少し前から話題となっている、「歩くだけで稼げる」と評判のアプリ「STEPN(ステップン)」。

ブロックチェーンの技術やスマートフォンの位置情報を利用したゲームで、筆者も2022年3月末から使い始めました。

約1か月かけて初期投資分を回収したところで、仮想通貨市場に大きな変化があり、ゲームを通して稼げる金額が大幅に減ってしまいました。

この記事では、前回記事に続いての筆者の体験談をお届けします。

STEPNは暴落時の対策で次に備え

ゲームを通じて得られる仮想通貨の価値が、約8分の1に!

STEPNでは、アプリを設定して歩くことで、GST(Green Satoshi Token)というゲームトークン(仮想通貨)が報酬として得られます。

このGSTについて、2022年4月上旬は1GST=500円台で推移していましたが、4月下旬から急上昇を始め、4月28日には、一時1GST = 1,156.98円を記録しました。

当時、筆者のSTEPNスニーカーのレベルは9。

1日に歩ける時間(約10分、2エネルギー)を通じて、8GSTほどが獲得できていました。

10分歩くだけで、日本円換算で9,000円以上が得られていた計算になります。

さすがの筆者も、当時はあまりのバブルに若干の恐怖を覚えました。

しかし、5月9日以降、仮想通貨市場全体の下落を受けて、GSTの価値も大幅減少

10日前には1GST = 1,000円以上だったものが、5月9日の終値では1GST=484.38円に。

その後も下落は続き、5月31日の終値では1GST = 147.43円となってしまいました。

これを先程の式、1日10分歩いて8GST稼げるスニーカーの場合に当てはめた場合、1日を通じて得られる金額は、日本円にして1,179.44円

10分歩くだけで1,000円以上もらえると考えれば、それでもありがたい話かもしれませんが、少し前の状況を知る者としては、がっかりした気持ちになってしまいます。

STEPNで仮想通貨を稼ぐ

初期投資が回収できないユーザーも

また、STEPNでは、初期投資としてゲーム内で使うスニーカーを仮想通貨で購入する必要があります。

筆者は3月末に、

仮想通貨購入や送金手数料を含め、15万円ほどの初期投資

をしました。

市場全体が下落に転じた5月9日時点で初期投資分がすでに回収できていたので、冷静な気持ちでいられましたが、TwitterなどのSNSでは「スニーカーの原資が回収できない!」「借金までしてゲームを始めたのに!」と、混乱するユーザーの声も見られました。

以前より、

「仮想通貨は価格変動性が高いので、あくまで余剰資金でやるべきだ」

というのを耳にしていましたが、まさにその通りであることを、STEPNを通じて実感しました。

筆者はこの間、レベルアップに注力

STEPNでは、歩いて得られた仮想通貨を使ってゲーム内のスニーカーをレベルアップし、仮想通貨の獲得効率を上げることができます。

筆者は、レベル9まで上げたところで初期投資分の回収に励みましたが、回収が終わってからは、日々得られるGSTをスニーカーのレベルアップに費やし、5月末時点でレベル19になりました。

レベル19では、1日10分歩いて12GSTほどが稼げています。

1GSTあたりの価値が下がったとはいえ、同じ時間でより多くの仮想通貨が稼げますし、もし再びGSTの価値が上がれば、その時に恩恵を受けることができます。

5月は、歩いて得られたGSTをスニーカーのレベルアップに再投資していたため、金銭的な利益はありませんでしたが、次に市場が盛り上がる時に備えての準備期間と位置づけています。

仮想通貨市場の高騰に備える

初期費用は5月末現在3~4万円、余剰資金でチャレンジ

筆者がSTEPNを使い始めて約2か月。

筆者はこのゲームをきっかけに、仮想通貨のいいところも悪いところも、ジェットコースターのように体験することができました。

ちなみに、STEPNへのこれからの参入について。

5月末現在では、初期費用が日本円換算で3-4万円ほどになりました。

稼げるか、で言えば不安材料のほうが大きいですが、ゲームを通じて新しい技術や知識に触れられること、毎日歩く習慣が身に付くことなど、仮想通貨を稼ぐこと以外に得られるメリットもあります。

最悪、なくなってもいい余剰資金があれば、チャレンジしてみてもいいかもしれません。(執筆者:星澤 美衣)