「スマホ決済はチャージが面倒」と感じている方もいるでしょう。

PayPayはオートチャージが可能ですが、これまではちょっと不便でした。

それが解消されたので、紹介します。

「決済時」のオートチャージが可能に

これまでPayPayのオートチャージのタイミングは「決済後」

オートチャージとは、自動的にPayPay残高にチャージしてくれる機能です。

これまでのオートチャージは、「決済後」にPayPay残高が一定額以下になった場合、事前に設定した金額をチャージしていました。

しかしこれですと、決済前にPayPay残高が不足している場合、決済エラーとなります。

そのため、事前にPayPay残高へのチャージを行う必要がありました。

これでは、オートチャージの意味がありませんね。

「決済時」のオートチャージが可能に

「決済時」のオートチャージが可能に
≪画像元:PayPay

そんな不満を解消するため、6月1日にオートチャージ機能が改善されました。

「決済時」のオートチャージが可能になったのです。

PayPay残高での支払い時に残高が足りない場合、自動的に不足額以上がチャージされ、支払いが完了します

もう決済エラーが出ることはありません。

最小チャージ金額を設定できる

最小チャージ金額とは、残高不足時にチャージする最小金額です。

1万円に設定した場合、残高が5,000円不足していても、1万円がチャージされます

逆に、残高が2万円不足している場合は、設定の1万円以上の不足金額全額(2万円)がチャージされます。

オートチャージの設定方法

オートチャージの設定方法
≪画像元:PayPay

オートチャージは、以下の流れで設定してください。

1. ホーム画面より「チャージ」をタップ

2. 「オートチャージ設定」をタップ

3. 「オートチャージを有効にする」をタップ

4. 「最小チャージ金額」「チャージ方法」を選択

新しいオートチャージの注意点

新しいオートチャージ、すぐにでも使いたくなりますよね。

その前に、以下の注意点を確認して、失敗のないようにしてください。

【注意点1】アプリのバージョンを確認する必要あり

PayPayアプリのバージョンが3.43.0以降ですと、新オートチャージを利用可能です。

新オートチャージを利用したい人は、バージョンを確認の上でアップグレードしてください。

【注意点2】新オートチャージを設定すると、旧オートチャージは使えなくなる

新オートチャージ(決済時チャージ)を設定すると、旧オートチャージ(決済後チャージ)は使えなくなります。

決済後チャージがいいという人は、新オートチャージの設定をしないでください

オートチャージされない利用先

以下の支払いでは、オートチャージがされません。

・ 送る・わりかんする

・ 請求書払い

・ セブン-イレブンアプリ経由での支払い

・ Amazon.co.jpでの支払い

また、Yahoo! JAPANのサービスなど、一部のオンライン決済では、2万円/24時間、5万円/30日間以上のオートチャージはされません

使い過ぎに注意

使い過ぎに注意
≪画像元:PayPay

とはいえ、設定以上の金額をオートチャージされたのでは、使い過ぎが心配です。

PayPayが設定している利用上限金額とは別に、自分で1日・1か月あたりの利用可能額を設定できます。

PayPay残高・クレジットカード・あと払い(一括のみ)の利用、全ての合算です。

オートチャージはほぼキャンペーンの対象になる

PayPayのオートチャージが、決済時にされるようになりました。

オートチャージはPayPay残高に対して行われ、支払い元をPayPay残高に設定した利用は、ほとんどのキャンペーンの対象です。

残高の心配なく、オートチャージを利用してください。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)