主婦の1人ランチ、楽なのがワンプレートです。

今や、進化している冷凍食品です。

温めるだけで1食になり、しかも野菜たっぷりでヘルシーな商品も登場。

テレワークの家族がいる時は、お皿に盛りつければカフェ風ワンプレートごはんにもなって、かつ手抜きもかなうので重宝しています。

温めるだけのワンプレート冷食

物価高の現在、計算すると節約金額は1,740円

そして、もしかしたら自分でご飯を作るよりも節約できているのではと感じました。

筆者のある日の「冷凍食品」ランチ

「冷凍食品」ランチ≪執筆者撮影≫

筆者のある日のランチは冷凍食品。

温めてお皿に盛りつけただけです。

よくばり御膳 五目ご飯と鶏の野菜の黒酢あん

≪執筆者撮影≫

ニップンの「よくばり御膳 五目ご飯と鶏の野菜の黒酢あん」を使いました。

スーパーマーケットで税込355円の商品です。

以前から、このニップンのよくばり御膳シリーズが好きで食べている筆者、「五目ご飯と鶏の野菜の黒酢あん」は「食材13品目」を使い、「5種の野菜がたっぷり100g」入っていて421kcal。

見た目も鮮やかでヘルシーです。

冷凍庫で12か月の保存もできる

≪執筆者撮影≫

調理は電子レンジで加熱するだけ。

写真に見える茶色のプレートつきなので、温めた後は、そのまま食べることもできます。

また、冷凍庫で12か月の保存もできます。

ニップンから「魅惑のプレート」が発売

魅惑のプレート新発売≪執筆者撮影≫

そんなニップンから「魅惑のプレート」シリーズが登場しています。

「魅惑のプレート トルコライス」は、価格税込355円(筆者調べ)。

パッケージの「ドーン!!」が目を引きます。

「トルコライス」とは、長崎名物のご当地グルメで、ピラフ、パスタ、とんかつをワンプレートにした商品です。

「トルコライス」とは、長崎名物のご当地グルメ

≪執筆者撮影≫

「魅惑のプレート」も、よくばり御膳シリーズと同じく温めるだけ。

ランチョンマットを敷いて、フォークを添えれば立派な1食です。

立派な1食

≪執筆者撮影≫

自分1人の時は、プレートそのままで、テレワークの家族がいる時にはお皿に盛りつければカフェ風に。

そして、1食300円台での食事ができることが驚きです。

物価高で食費も高いからこそ、1人ランチでは節約したいもの。

「魅惑のプレート トルコライス」はボリューム満点で、温めるだけで3品が一気に完成。

もしかすると、物価高の現在、材料をすべて揃えて、手間をかけて料理を作るよりも、約350円の「魅惑のプレート トルコライス」を温めた方が安くなるかもしれません。

1か月での節約効果は?

「魅惑のプレート」や「よくばり御膳」の冷凍食品を使った時の節約効果です。

筆者はランチを500円予算にしています。

どちらもスーパーで355円だったため、1食あたり、差額の145円の節約ができるとします。

1か月に10食利用したとして → 1,450円の節約

1か月に15食利用したとして → 2,175円の節約

実際、約1か月で12食利用したため、1,740円の節約ができました

冷凍食品を節約に取り入れるメリット

冷凍食品を節約に取り入れることのメリットもあります。

・ 仕事などが忙しい時でも節約できる

・ 野菜多めの冷凍食品も増えているため、健康に気遣う人も挑戦できる

・ 体調が悪い時にも作れる

・ テイクアウトランチよりも安い可能性がある

・ 物価高の現在、材料を揃えて料理するよりも節約になるかもしれない

・ 1人暮らしの人の夕食で利用することで、コンビニごはんより節約できることも

冷凍庫に常備しておき、料理を作るのが面倒な時だけ温めて使うにしても、外食するよりも安いなら節約につながりそうです。

また、1人暮らしの人が残業後に帰宅した時、料理を作るのが手間と感じることがあります。

そんな時の夕食でも利用できそうでした。

ニップンの進化している冷凍商品6選

ニップンの冷凍食品のラインナップも豊富です。

いくつかを冷凍庫にストックしておくと「何を食べようか」楽しみにもつながります。

1. 魅惑のプレートシリーズ トルコライス

魅惑のプレートシリーズ トルコライス

≪画像元:ニップン

「魅惑のプレートシリーズ トルコライス」は、ナポリタン、とんかつ、カレーピラフが1皿に乗った商品。かなりのボリュームがあり、男性も満足する420gサイズです。カロリーは669kcal。

2. 魅惑のプレートシリーズ スタミナ肉コンボ

魅惑のプレートシリーズ スタミナ肉コンボ

≪画像元:ニップン

「魅惑のプレートシリーズ スタミナ肉コンボ」は、フライドチキン、豚カルビピラフ、牛挽肉ミートソースパスタがワンプレートになった商品です。699kcalです。

3. 魅惑のプレートシリーズ 四川三昧

魅惑のプレートシリーズ 四川三昧

≪画像元:ニップン

辛い物が好きな人は挑戦してほしい「魅惑のプレートシリーズ 四川三昧」。

麻婆豆腐丼、汁なし担々麺、中華風から揚げが乗ったワンプレート。

「旨辛」、「甘辛」、「シビ辛」の3つの辛さが1度に楽しめる商品です。624kcalです。

4. よくばり御膳 五目ご飯と鶏と野菜の黒酢あん

よくばり御膳 五目ご飯と鶏と野菜の黒酢あん

≪画像元:ニップン

「よくばり御膳 五目ご飯と鶏と野菜の黒酢あん」は、食材を13品目使用しています。

421kcalのヘルシーさも魅力。

小盛ご飯に、野菜たっぷりの鶏と野菜の黒酢あんのおかずが入っています。

筆者は、黒酢あんのおかずの味付けもおいしいと感じました。

テレワークの家族がいる時、男性は「魅惑のプレートシリーズ」でがっつり、女性は「よくばり御膳シリーズ」でヘルシー食といった分け方もできます。

5. よくばり御膳 鶏めしとチキン南蛮

よくばり御膳 鶏めしとチキン南蛮

≪画像元:ニップン

「よくばり御膳 鶏めしとチキン南蛮」は、家で作るのが大変なタルタルソースがかかったチキン南蛮と味ご飯のセット。

カロリーは531kcal。食材10品目が1プレートで食べられます

6. くばり御膳 しそひじきご飯とチキンカツみぞれ煮風

よくばり御膳 しそひじきご飯とチキンカツみぞれ煮風

≪画像元:ニップン

「よくばり御膳 しそひじきご飯とチキンカツみぞれ煮風」は452kcalです。

10品目が1度に食べられます。

チキンカツは、みぞれ煮風なのでしっとりした食感です。

ニップンの冷凍食品で手抜きと節約が一度にかなう

冷凍食品は物足りない、野菜が足りないのイメージを払拭してくれるニップンの「魅惑のプレート」と「よくばりシリーズ」。

電子レンジで温めるだけなので、本当に手軽です。

お皿に盛りつければカフェ飯のようになりおしゃれ。

筆者も愛用していますが、1人ランチ、家族のテレワーク時に料理を作りたくない時にレンチンだけで出せるメニューは助かっています。

しかも、1食約350円。お弁当よりも安い金額かもしれません

味もおいしいのでリピート購入しています。(執筆者:節約への情熱は誰にも負けない谷口 久美子)