今年の株式市場でどうやって儲けを出せばいいか悩む人も多いです。

去年までは株価が下げてもアメリカ株の上昇や日銀のETF買いなどの相場環境の良さで株価が戻ることが多かったですが、今年は下げっぱなしでリバウンドが期待できない相場と言えます。

もちろん上がっている株はあるので皆が儲からないとは言いませんが、筆者を含め多くの投資家のパフォーマンスはマイナスでしょう。

今年のような下げ相場ではどうしても損を取り返そうとしてさらに損失を増やしてしまう、といった悪循環に陥りやすいです。

そこで本記事では、筆者が株式ディーラーとして10年生き抜くために気を付けていた、下げ相場でやってはいけないことを紹介します。

下げ相場で投資資金を失うと、次の上げ相場が来たときに資金不足でまったく乗れない最悪の事態がありえます。損失を減らし生き延びましょう。

下げ相場で やってはいけない 3つの行動

NG行動1:ポジション金額を増やす

 

「取引で損失が出たから、株数を倍にしてポジションを増やして損失を取り返そう」

いわゆる「倍プッシュ」というやつです。

倍プッシュをしてたまたま儲かる時はありますが、倍プッシュが失敗すると、当初1万円の損失で済んでいたところが2万、3万と拡大する可能性が高くなります。

しかも倍プッシュは中毒性があるので、資金管理に自信がある投資家以外は止めた方がいいでしょう。

他にポジションを増やしてしまう要因として、ツイッターなど他人の利益報告を見てしまい、自分も儲けなきゃと焦って株数を増やすことがあります。

確かに下げ相場では値動きが激しくなるため儲けのチャンスは増えるでしょう。

値動きが大きくなるなら株数は減らしても、損益額は通常時とあまり変わらないため安全運転がおすすめです。

相場の爆益報告に惑わされることなく、自分のルールを守ってトレードをしましょう。

NG行動2:安易に「売り」から入る

「相場が下がっているなら「売り」から入れば儲かるんじゃないか」

確かに下げ相場なら売りから入る方が儲かりやすいでしょう。ただし、ある程度経験のある投資家なら、という条件が付きます。

・ 普段から売りポジションを持ったことはありますか?

・ 空売りをすると逆日歩など買いとは違う経費がかかることがあり、売り禁など急に規制が入ることなど空売りに対する知識はありますか?

もし答えがNOであるならばまずは空売りについての知識を付け、儲けることは考えず少額で売りの練習をしてみましょう。

売りポジションを持った時に最も怖いのは相場のリバウンドです。日経平均で3%、個別株なら10%程度上昇してもおかしくないため、含み益が一瞬で大きな含み損になることもよくあることは覚えておいてください。

普段やらないことは下げ相場でもやらない方がいいです。

NG行動3:損切注文の価格を下げる

「買い注文を入れる前に損切価格を決め、いざ買えたらその日のうちに損切水準まで下がってしまったので損切価格を下げた」

せっかく買ったのだからもう少し保有していたい、という気持ちすごく分かります。

なぜなら筆者はディーラー時代、損切価格を何度も下げたせいで会社から、あと少し損失を膨らませたら強制売買停止を警告される寸前まで損失を膨らませた経験があるからです。

筆者の経験上、損切価格で損切することさえ守れれば、例え暴落を食らったとしても後で振り返ってみたら大きな損切を出していないことが多かったです。

大損した時はだいたい株数を増やす(ナンピン)か、損切価格を守らなかった場合の2パターンによるものでした。

もしリーマンショックのような朝から10%も下げる寄付きになったとしても、損切ラインに引っかかってしまったら成行で売りましょう。

その場合想定より安い値段で決済されることがありますが、これは仕方のないことと割り切って下さい。

損失を20%、30%とどんどん膨らませるよりかは数倍マシですし、何より投資資金を守ることができます。

下げ相場は生き残ることが最優先

下げ相場は思っている以上に下げることが多いです。

相場から退場する人も出てくるでしょう。

しかし、投資資金を減らしても残ってさえいれば次の相場にチャレンジすることができます。

ぜひ他人の儲けに惑わされることなく、耐えしのいで次の相場で儲けるための勉強期間だと思いましょう。(執筆者:株式ディーラー歴10年 勝越 晴)