筆者は身長が低く、冷蔵庫の一番上段に置かれたものがうまく見えないことがあります。

そのため冷蔵庫の上段にはいつも賞味期限の長い瓶詰めや飲み物などを置いています。

ところが今度はそうすると、一度置いたものをなかなか使わなくなってしまうのです。

冷蔵庫の大掃除をしてみると、賞味期限が近くなっている飲み物や、賞味期限が切れている瓶詰めを発見して驚くこともしばしば。

とはいえ、能動的かつマメに届きにくい冷蔵庫の上段をチェックするのは面倒くさい。

もっと簡単に冷蔵庫の中身をチェックできる方法はないものか、と常々考えていました。

冷蔵庫向け回転テーブル

これを解決してくれるベストアイテムをキャンドゥで発見。詳細を調査してみました。

キャンドゥの回転テーブル

回転テーブル

冷蔵庫の奥のものが取りやすい 回転テーブル(税込440円)

冷蔵庫の奥のものが取りやすい

直径約25.5cm、高さ103.5cm。材質は、ポリプロピレンと熱可塑性エラストマーです。

ものを置くところは熱可塑性エラストマーになっており滑りにくくなっています

ポツポツとした滑り止めの加工もされています。

裏面にも滑り止め付き。360度回るので、省スペースにつながります

水洗いもOK。

冷蔵庫という衛生的に気になるところで使うので、水洗いができるのはうれしいポイントです。

水洗いができるのは嬉しいポイント 裏面、横面

裏面、横面はこのようになっています。

使ってみた

調味料などをのせてみました。

思っていた以上に面が広く、かなりのものをのせることができます。

かなりのものをのせることができます

「重すぎるものをのせたり、ものをのせすぎたりしないでください。破損やケガの原因となります」

と、記載されています。

耐荷重などは特に記載がありませんでした。

パッケージの写真などを見ると、もともと瓶詰めの調味料や缶飲料などを入れることを想定して作られているように思いましたので、多少の重いものをのせても問題のないようにできていると感じました。

500ml入りのペットボトルを7本のせても引っかかるような感触もなく、軽々回りました。

強いて気になる点をあげるならココ!

実際に使っている様子

実際に使っている様子がこちら。

一般的に冷蔵庫の棚板は透明になっていることが多いと思うのですが、こちらを置くと、ライトなどが透過しにくくなります。

また立ち上がり部分の材質が不透明ですので、あまり背の低い瓶などはラベルなどが少し見えにくくなることも。

とはいえ、圧倒的な便利さ。使ってみて損はありません。

活躍の場は冷蔵庫だけじゃない!

こちらの製品、活躍の場は冷蔵庫の中だけではありません

卓上で調味料などをのせるもよし、洗面台の下やシンク下で、洗剤や食品などのストックを収納するのに使うのも良いですね。

奥のものを取るのに手間取ると感じる場面で、便利に使うことができます。

たくさんストックを買ったものの、いつも使うのは手前の方だけ…なんていうことも、実は筆者には珍しくありません。

ストックをうまく回転させられると無駄な買い物が減り節約に活かせます。

さらに食品などのロスが減ることは環境にも良いですので、上手に活用したいです。

コスパ

冷蔵庫を有効活用できるキャンドゥの回転テーブルですが、価格はどうでしょうか。

筆者がネットの大手ショッピングサイトで調査したところ、調査日の最低価格は税込み770円

価格面ではキャンドゥに軍配が上がりました。

ネットで税込み1000円前後の価格で販売されている一般品と、サイズや機能などはさほど違いがないようでした。

価格が安いだけでなく、ネットで配送料や時間がかかることを考えると、「今片付けたい!」という気分の時にさっとお店で購入できるのはとてもありがたいですね。

使いやすさ抜群

キャンドゥの回転テーブルは、シンプルながら使いやすさ抜群。

冷蔵庫の奥の貯蔵物を取りやすくしてくれます。

冷蔵庫だけでなく、他の場面にも工夫次第で便利に使えるアイデア商品です。

おまけにコスパ◎。

さらには冷蔵庫の中身やストックを使いやすくすることで、無駄を減らして節約にも一役買ってくれそうです。

情報は調査時のものであり、内容やデザインなどが変更となっている場合があります。

なお店舗により取扱の内容は異なりますので、お求めの際には事前にご確認ください。また取扱説明をよくご確認いただき、注意してご使用いただけますようお願い申し上げます。(執筆者:新木 みのる)