基本料金が無料で利用できることで人気の「povo」。

しかし、全てのスマートフォンがpovoで利用できるわけではないので、

「povoの対応機種はなに?」

「おすすめの対応端末はなに?」

このような悩みがある方も多いのではないでしょうか。

最初に結論をお伝えすると、iPhoneであればiPhone 6以降のモデルは全て対応しています。

また、AndroidもOPPO・Galaxy・AQUOSなどのほとんどの機種で利用できるので、手持ちの機種が利用できる方は契約してみてください。

povo乗り換え対応機種一覧

本記事では、次の内容を解説します。

本記事の解説内容
  • povoに対応している機種一覧
  • povoに対応しているおすすめの機種
  • povoの対応機種に関する注意点
  • povoへの乗り換え手順
  • povoへの乗り換えで利用できるキャンペーン

povoの対応機種だけでなく、おすすめの機種や対応機種に関する注意点なども解説するので、povoの契約を検討している方などは、ぜひ参考にしてみてください。

povoに対応している機種一覧

ここでは、povoに対応している機種をiPhoneとAndroidに分けてお伝えします

povoの契約を検討している方の中で、手持ちの端末がpovoで利用できるのか気になる方などは、是非参考にしてください。

iPhone

povoに対応しているiPhoneの機種をお伝えすると、次のとおりです。

・ iPhone SE(第3世代)

・ iPhone SE(第2世代)

・ iPhone SE(第1世代)

・ iPhone 13シリーズ

・ iPhone 12シリーズ

・ iPhone 11シリーズ

・ iPhone XR

・ iPhone XS

・ iPhone XS Max

・ iPhone X

・ iPhone 8

・ iPhone 8 Plus

・ iPhone Plus

・ iPhone 7

・ iPhone 7 Plus

・ iPhone 6s

・ iPhone 6s Plus

上記の通り、最新機種であるiPhone13やiPhone SE(第3世代)にも対応しています。

iPhone6s以前のモデルは対応していないので注意してください。

iPad

povoはiPadでも利用できます。

対応しているモデルは次のとおりです。

iPad Air(第5世代)

iPad(第9世代)

iPad mini(第6世代)

・ 11インチ iPad Pro(第3世代)

・ 12.9インチ iPad Pro(第5世代)

・ iPad Air(第4世代)

・ iPad(第8世代)

・ 11インチ iPad Pro(第2世代)

・ 12.9インチ iPad Pro(第4世代)

・ iPad(第7世代)

・ iPad Air(第3世代)

・ iPad mini(第5世代)

・ 11インチ iPad Pro(第1世代)

・ 12.9インチ iPad Pro(第3世代)

・ iPad(第6世代)

・ 10.5インチ iPad Pro

・ 12.9インチ iPad Pro(第2世代)

・ iPad(第5世代)

・ 9.7インチ iPad Pro

・ 12.9インチiPad Pro(第1世代)

・ iPad mini(第4世代)

