ここ数か月、株価の動きはとても不安定です。

さまざまな要因から大きく下落したかと思いきや、翌日には大きく上昇する。

そんな動きを繰り返しています。

不安定な相場の動きに慣れていない初心者ほど、不安が大きいのではないでしょうか。

最近になってつみたてNISAを始めた方にとってはこれが「初めての下落」でしょう。

  • このまま続けると損失が大きくなるのではないか・・・
  • 少し価格が戻ったところでやめた方が良いのかな・・・
  • 相場が安定してからまた再開しようかな・・・

こんな考えが強くなっている方もいるかもしれません。

今回は、不安定な相場でもつみたてNISAを続けるべき理由について、解説したいと思います。

不安定な相場でもつづけようつみたてNISA

つみたてNISAは長期積立投資が前提の制度

多くの方がご存じの通り、つみたてNISAは長期投資を前提とした制度です。

年間40万円までの投資額が、最長20年間非課税で運用できる

という特徴からも、数年以内で現金化する必要がある資金で投資するのは向いていません

長い非課税期間を活かして、コツコツと投資を続けるための制度です。

余剰資金で投資するべきだということは、改めてご認識いただければと思います。

20年という長い期間で考えると、調子の良い時もあれば当然ながら悪い時もあります。

目先の株価がどのように動こうと、あくまでも

「20年後が目標である」

ということを考える必要があります。

確かに初心者ほど、目先の株価の動きが気になります。

せっかく投じた資金がマイナスになっているのを、落ち着いて見ていられない方もいるでしょう。

ですがそこが正念場、発想の転換が必要です。

暴落相場では同じ資金でもたくさんの口数を買うことができます

価格が動かない時よりもたくさん「仕込む」ことができるので、暴落時は逆にチャンスなのです。

いつもより多くの口数を仕込むことができることによって、値上がりした時の利益が大きくなるということを忘れないようにしましょう。

長期投資

上昇時の売却もまた然り

下落の次に訪れる正念場が、上昇時の利確誘惑です。

長らくの資産下落に耐え、利益が出てきた時が新たな耐え時です。

  • やっと含み益が出たので利益確定したい・・・
  • また下がるかもしれないから、利益のあるうちに売却したい・・・
  • もうあんな思いはしたくない・・・

そんな思いから、一刻も早く現金化したいと考える方もいるのではないでしょうか。

ここでもつみたてNISAは「長期投資」であることを改めて思い出す必要があります。

「何のためにつみたてNISAを始めたのか」

10年先、20年先、もしくはそれ以上先の資産準備として始めたのではないでしょうか。

少しの利益でやめてしまうのは、もったいないといわざるを得ません。

特に人気の米国株式や全世界株式に投資しているならなおさらです。

過去のチャートを見ても、一貫して成長してきているのが米国株式、全世界株式の世界です。

目先の動きに一喜一憂することなく、将来を見据えて投資を継続する。

これが大きなリターンを得るための考え方になります。

不安定な相場だからこそ今やめるべきではない!

投資で利益を得るためには「安い時に仕込んで高い時に売る」ことが必要だということは、多くの方が同意いただけると思います。

ですが残念なことにいつが「安い時」なのか、いつが「高い時」なのかは後になってみないとわかりません。

  • あの時が底値だった
  • あの時に買えていたら大きな利益が出ていた
  • あの上昇相場に乗れていたら良かった

ということは後になってわかるのです。

では、どうすれば底値を買うことができるのでしょうか。

それは「ずっと相場に居続ける」ことによって買うことができます。

上昇相場に乗る時も同じです。

底値と同じく、上昇相場が始まるタイミングをピンポイントで当てる事はできません

ずっと相場に居続けることによって、強い上昇相場にも乗ることができます。

相場が不安定な時に底値や強い上昇相場が訪れます。

これまでと同じようにつみたてNISAを続けることによって、タイミングを逃すことなく底値を買うことができます。

また、うまく上昇相場にも乗ることができるのです。

上昇相場にのる

とにかく相場に居れば良い

目先の動きに一喜一憂することなく、長期的視点で投資を続けること

これができて初めて大きなリターンを得ることができます。

底値や強い上昇を当てにいく必要はありません。

ただ

「相場に居れば良いだけ」

です。

「不安定な相場」だということを理由につみたてNISAをやめるべきではありません。

やめる時は当初に掲げた目標を達成した時のみです。

多くの方が悩みながら始めたつみたてNISAだからこそ、本当の利益を得るまではやめてほしくないと強く願っております。(執筆者:FP技能士2級、証券外務員1種 冨岡 光)