2021年4月に価格改定を行ったモスバーガーですが、今年7月再び値上げすることが報じられました。

今回は、値上げを実施する対象メニューと改定後の価格を紹介します。

※記事内の表記価格はすべて税込です。

7/13~モスバーガーで再び「価格改定」を実施

モスバーガーでは、昨年4月1日に一部メニューの価格を引き上げました。

しかし今年も、原材料をはじめとするコスト増の影響で、7月13日(水)より商品価格を一部改定します。

開始日時:2022年7月13日(水)

対象店舗:全国のモスバーガー

今回の価格改定で、商品の値段がどれほど上がるのか気になるところです。

さっそく、対象メニューと値上げ額を見ていきましょう。

対象メニュー・価格

【ハンバーガー】

・ モスバーガー:390円 → 410円(+20円)

・ テリヤキバーガー:380円 → 400円(+20円)

・ ハンバーガー:220円 → 240円(+20円)

・ ロースカツバーガー:400円 → 440円(+40円)

・ ホットドッグ:340円 → 370円(+30円)

・ モスライスバーガー 海鮮かきあげ(塩だれ):370円 → 400円(+30円)

・ とびきり 和風ソース:440円 → 460円(+20円)

【サイドメニュー】

・ フレンチフライポテトS:230円 → 250円(+20円)

・ モスチキン:270円 → 280円(+10円)

【ドリンク】

・ ブレンドコーヒー:250円 → 270円(+20円)

・ アイスコーヒーS:230円 → 240円(+10円)

【その他】

・ パティを「ソイパティ」に変更:新価格+20円

※ソイパティシリーズが対象

・ バンズを「レタス」に変更:新価格+20円

※モスの菜摘シリーズが対象

7月13日(水)以降は、メインだけでも7品、サイドメニューは2品値上げとなります。

看板メニューの「モスバーガー」も、20円の価格引き上げにより、ついに400円を超えてしまいました

コスト増による価格改定は仕方がありませんが、利用する側としては苦しい値上げであることに違いありません。

できるだけお得を取り戻す

得した気分になれる「無料サービス」もある

値上げ分をカバーできるわけではありませんが、モスバーガーを少しでもお得に利用したい方は「無料サービス」をオーダーするのもアリです。

モスバーガーでは、次のサービスをすべて無料で実施しています。

・ バーガーのソース増量

・ マヨネーズの提供

・ ケチャップの提供

・ 水の提供

・ 塩の提供

・ バーガーのハーフカット

・ ポテトの塩加減を調整

無料サービスと合わせて、「モスバーガー公式アプリ」や「スマートニュース」「Yahoo!アプリ」などで配信しているクーポンも利用しましょう。

モスバーガーはdポイントに対応しているので、貯めたポイントをお会計にあてて出費を浮かすのもおすすめです。

価格改定後も、クーポンやキャンペーン、無料サービスを活用・工夫しながら、モスバーガーをお得に利用しましょう。(執筆者:三木 千奈)