かなり多くのモデルに対応していますよね。

ただ、Wi-Fiモデルでは利用できないので、注意してください。

Android

Androidの対応機種をお伝えすると、次のとおりです。

OPPO OPPO Find X3 Pro OPG03

OPPO A54 5G OPG02

OPPO Find X2 Pro OPG01

Samsung Galaxy A53 5G SCG15

Galaxy S22 Ultra SCG14

Galaxy S22 SCG13

Galaxy Z Flip3 5G SCG12

Galaxy Z Fold3 5G SCG11

Galaxy A21 シンプル SCV49*6

Galaxy S21+ 5G SCG10

Galaxy S21 5G SCG09

Galaxy A32 5G SCG08

Galaxy A51 5G SCG07

Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06

Galaxy Z Fold2 5G SCG05

Galaxy Z Flip 5G SCG04

Galaxy S20 Ultra 5G SCG03

Galaxy S20+ 5G SCG02

Galaxy S20 5G SCG01

Galaxy A41 SCV48

Galaxy Z Flip SCV47

Galaxy A20 SCV46

Galaxy Note10+ SCV45

Galaxy Fold SCV44

Galaxy A30 SCV43

Galaxy S10+ SCV42

Galaxy S10 SCV41

Galaxy Note9 SCV40

Galaxy S9+ SCV39

Galaxy S9 SCV38

Galaxy Note8 SCV37

Galaxy S8 SCV36*7

Galaxy S8+ SCV35*7

Galaxy S7 edge SCV33*7

Galaxy A8 SCV32*7

Galaxy S6 edge SCV31*7

SHARP AQUOS sense6s SHG07

AQUOS wish SHG06

AQUOS sense6 SHG05

AQUOS zero6 SHG04

AQUOS sense5G SHG03

AQUOS zero5G basic DX SHG02

AQUOS R5G SHG01

AQUOS sense3 basic SHV48

AQUOS zero2 SHV47

AQUOS sense3 plus サウンド SHV46

AQUOS sense3 SHV45

AQUOS R3 SHV44

AQUOS sense2 かんたん

AQUOS sense2 SHV43

AQUOS R2 SHV42

AQUOS R compact SHV41

AQUOS sense SHV40

AQUOS R SHV39*7

AQUOS SERIE mini SHV38*7

AQUOS U SHV37*7

BASIO2*7

AQUOS U SHV35*7

AQUOS SERIE SHV34*7

AQUOS SERIE mini SHV33*7

AQUOS SERIE SHV32*7

上記はほんの一部で、他にも対応している機種はたくさんあります。

上記以外の機種がpovoに対応しているのか確認したい方は、povo公式サイトから確認してみてください。

おすすめの機種

povoに対応しているおすすめの機種

povoに対応している端末はわかりましたが、対応している端末が多すぎて、どの端末を選べば良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、ここで紹介するおすすめの機種を参考に、購入する端末を決めてみてください。

おすすめの機種は次のとおりです。

・ AQUOS sense6s

・ OPPO A54 5G

・ Xperia 10 III SOG04

・ AQUOS zero6 SHG04

・ iPhone 13

1つずつ価格や特徴などをお伝えするので、自分に最適な機種があるか確認してみましょう。

AQUOS sense6s

価格 40,470円
サイズ 約70×152×7.9mm
バッテリー駆動時間 約940時間(連続待受時間)

※税込表記です

AQUOS sense6sは、省エネ設計で製造されているので、バッテリーがかなり長持ちします。

10億色の色彩階調に対応しているディスプレイを採用していることもあり、かなり画面がきれいです。

光を多く取り込んだり、ブレを修正できたりする高性能なカメラ機能を搭載している点も特徴です。

OPPO A54 5G

価格 22,000円
サイズ 75×163×8.4mm
バッテリー駆動時間 約660時間(連続待受時間)

※税込表記です

OPPO A54 5Gは、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているスマホです。

1日使っても安心ですし急速充電にも対応しているので、万が一充電を忘れてしまってもすぐに充電できます。

カメラには、最大4,800万画素の高画質な写真が撮れる、高性能なカメラが搭載されています。

1億800万画素の超高解像度で写真が撮れるモードも搭載されているので、カメラの画質にこだわる方も満足です。

Xperia 10 III SOG04

価格 53,985円
サイズ W68×H154×D8.3mm
バッテリー駆動時間 約770時間(連続待受時間)

