させれば広告収入を安定的に稼げる可能性があります。

YouTubeショート

チャンネル開設当初でも十分に通用する

チャンネル開設当初は、まだ収益化の審査が通っていません

しかしこのやり方を使えば、時間はかかるものの、一般的なやり方よりも早く収益審査ラインに到達可能です。

またココナラや一部のSNS代行企業では、収益審査ラインに到達するまで広告を行ってくれるプランもあります。

実際に筆者も1チャンネルで収益化代行を依頼してみたところ、BANされることもなく収益審査ラインに到達しました。

投資を行って早めに収益化するのも手ですし、ゆっくり種まきとノウハウの蓄積を行うのも良いでしょう。

ショートを活用して広告収入を稼ぐ際の注意点

この方法を使って稼ごうと思う際の注意点は、ショートフィードの構造がいつまで続くか分からない点です。

ショートフィードはいわゆるショート動画のおすすめで、ここに載るとより再生回数を稼げます

横長のYouTube動画とショートフィードは、別々のサービスとして独立している印象です。

今はまだサービスが始まって間もない面もあり、独自のアルゴリズムがどんどん改善・進化していく見込みがあります。

同様の手法で稼ぎ続けられるかどうかは、正直未知数な部分が多いです。

現状では筆者もこの方法で流入を確保できていますが、そもそもショートが見られなくなっては流入さえ起こせません。

常にどういう状況かを観察しながら、新たな方法で稼いでいけるよう行動を起こす必要があるでしょう。

YouTubeを視聴中

YouTubeショートを活用すればメイン動画にも流入させられる

YouTubeショートの更新を行いだしてから、月間50万回程度だったチャンネルの1つが300万回を超えるようになりました。

しかし収益はほぼ変わらない状態だったため、どう流入させるべきか悩んだ結果のお話です。

現状はまだ通用しますが、後々通用しなくなる可能性は大いにあります。

ぜひ気になる方はショートの活用方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)