※税込表記です

Xperia 10 III SOG04は、4,500mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

また、バッテリーは3年間使える長寿命設計なので、バッテリーが劣化しにくいスマホを長く使いたい方におすすめです。

ディスプレイには、HDR対応の有機ELディスプレイを搭載しているので、きれいな映像を楽しめます。

カメラはトリプルカメラを搭載しており、超広角・広角・望遠の3つのモードが楽しめます。

暗い場所や夜景の撮影、逆光での撮影でもきれいな写真が撮れるのは、うれしいポイントです。

AQUOS zero6 SHG04

価格 71,585円
サイズ W73×H158×D7.9mm
バッテリー駆動時間 約680時間

※税込表記です

AQUOS zero6は、約146gと世界最軽量のスマホです。

重いスマホを使っていると手や腕に負担がかかると感じている方にぴったりです。

ディスプレイは10億色の色に対応しているため、鮮やかな映像が楽しめます。

テレビを生産しているAQUOSならではの技術を応用し、映像で色の鮮やかさや美しさを表現。

カメラはトリプルカメラを採用しており、オートフォーカスや望遠、口角まで対応しています。

AQUOS zero6はカメラが識別できる明るさの範囲が広いので、さまざまなシーンの撮影に対応可能です。

iPhone 13

価格 98,800円
サイズ 約71.5×146.7×7.65mm
バッテリー駆動時間 動画再生:最大19時間

オーディオ再生:最大75時間

※税込表記です

iPhone13は、iPhoneシリーズの最新モデルです。

最大で19時間も動画を撮影できる大容量のバッテリーを搭載しているので、バッテリー切れに悩まされる心配はありません。

また、カメラの性能もかなり改善されています。

広角レンズやデュアルレンズであることに変わりはありません。

しかし、広角カメラのセンサーサイズが大きくなったお陰で、多くの光を取り入れられ、従来のモデルよりも明るい撮影が可能です。

povoの対応機種に関する注意点

povo注意点

povoの対応機種を購入する際は、いくつか注意点があります。

注意点を理解せずに購入してしまうと、povoで利用できない端末を購入しかねないので、確認しておきましょう。

povoの対応機種を購入する際の注意点は、次の3つです。

povoの対応機種を購入する際の注意点

・povoは端末を販売していない

・動作確認されていない端末がある

・au以外で購入した端末はSIMロックを解除する必要がある

1つずつ解説します。

注意点1:povoは端末を販売していない

povoは端末を販売していないので、自分で対応機種を購入する必要があります

手持ちの対応機種で契約する方は、購入する必要がありません

povo対応端末は、次のような場所で購入できます。

・ au店舗

・ auオンラインストア

・ Appleストア

・ 家電量販店

・ メルカリ

・ 中古販売店

おすすめは、auの店舗やauオンラインストアです。

この2つで端末を購入すると、povoで分割払いを継続できるので、一括で購入する必要がありません。

SIMロックを解除する必要もないので、すぐに使い始められます。

注意点2:動作確認されていない端末がある

povoの対応機種はかなり幅広いですが、対応機種として表記されていない端末は動作確認されていないということなので、注意してください。

しかし、対応機種に記載されていない端末が全て利用できないわけではありません。

auのバンドに対応している機種であれば、対応機種以外も利用できます。

auの対応バンドは、次のとおりです。

対応バンド
4G ・1

・3

・11

・18

・26

・28

・41

・42

5G ・n77

・n78

・n257

上記のバンドに対応している機種であれば、povoの対応機種に記載されていない端末でも利用できる可能性があります。

ただ、動作確認されていないということは、何か不具合が起こる可能性もあるので、注意してください。

povo2.0の対応端末に関しては、こちらの記事で解説しているので、是非参考にしてください。

関連記事:povoの申し込み方法を3つの場面別に解説! 注意点や申し込み状況の確認方法まで

注意点3:au以外で購入した端末はSIMロックを解除する必要がある

auの店舗やオンラインストア以外で端末を購入した場合は、SIMロックを解除する必要があるので注意してください。

povoはauのサブブランドなので、auで購入した端末であればSIMロックを解除しなくても利用できます。

しかし、au以外のキャリアで購入した端末をpovoで利用する場合は、SIMロックを解除しないと他のキャリアで利用できない仕組みになっているので、SIMロック解除が必要なのです。

SIMロック解除は、キャリアの店舗や会員ページから解約できるので、povoを契約する前に必ずSIMロックを済ませるようにしましょう。

povoへの乗り換え手順

ここでは、povoへの乗り換え手順を解説します。

auからの乗り換えとau以外の他社からの乗り換えに分けて解説するので、自分に当てはまる手順で乗り換えてみてください。

auからpovoへ乗り換える場合

auからpovoへ乗り換える場合は、プラン変更という形で契約することになります。

手順は、次のとおりです。

(1) povoの公式サイトへ移動

(2) 「povo2.0のお申し込み」をタップ

(3) 「auからpovo2.0へお乗り換え」をタップしプラン変更を行う

以上で完了です。

プラン変更する際は、クレジットカード情報やau IDを入力する必要があるので、事前に準備しておきましょう。

au以外の他社からpovoへ乗り換える場合

au以外の他社からpovoへ乗り換える場合の手順は、次のとおりです。

(1) MNP予約番号を取得する

(2) povoの公式サイトから申し込む

(3) SIMロックを解除する

(4)  開通手続きを行う

まずは、現在契約しているキャリアの店舗に行ったりサポートセンターに連絡したりしてMNP予約番号を取得しましょう。

その後は、MNP予約番号をもとに、povoの公式サイトから申し込みを行います。

au以外の店舗などで購入した端末を利用する場合は、SIMロックを解除しましょう。

SIMロック解除は、店頭や電話などで行えます。

最後に開通手続きをして、乗り換え完了です。

au ICカードを利用する場合は、手元に届いたカードを端末に挿入するだけですが、eSIMの場合は、Webや電話で回線を切り替える必要があります。

eSIMの開通手続きの手順は、povoの公式サイトに詳しく記載されているので、確認しながら進めてみてください。

povoへの乗り換えで利用できるキャンペーン

2022年6月現在で、povoは「ギガおとな買いキャンペーン」というキャンペーンを実施しています。

キャンペーン内容は、次のとおりです。

実施期間 2022年5月20日〜6月30日
特典内容 特典対象のデータトッピングを購入でプロモコードがもらえる。
適用条件 利用可能期間内のデータ追加3GB・20GB・60GB・150GBを利用している方が、利用可能期間が終了した翌日中に対象のデータトッピングを購入した場合。

特典対象のデータトッピングは60GBと150GBで、60GBを購入すると10GB、150GBを購入すると30GBが無料でもらえるというキャンペーンです。

「150GBは多すぎる」と思う方も、povoを長く使うのであれば何度も買い足す手間が省けるのでおすすめできます。

その上無料で30GBもらえるので、かなりお得です。

これからpovoを契約する方は、利用を検討してみてください。

povoを契約する方は参考に

今回は、povoの対応機種について解説してきました。

iPhoneやAndroidはもちろん、ipadにも対応しているので、手持ちの端末で利用できるのか不安な方や、対応端末を購入しようと思っている方は、参考にしてください。(執筆者:吉野 光祐)